TOP > 映画監督・俳優を探す > エミリオ・ギオネ

年代別 映画作品( 年 ~ 1926年 まで合計5映画作品)

1926年

ポンペイ最後の日(1926)

  • 1926年
  • 出演(Galenus 役)

リットン卿の有名な物語『ポンペイ最後の日』を映画化したもので、「権衡の女神」「チラノの接吻」に名を残したカルミネ・ガローネ氏と「前途洋々」「処女時代」によって記憶されるアムレート・パレルミ氏とが共同監督した特作品である。出演者は「トロイ情史」「サムソンとデリラ」のマリア・コルダ嬢、「勝利者」「霊魂の叫び」のヴィクター・ヴァルコニ氏、「ジーグフリード」「第五階級」のベルンハルト・ゲツケ氏、「伏兵」「紅恋の渦巻」のエミリオ・ギオネ氏、「クオヴァディス」のリナ・デ・リゲロ嬢でその他リヴィア・マリス嬢、ヴィットリオ・エヴァンジェリスチ氏助演。(無声)

監督
カルミネ・ガローネ アムレート・パレルミ
出演キャスト
マリア・コルダ ヴィクター・ヴァルコニ ベルンハルト・ゲツケ リナ・デ・リゲロ
1923年

愛国の騎士(1923)

  • 1923年
  • 出演(Prince Santafe 役)

「チラノの接吻」「新ハムレット」「権衡の女神」等と同じくカルミネ・ガローネ氏が自作の台本により監督したもので主役は上記三映画出演のソアヴァ・ガローネ夫人が演じ、相手役は「鉄路の白薔薇」出演のガブリエル・ド・グラヴォンヌ氏と「紅恋の渦巻」「伏兵」「十字軍」等出演のエミリオ・ギオネ氏で、イタリア統一戦役に材を採ったロマンスである。無声。

監督
カルミネ・ガローネ
出演キャスト
ソアヴァ・ガローネ エミリオ・ギオネ ガブリエル・ド・グラヴォンヌ ジャンヌ・ブランドー

伏兵

  • 出演

エミリオ・ギオネ氏主演の戦時の挿話である。無声、染色。

監督
出演キャスト
エミリオ・ギオネ

ホワイト・フット

  • 監督、出演(Za La Mort 役)

例のザ・ラ・モオル譚の一つで、モオルと悪漢との簡単なるが如くにしてしかも複雑なる如き混然たる智恵較べをギオネ氏一流の明快さを以て縷々として語ったものである。無声。

監督
エミリオ・ギオネ
出演キャスト
エミリオ・ギオネ カリイ・サンブチニ

紅恋の渦巻

  • 監督、出演(Za la Mort 役)

エミリオ・ギオネ氏の監督した心理的映画。無声。

監督
エミリオ・ギオネ
出演キャスト
エミリオ・ギオネ カリイ・サンブチニ アルフォンソ・カッシニ C. Nicola
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エミリオ・ギオネ

ムービーウォーカー 上へ戻る