TOP > 人物を探す > イェニー・ハッセルキスト

年代別 映画作品( 年 ~ 1923年 まで合計5映画作品)

1923年

燃ゆる嫉妬

  • 1923年
  • 出演(Mary his wife 役)

この作品はヴィクトル・シェーストレム氏がスウェーデンで製作した最後のスヴェンスク映画なのである。原作は、ヤルマール・ベルイマン氏のオリジナル・ストーリー。イギリスから「ミスタア・ウウ」で名の高いマシスン・ラング氏を引っ張って来、これに花を持たせてスターとしたなど清廉なスヴェンスク会社も仲々商業主義の濁流には抵抗し難いものと見える。俳優はラング氏、シェーストレーム氏、イェニー・ハッセルキスト嬢。無声。

監督
ヴィクトル・シェーストレム
出演キャスト
マシスン・ラング イェニー・ハッセルキスト ヴィクトル・シェーストレム Josua Bergissen
1921年

愛の坩堝

  • 1921年
  • 出演(Ursula 役)

「生恋死恋」から「霊魂の不滅」に至る迄僅か数本の映画しか紹介されて居ないが、スウェディッシュ・バイオグラフ社の映画は、何れも芸術味豊かな優れたもののみであった。之も前数作品同様ヴィクトル・シェーストレム氏の監督に成ったもので、スウェーデン中世紀の悲劇である。原作はヤルマール・ベルイマン氏。ベリイマン氏とシェーストレム氏とで脚色をした。イェニー・ハッセルキスト嬢とエスタ・エクマン氏が主役で、その他イワン・ヘドヴィスト氏や、「霊魂の不滅」でゲラーに扮したトーレ・スヴェンボルグ氏も出演する。無声。

監督
ヴィクトル・シェーストレム
出演キャスト
イェニー・ハッセルキスト イワン・ヘドヴィスト トーレ・スヴェンボルグ エスタ・エクマン
1920年

寵姫ズムルン

  • 1920年
  • 出演(Sumurun 役)

『千一夜物語』の1エピソード『ズムルン』を映画化。アメリカでは“ワン・アラビアン・ナイト”の題名でファースト・ナショナル社から発売された。「デセプション」「ファラオの恋」等のエルンスト・ルビッチュの監督、ルビッチュのほか、パウル・ヴェゲナー、ポーラ・ネグリ、イェニー・ハッセルキスト、アウド・エゲデ・ニッセン、ハリー・リートケの出演。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ポーラ・ネグリ イェニー・ハッセルキスト アウド・エゲデ・ニッセン パウル・ヴェゲナー

  • 出演(The Princess 役)

「ノラ」を監督したベルトールド・フィルテル氏がヴェスティ社で自ら脚色し監督した夢幻劇で、クゼレピー映画等に出ていたオットー・ゲビュール氏が主演し、相手役は「燃ゆる嫉妬」「寵姫ズムルン」のイェニー・ハッセルキスト嬢で、「春の流れ」のオシップ・ルーニッチュ氏、「シラノ・ドウ・ベルジュラック」のアンジェロ・フェラーリ氏等が助演している。無声。

監督
ベルトールド・フィルテル
出演キャスト
オットー・ゲビュール イェニー・ハッセルキスト ヘンリー・スチュアート カール・プラーテン

豺狼

  • 出演(Luise von Wielkuhnen 役)

「燃ゆる嫉妬」「かつら」出演のイェニー・ハッセルキスト嬢が主演する映画で、エリッヒ・ワシュネック氏が監督したもの。助演者は「ヴォルガ」「アスファルト」のハンス・アダルベルト・シュレットウ氏、「ムーラン・ルージュ」「美はしの人生」のオルガ・チェホーワ夫人、フリッツ・アルベルティ氏、ヒューバート・フォン・マイヤーリンク氏、カミラ・スピラ嬢、アルバート・シュタインリュック氏、ヴィルヘルム・ディーゲルマン氏、ジークフリート・アルノ氏等である。(無声)

監督
エリッヒ・ワシュネック
出演キャスト
イェニー・ハッセルキスト ヒューバート・フォン・マイヤーリンク フリッツ・アルベルティ ハンス・アダルベルト・フォン・シュレットウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > イェニー・ハッセルキスト