映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・ジェンキンス

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2018年 まで合計38映画作品)

2018年

LBJ ケネディの意志を継いだ男

  • 2018年10月6日(土)公開
  • 出演

暗殺されたケネディの後を継ぎ、第36代アメリカ大統領に就任したジョンソンの知られざる一面にスポットを当てたドラマ。大統領予備選挙でケネディに敗れ、副大統領に就任したジョンソンだったが、その職務が国政の蚊帳の外に置かれていることに気付く……。主演は「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のウディ・ハレルソン。メガホンを取ったのは「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。

監督
ロブ・ライナー
出演キャスト
ウディ・ハレルソン マイケル・スタール=デヴィッド リチャード・ジェンキンス ジェフリー・ドノヴァン

シェイプ・オブ・ウォーター

  • 2018年3月1日(木)公開
  • 出演(ジャイルズ 役)

鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が、人間と不思議な生物の種族を超えた愛を描く、ファンタジーテイストのラブストーリー。60年代、冷戦下のアメリカを舞台に、マイノリティが虐げられていた当時の社会情勢を反映させた物語がつづられる。サリー・ホーキンスが過去のトラウマで声を出すことができないヒロインを演じる。

監督
ギレルモ・デル・トロ
出演キャスト
サリー・ホーキンス マイケル・シャノン リチャード・ジェンキンス ダグ・ジョーンズ
2013年

ランナウェイ 逃亡者

  • 2013年10月5日(土)公開
  • 出演(Jed Lewis 役)

「明日に向かって撃て!」など俳優として活躍する一方、「普通の人々」で第53回アカデミー賞監督賞を受賞、以降も「リバー・ランズ・スルー・イット」など名作を世に送り出すロバート・レッドフォードが、ニール・ゴードンのサスペンス小説を映画化。FBIの捜査の手をすり抜け30年近く行方をくらませていた過激派組織メンバーの姿を通し、社会の矛盾を描く。ベトナム戦争反対を掲げながらテロを起こしたウェザーマンという実在した過激派グループをモチーフにしている。共演は「トランスフォーマー」シリーズのシャイア・ラブーフ、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」のジュリー・クリスティ、「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドンほか。

監督
ロバート・レッドフォード
出演キャスト
ロバート・レッドフォード シャイア・ラブーフ ジュリー・クリスティ スーザン・サランドン

ホワイトハウス・ダウン

  • 2013年8月16日(金)公開
  • 出演(ラフェルソン 役)

かつてストリッパーだった頃の出来事を自らの主演で映画化した『マジック・マイク』で話題のチャニング・テイタム主演によるサスペンス・アクション。ホワイトハウスを見学に訪れていたところ、謎のテロリスト集団の襲撃に遭い、娘を人質にとられてしまった警官が、娘を取り戻すべく、テロリストに戦いを挑む姿が描かれる。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
チャニング・テイタム ジェイミー・フォックス マギー・ギレンホール ジェイソン・クラーク

ジャッキー・コーガン

  • 2013年4月26日(金)公開
  • 出演(ドライバー 役)

ブラッド・ピットが、標的を遠距離から“優しく殺す”という美学を貫く暗黒街の殺し屋に扮した、ハードボイルド・アクション。『ジェシー・ジェームズの暗殺』のアンドリュー・ドミニク監督がピットと再びタッグを組み、裏社会に生きる男たちの生き様を映し出す。リチャード・ジェンキンスら実力派俳優が脇を固めている。

監督
アンドリュー・ドミニク
出演キャスト
ブラッド・ピット リチャード・ジェンキンス ジェームズ・ガンドルフィーニ レイ・リオッタ

キャビン

  • 2013年3月9日(土)公開
  • 出演(シッターソン 役)

大学生たちが謎の組織に操られ次々と死んでいく、恐怖が幾層にも重なったサスペンス・スリラー。監督はドラマ『LOST』や「クローバーフィールド/HAKAISHA」の脚本を手がけたドリュー・ゴダード。また、「アベンジャーズ」の監督・脚本・原案や「エイリアン4」「トイ・ストーリー」の脚本を手がけたジョス・ウェドンがドリュー・ゴダードとともに脚本を担当し、息もつかせぬ怒涛のストーリーを展開。出演は「ハプニング」のクリステン・コノリー、「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、「扉をたたく人」で第81回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたリチャード・ジェンキンス、「ニューヨークの恋人」のブラッドリー・ウィットフォードほか。

