映画-Movie Walker > 人物を探す > シェール

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2018年 まで合計11映画作品)

2018年

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

  • 2018年8月24日(金)
  • 出演

小さなリゾートホテルを経営するシングルマザーのドナとその娘ソフィの身に起きる騒動を描いた、人気ミュージカルが原作の家族ドラマの続編。母娘の念願だったホテルを完成させるも、突然の妊娠発覚に揺れるソフィと、ドナの過去の知られざるエピソードが明らかになる。前作同様、母をメリル・ストリープ、娘をアマンダ・セイフライドが演じる。

監督
オル・パーカー
出演キャスト
メリル・ストリープ ピアース・ブロスナン コリン・ファース ステラン・スカルスガルド
2010年

バーレスク

  • 2010年12月18日(土)
  • 出演(テス 役)

クリスティーナ・アギレラ&シェールというグラミー賞に輝き、世界中を魅了する新旧歌姫の共演によるミュージカル・ドラマ。歌手になる夢を胸に、LAにやってきた女性と、老舗クラブの女性経営者との物語がつづられる。女優として映画初出演のクリスティーナ・アギレラの歌唱力とダンスが観る者を圧倒する。

監督
スティーヴン・アンティン
出演キャスト
クリスティーナ・アギレラ シェール クリスティン・ベル カム・ジガンデイ
2004年

ふたりにクギづけ

  • 2004年12月11日(土)
  • 出演(Herself 役)

「愛しのローズマリー」の監督、ファレリー兄弟の最新作。結合双生児兄弟が巻き起こす騒動と彼らの強い絆を、ウィットに富んだユーモアにくるんで軽妙に描出。

監督
ボビー・ファレリー ピーター・ファレリー
出演キャスト
マット・デイモン グレッグ・キニア エヴァ・メンデス ウェン・ヤン・シー
2000年

ムッソリーニとお茶を

  • 2000年5月27日(土)
  • 出演(Elsa 役)

 イタリアの名匠F・ゼフィレッリが英米の大女優を集めて贈る珠玉の人間賛歌。異国で自由を謳歌する外国人女性5人と孤独な少年の心の触れ合いをしみじみ描く感動作。

監督
フランコ・ゼフィレッリ
出演キャスト
シェール ジュディ・デンチ ジョーン・プロウライト マギー・スミス
1995年

プレタポルテ

  • 1995年5月27日(土)
  • 出演

世界の最先端モードの殿堂、パリ・コレクションの会場を舞台に、ファッション業界内部とそれを取り巻くマスコミ周辺の狂騒ぶりを描いた1編。監督・製作は「ザ・プレイヤー」でハリウッドに復帰したロバート・アルトマン。彼が84年に初めてパリ・コレを訪れて以来想を練っていた企画で、「ナッシュビル」「ウエディング」「ショート・カッツ」などで発揮された、彼が得意とする限定された場所での群像劇のスタイルを取っている。いつものアルトマンらしいシニカルな味は後退し、オールスター映画にふさわしいにぎやかなタッチが特色。脚本はアルトマンとバーバラ・シュルガッセの共同、撮影は「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」など7本でも監督と組んだピエール・ミニョーとジャン・ルピーヌ、美術は監督の実子スティーブン・アルトマン。音楽は「シェルブールの雨傘」の巨匠ミシェル・ルグランがオリジナル・スコアを書き、ローリング・ストーンズ、ジャネット・ジャクソン、テレンス・トレント・ダービー、U2から日本のピチカート・ファイヴに至るまで、世界のアーティストたちの楽曲が全編に流れる。出演は「ショート・カッツ」のティム・ロビンスとジュリア・ロバーツ、「M★A★S★H(マッシュ)」のサリー・ケラーマンらアルトマン作品の常連組から、「クライング・ゲーム」のスティーヴン・レアとフォレスト・ウィテカー、「タンデム」のジャン・ロシュフォールとミシェル・ブラン、「ゲッタウェイ(1994)」のキム・ベイシンガー、「脱出(1944)」のローレン・バコール、「甘い生活」のアヌーク・エーメ、果ては「ひまわり」「昨日・今日・明日」を彷彿とさせる演技を見せるマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンに至るまで、30人を超える新旧の国際的なオールスターが結集。94年のパリ・コレにカメラを持ち込み、ジャン・ポール・ゴルチエ、ソニア・リキエル、三宅一生らのデザイナー、ナオミ・キャンベル、クラウディア・シファーらのスーパーモデルが続々と実名で登場するのも話題に。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ ソフィア・ローレン ジャン=ピエール・カッセル キム・ベイシンガー
1991年

