TOP > 映画監督・俳優を探す > ハンス・マール

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1934年 まで合計4映画作品)

1934年

春の流れ

  • 1934年
  • 出演(Cruze 役)

「春の調べ」のグスタフ・マハティが原作脚色監督した作品で、出演者は新顔のマリア・レイ、リア・バイロン、子役はドナータ・レイ、「激情の嵐」のアントン・ポイントナー、「眠れよ我が児」のハンス・ステューヴェ、「ウィリアム・テル(1933)」のハンス・マール、ルネ・ゲルハルト等である。音楽はクルト・フェクルの担当である。

監督
グスタフ・マハティ
出演キャスト
マリア・レイ ハンス・ステューヴェ ドナータ・レイ リア・バイロン
1933年

ウィリアム・テル(1933)

  • 1933年
  • 出演(Wilhelm Tell 役)

かつてサイレント時代に作られた「ウィリアム・テル(1922)」を同じくハンス・マールがテルを、コンラート・ファイトがゲスラーを勤める映画で、ナツィ文学者のハンス・ヨーストがハインツ・パウルと協力して脚色し、パウルが監督に当たり、「アルプスの血煙」のゼップ・アルガイヤーが撮影した。助演者はエミー・ゾンナマン、オイゲン・クレッパー、マリー・デルシャフト、テオドル・ロース、カール・デ・フォークト当腕利き俳優を網羅している。

監督
ハインツ・パウル
出演キャスト
ハンス・マール コンラート・ファイト エミー・ゾンナマン オイゲン・クレッパー

君と暮せば

  • 1933年
  • 出演(The Priest 役)

「都会の哀愁」「春の驟雨」のパウル・フェヨスが監督した作品で、主役は「暁の翼」「春の驟雨」のアナベラと、「ヴェニスの船唄」「北京の嵐」のグスタフ・フレーリッヒが演じている。監督フエヨスが自らの原案を書卸したストーリーをアドルフ・ランツが脚色したもの。撮影はアドルフ・ヴァイトが、音楽はフェレンツ・ファルカスが、夫れ夫れ担当した。助演者は「春の流れ」「ウィリアム・テル(1933)」のハンス・マール、「真紅の恋(1933)」のパウル・オットー、「ハンガリア夜曲」「春のパレード」のアニー・ロザー、ワルター・ブラント、ヤロ・フユルト等の面々である。

監督
パウル・フェヨス
出演キャスト
アナベラ グスタフ・フレーリッヒ パウル・オットー ハンス・マール
1922年

ウィリアム・テル(1922)

  • 1922年
  • 出演(Wilhe'm Tell 役)

原作はフリードリッヒ・シルレルの戯曲『ウィルヘルム・テル』。ウィリー・ラス氏脚色。ハンス・マール氏、コンラート・ファイト氏、エルナ・モレナ嬢、クセニア・デスニ嬢が出演。ルドルフ・ドウォルスキー氏の監督。無声。

監督
ルドルフ・ドウォルスキー
出演キャスト
コンラート・ファイト ヘルマン・ヴァレンティン エルナ・モレナ ヨハネス・リーマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ハンス・マール

ムービーウォーカー 上へ戻る