TOP > 人物を探す > アンドレ・ハーベイ

年代別 映画作品( 年 ~ 1923年 まで合計4映画作品)

1923年

クオヴァディス(1923)

  • 1923年
  • 出演(Petronius 役)

ヘンリック・シェンキヴィッチの有名な『クオ・ヴァディス』は、1912年(エンリコ・ガッツォーニ監督)、1913年と既に2度映画化されている。今回の3度目の映画化では、ゲオルク・ヤコビー氏が脚色の任に当たり、「シップ」を監督したガブリエリノ・ダヌンツィオ氏が監督したものである。ネロには「最後の人」「ピーター大帝」等主演のエミール・ヤニングス氏が扮し、イギリスの名女優リリアン・ホール・デイヴィス嬢、映画に初出演の力士ブルート・カステラーニ氏、「メッサリナ」に出演したリナ・デ・リゲロ夫人及びエレナ・サングロ夫人、アルフォンス・フリーラント氏等が共演している。また、エキストラの数は5000人にのぼる。無声。

監督
ガブリエリノ・ダヌンツィオ アルトゥーロ・アンブロジオ
出演キャスト
エミール・ヤニングス リリアン・ホール・デイヴィス ブルート・カステラーニ アンドレ・ハーベイ
1919年
1917年

復活(1917)

  • 1917年
  • 出演

トルストイ翁原作の『復活』を忠実に脚色し、原作の精神を失わない限りイタリア映画独特の劇的興味を取入れて撮影完成した文芸映画である。脚色者はヘンリー・バチール氏、撮影監督はマリオ・カゼリニ氏、撮影技師はアントニオ・クフアロ氏であって、主役カチウシャにはマリア・ヤコビニ嬢、デミトリ・ネフリコドフ公爵にはアンドレ・ハーベイ氏が扮して居る。これより以前、同じ原作による露国ハンジャンコフ会社の同名作品が紹介された。無声、染色。

監督
マリオ・カゼリニ
出演キャスト
マリア・ヤコビニ アンドレ・ハーベイ

アルプス越えて

  • 出演(Richard Ewert 役)

「マチステの地獄征伐」と同じくバルトロメオ・パガーノ氏が主演しグイド・ブリニョーネ氏が監督した映画で、ジン・ビル氏の原作によったものである。ドリー・グレイ嬢、アンドレ・ハーベイ氏、エレナ・ルンダ嬢、ルイジ・セルヴェンティ氏、等イタリア映画界の古参者や腕利きの人々がそれを助演している。(無声)

監督
グイド・ブリニョーネ
出演キャスト
バルトロメオ・パガーノ ドリー・グレイ アンドレ・ハーベイ エレナ・ルンダ

アンドレ・ハーベイの関連人物

マリア・ヤコビニ  エレナ・サングロ  Mario Sairo  Ardo Morus  Augusto Paggioli 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アンドレ・ハーベイ

ムービーウォーカー 上へ戻る