恋する人魚たち

  • 1991年10月12日(土)
  • 出演(Mrs.Flax 役)

母子家庭のフラックス家。他人とのしがらみを嫌う風変わりな母親、ユダヤ系でありながらカトリックの尼さんを夢見る15歳の長女、水泳のチャンピオンを目指す9歳の次女この三人を軸に母と娘との絆を描いた心温まるドラマ。監督は「リトル・ニキータ」「花嫁はエイリアン」のリチャード・ベンジャミン。製作はキャスティング・ディレクターとして知られるウォリス・ニキータとローレン・ロイド、「愛は静けさの中に」「月の輝く夜に」の実力派プロデューサー、パトリック・パーマー。脚本はもともとフリーのテレビ・プロデューサーだったジューン・ロバーツ。原作はパティ・ダン。撮影は「危険な情事」のハワード・アサートン。美術は「ヘンリー四世」のスチュアート・ワーツェル。衣装は「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」のマリ・アレン。

監督
リチャード・ベンジャミン
出演キャスト
シェール ボブ・ホスキンス ウィノナ・ライダー マイケル・ショーフリング
1988年

容疑者(1987)

  • 1988年5月14日(土)
  • 出演(Kathleen_Riley 役)

ワシントンの法廷を舞台に、難事件に取り組む女性弁護士の戦いを、彼女を助ける陪審員との禁じられた関係を軸に描くサスペンス・ミステリー。製作はダニエル・A・シャーコウ、監督は「哀愁のエレーニ」のピーター・イエーツ。脚本はエリック・ロス、撮影はビリー・ウィリアムス、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演は「月の輝く夜に」のシェール、「インナー・スペース」のデニス・クエイドほか。

監督
ピーター・イェーツ
出演キャスト
シェール デニス・クエイド リーアム・ニーソン ジョン・マホーニー

月の輝く夜に

  • 1988年3月26日(土)
  • 出演(Loretta_Castorini 役)

1人の未亡人と、彼女に求愛する2人の兄弟を描いたラブ・コメディ。製作はパトリック・パーマー、監督は製作も担当している「ソルジャー・ストーリー」のノーマン・ジュイソン、脚本はジョン・パトリック・シャンレイ(アカデミー賞脚本賞)、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はディック・ハイマンが担当。出演はシェール(アカデミー賞主演女優)、ニコラス・ケイジ、オリンピア・デュカキス(アカデミー賞助演女優賞)ほか。

監督
ノーマン・ジュイソン
出演キャスト
シェール ニコラス・ケイジ ヴィンセント・ガーディニア オリンピア・デュカキス
1987年

イーストウィックの魔女たち

  • 1987年10月3日(土)
  • 出演(Alexandra_Medford 役)

悪魔と3人の美女が巻き起こすファンタスティック・ホラー・コメディ。製作はニール・カントン、ピーター・グーバー、ジョン・ピーターズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはロブ・コーエン、ドン・デヴリン。監督は「マッドマックス サンダードーム」のジョージ・ミラー、脚本はマイケル・クリストファー、原作はジョン・アップダイク(新潮社刊)、撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演はジャック・ニコルソン、シェール、スーザン・サランドン、ミシェル・ファイファーほか。

監督
ジョージ・ミラー
出演キャスト
ジャック・ニコルソン シェール スーザン・サランドン ミシェル・ファイファー
1985年

マスク(1984)

  • 1985年6月22日(土)
  • 出演(Rusty_Dennis 役)

ライオン病と呼ばれる奇病をもちながら強く美しく生きたロッキー・デニスの人生を描く。製作はマーティン・スターガー、監督は「ニッケルオデオン」のピーター・ボグダノヴィッチ。実在のロッキー・デニス少年の生涯を基にアンナ・ハミルトン=フェランが脚本化。撮影はラズロ・コヴァックスが担当。出演はシェール、サム・エリオットなど。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
ピーター・ボグダノヴィッチ
出演キャスト
シェール サム・エリオット エリック・ストルツ エステル・ゲティ