監督
ドリュー・ゴダード
出演キャスト
クリステン・コノリー クリス・ヘムズワース アンナ・ハッチソン フラン・クランツ

アウトロー

  • 2013年2月1日(金)公開
  • 出演(ロディン 役)

トム・クルーズが自ら製作も担当したサスペンス・アクション。本作でクルーズが演じるのは、元米軍の秘密捜査官にして流れ者の男、ジャック・リーチャー。彼が連続殺害事件の真相に迫っていく姿をスリリングに描き出す。『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞脚本賞に輝いた、クリストファー・マッカリーの監督第2作。

監督
クリストファー・マッカリー
出演キャスト
トム・クルーズ ロザムンド・パイク ヴェルナー・ヘルツォーク ロバート・デュヴァル
2012年

ラム・ダイアリー

  • 2012年6月30日(土)公開
  • 出演(ロッターマン 役)

型破りな生き方でジャーナリズム界のロックスターと呼ばれた、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を映画化。『ラスベガスをやっつけろ』でハンター役を演じるなど彼を敬愛してやまないジョニー・デップが自ら製作・主演に乗り出し、若い頃のデップ自身を彷彿させる破天荒なキャラクターを、生き生きと好演している。

監督
ブルース・ロビンソン
出演キャスト
ジョニー・デップ アーロン・エッカート マイケル・リスポリ アンバー・ハード
2011年

ステイ・フレンズ

  • 2011年10月1日(土)公開
  • 出演(ハーパー 役)

『ソーシャル・ネットワーク』のJ・ティンバーレイクと、『ブラック・スワン』のM・クニス共演によるラブ・コメディ。セックス・フレンドとなった男女の関係の行方をコミカルなタッチであぶりだす。“男女の友情はセックスありでも成立するか?”という興味深いテーマや、男女の本音をつくセリフが満載で、リアルな共感を誘う。

監督
ウィル・グラック
出演キャスト
ジャスティン・ティンバーレイク ミラ・クニス パトリシア・クラークソン ジェナ・エルフマン

親愛なるきみへ

  • 2011年9月23日(金)公開
  • 出演(ミスター・タイリー 役)

『きみに読む物語』の著者ニコラス・スパークスが手がけ、06年に世界で最も読まれた恋愛小説に選ばれた原作を名匠ラッセ・ハルストレム監督が映画化した純愛ドラマ。『G.I.ジョー』のチャニング・テイタム&『マンマ・ミーア!』のアマンダ・サイフリッドというハリウッド期待の若手スターが共演。切ない遠距離恋愛が涙を誘う。

監督
ラッセ・ハルストレム
出演キャスト
チャニング・テイタム アマンダ・サイフリッド ヘンリー・トーマス スコット・ポーター

関連ニュース

ブラッド・ピット主演『Killing Them Softly』邦題&日本公開日が決定!
ブラッド・ピット主演『Killing Them Softly』邦題&日本公開日が決定!(2012年11月22日)

2012年開催の第65回カンヌ国際映画祭に出品された、ブラッド・ピットが主演を務める『Killing Them Softly』(全米11月30日公開)の邦題が『…

『アウトロー』C・マッカリー監督がトム・クルーズのキャスティング理由を語る
『アウトロー』C・マッカリー監督がトム・クルーズのキャスティング理由を語る(2012年11月22日)

トム・クルーズが主演を務め、元米軍の秘密捜査官にして流れ者の男を演じる『アウトロー』(2013年2月1日公開)。本作の特報動画が公開され、監督を務めたクリストフ…

アマンダ・サイフリッド、ラッセ・ハルストレム監督との再タッグ熱望「監督の作品は全部出たい」
アマンダ・サイフリッド、ラッセ・ハルストレム監督との再タッグ熱望「監督の作品は全部出たい」(2011年9月28日)

『きみに読む物語』の著者ニコラス・スパークスが手がけ、06年に世界で最も読まれた恋愛小説に選ばれた原作を映画化した『親愛なるきみへ』が現在公開中だ。 本作で人の…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・ジェンキンス