関連ニュース

母娘を演じた3女優を、ロンドンで直撃!
アマンダ、リリー、シェールが語る『マンマ・ミーア!』新作の必見ポイントは? 2018年8月24日 17:00

伝説のポップグループ、ABBAの名曲で彩られた大ヒットミュージカル映画『マンマ・ミーア!』(08)。その10年ぶりの続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』がついに本日公開となった。前作よりもさらに母娘の絆が深…

夢のコラボ!? トップスター、シェールが出演しABBAの名曲を歌う
ABBA×シェールが夢のコラボ実現!『マンマ・ミーア! 』最新作特別メイキング映像 2018年7月30日 15:00

ミュージカル映画歴代2位の大ヒット記録を打ち出した『マンマ・ミーア!』(09)から10年、続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)より公開となる。本作では、ABBAの大ヒットナンバー“悲しきフ…

大ヒットを記録した『マンマ・ミーア!』の続編が公開決定!
ミュージカル映画ブームの火付け役『マンマ・ミーア!』が10年ぶりに帰ってくる! 2018年1月25日 19:30

公開当時にミュージカル映画史上No. 1の全世界興行収入を記録して、日本でも興行収入26億円の大ヒットとなった『マンマ・ミーア!』(08)の続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)より公開。このたび…

司会のジェームズ・フランコがジョン・トラボルタ役に?今年のアカデミー賞はひと味違う
ネタバレ?第83回アカデミー賞授賞式の一部が明らかに 2011年2月26日 09:30

現地時間27日に行われるアカデミー賞授賞式まで後3日となった24日、スター誌などがYouTubeの映像付きで授賞式の内容を一部公開した。映像では、ホストを務めるジェームズ・フランコとアン・ハサウェイが、ミュージカルの映画…

米国の同性愛者から最も支持されたブリトニー・スピアーズ
史上最高のゲイ・アイコンにブリトニー・スピアーズ 2011年2月20日 10:00

米国のOrange County Equality Projectが同性愛者を対象に行った調査の結果、“史上最高のゲイ・アイコン”にブリトニー・スピアーズが選ばれた。31%の票を獲得して1位になったブリトニーの後には、2…

おすぎとピーコ&マツコもはまった!『バーレスク』トークショーにて
『バーレスク』トークショーでさすがのマツコもおすぎ&ピーコにタジタジ 2010年12月15日 20:38

クリスティーナ・アギレラ、シェールという世界的歌姫の共演が話題のミュージカル『バーレスク』。12月18日(土)からの公開を前に、おすぎとピーコ、マツコ・デラックスがトークショーイベントを行った。この3人の共通点の1つは、…

クリスティーナ・アギレラが初主演作で見せる妖艶な演技は必見
洋楽ファンにはたまらない!2大歌姫共演で贈るサクセスストーリー『バーレスク』 2010年12月13日 12:00

全世界でのアルバムトータルセールスが3000万枚を誇り、グラミー賞4部門での受賞経験もあるスーパーアーティストのクリスティーナ・アギレラ。抜群の歌唱力に加え、奇抜なファッションでも人気の彼女が、12月18日(土)より公開…

『バーレスク』来日記者会見でクリスティーナ・アギレラ(左から2番目)が来日
クリスティーナ・アギレラ、来日会見で「シェールは毎朝ハグしてくれた」 2010年12月6日 16:22

グラミー賞5部門の受賞歴を持つ歌姫、クリスティーナ・アギレラの初主演映画『バーレスク』(12月18日公開)の来日記者会見が12月6、ザ・ペニンシュラ東京で開催。アギレラをはじめ、共演のキャム・ギガンデット、クリスティン・…

『バーレスク』ワールドプレミアに登場した一同
『バーレスク』ワールドプレミアに主演のアギレラ&シェールが登場 2010年11月18日 10:00

歌手になる夢を胸に、ロサンゼルスにやってきた女性と、老舗クラブの女性経営者との物語がつづられた『バーレスク』(12月18日公開)のワールドプレミアが、11月15日夕方(日本時間11月16日午後)、ロサンゼルスのチャイニー…

来日が決まったクリスティーナ・アギレラ
セクシー歌姫クリスティーナ・アギレラ、3年ぶりの来日決定! 2010年10月15日 17:57

世界中を魅了する新旧歌姫の共演によるミュージカルドラマ『バーレスク』(12月18日公開)で主演を務めたクリスティーナ・アギレラが3年ぶりに来日することが決定した。全世界でのセールス3000万枚、グラミー賞4部門受賞を誇り…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シェール