映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・フランシス・ブルース

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2017年 まで合計15映画作品)

2017年

フィフティ・シェイズ・ダーカー

  • 2017年6月23日(金)公開
  • 編集

大企業のCEOと女子大生の官能的な愛を描き、衝撃を呼んだラブストーリーの続編。一度は別れを告げるも、再び刺激的な生活を始めた2人の前に思わぬ恋の邪魔者が現れ、翻弄されていく様がつづられる。前作に引き続き、アナをダコタ・ジョンソン、グレイをジェイミー・ドーナンが演じる。監督は『パーフェクト・ストレンジャー』のジェームズ・フォーリー。

監督
ジェームズ・フォーリー
出演キャスト
ダコタ・ジョンソン ジェイミー・ドーナン リタ・オラ エリック・ジョンソン
2005年

フォーガットン

  • 2005年6月4日(土)公開
  • 編集

実力派女優、ジュリアン・ムーア主演のサスペンス。ある日突然、亡き息子の存在が消滅するという怪現象に見舞われた女性が、その真相に迫る姿をスリリングに描く。

監督
ジョセフ・ルーベン
出演キャスト
ジュリアン・ムーア ドミニク・ウェスト ゲイリー・シニーズ アンソニー・エドワーズ
2003年

ミニミニ大作戦

  • 2003年6月21日(土)公開
  • 編集

犯罪ドラマの傑作と名高い69年の同名作を、豪華キャストでリメイク。金塊をめぐる裏切りと復讐の物語がスリリングに展開。市街地での縦横無尽なカーチェイスは圧巻だ。

監督
F・ゲイリー・グレイ
出演キャスト
マーク・ウォルバーグ シャーリーズ・セロン エドワード・ノートン セス・グリーン
2001年

ハリー・ポッターと賢者の石

  • 2001年12月1日(土)公開
  • 編集

「ハリー・ポッター~」の日本語吹替版。世界中を魅了した大ベストセラー小説を映画化。魔法使いの少年の成長を、壮大なスケールで描いた冒険ファンタジーだ。

監督
クリス・コロンバス
出演キャスト
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ジョン・クリース
2000年

パーフェクトストーム

  • 2000年7月29日(土)公開
  • 編集

 実際に起きた災害を題材にしたノンフィクション小説を、G・クルーニー主演で映画化。巨大な嵐に遭遇した漁師たちの姿を、驚異のSFX映像で見せるパニック・アクション。

監督
ウォルフガング・ペーターゼン
出演キャスト
ジョージ・クルーニー マーク・ウォルバーグ ジョン・C・ライリー ダイアン・レイン

ハーモニーベイの夜明け

  • 2000年4月15日(土)公開
  • 編集

「あなたが寝てる間に…」「フェノミナン」のジョン・タートルトーブ監督が、アンソニー・ホプキンスとキューバ・グッディング・JR.ふたりのオスカー俳優を主演におくる真実と友情の物語。

監督
ジョン・タートルトーブ
出演キャスト
アンソニー・ホプキンス キューバ・グッディング・ジュニア ドナルド・サザーランド モーラ・ティアニー

グリーンマイル

  • 2000年3月25日(土)公開
  • 編集

 「評決のとき」の若手注目株ダグ・ハッチンソンが卑劣な看守役に。権力をカサに着た横暴な態度の背後に身勝手で臆病な素顔をのぞかせ、憎々しさをぞんぶんに伝える。

監督
フランク・ダラボン
出演キャスト
トム・ハンクス デイヴィッド・モース ボニー・ハント マイケル・クラーク・ダンカン
1997年

エアフォース・ワン

  • 1997年11月29日(土)公開
  • 編集

“空飛ぶホワイトハウス”の異名を取る合衆国大統領専用機を舞台に、機をハイジャックしたテロリストたちに単身戦いを挑む大統領の活躍を描いたサスペンス・アクション。監督は「U・ボート」「アウトブレイク」のウォルフガング・ペーターゼン。撮影は「スリーパーズ」のミヒャエル・バルハウス、音楽は「エグゼクティブ デシジョン」のジェリー・ゴールドスミス。本物と同じ747型旅客機をベースに、内部を見事に再現した美術は「トータル・リコール」「ロボコップ」のウィリアム・サンデル。編集は「ザ・ロック」のリチャード・フランシス=ブルース、視覚効果監修は「スター・ウォーズ」シリーズのリチャード・エドランド。主演は「デビル」のハリソン・フォード。共演は「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「101」「マーズ・アタック!」のグレン・クローズ、「コリーナ、コリーナ」のウェンディ・クルーソン、「リトル・プリンセス」のリーセル・マシューズ、「ファーゴ」のウィリアム・H・メイシー、「U・ボート」「イングリッシュ・ペイシェント」のユルゲン・プロホノフほか。

監督
ヴォルフガング・ペーターゼン
出演キャスト
ハリソン・フォード ゲイリー・オールドマン グレン・クロース ウェンディ・クルーソン
1996年

ザ・ロック

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 編集

猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。監督に前作「バッドボーイズ(1995)」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ショーン・コネリー エド・ハリス マイケル・ビーン

セブン

  • 1996年1月27日(土)公開
  • 編集

キリスト教の七つの大罪に基づく連続殺人事件と、それを追う刑事コンビの姿を描いたサイコ・スリラー。先鋭的なヴィジュアル・センスとノイズを駆使したアバンギャルドな音響設計による、世紀末ムードが全編を覆うダークな世界観が魅惑的。N.Y.タワーレコードの店長として働きながら執筆したアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーのオリジナル脚本を、「エイリアン3」のデイヴィッド・フィンチャーが監督。製作は「マスク」「アウトブレイク」のアーノルド・コペルソン、撮影は「デリカテッセン」のダリウス・コンディ、美術はピンク・フロイドやジェネシスなどの舞台で活躍したのち、「マリリンとアインシュタイン」などを手掛けたアーサー・マックス、編集は「硝子の塔」のリチャード・フランシス=ブルース。音楽は「依頼人」のハワード・ショアで、エンド・タイトル曲はデイヴィッド・ボウイの『ハーツ・フィルシー・レッスン(心の淫らなレッスン)』。特殊メイク(死体)は「遊星からの物体X」のロブ・ボッティン、デジタル視覚効果とメイン・タイトル・シークエンスは[R/グリーンバーグ・アソシエイツ・ウェスト、デジタル・スタジオ部]が担当。主演はアクションにも果敢に挑んだ、「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のブラッド・ピットと、「ショーシャンクの空に」「アウトブレイク」の演技派モーガン・フリーマン。共演は、本作がきっかけでピットの恋人となったグィネス・パルトロウ、「黒いジャガー」のリチャード・ラウンドツリー、「フルメタル・ジャケット」のR・リー・アーメイ、「ユージュアル・サスペクツ」のケヴィン・スペイシーほか。

監督
デイヴィッド・フィンチャー
出演キャスト
ブラッド・ピット モーガン・フリーマン グウィネス・パルトロウ ジョン・C・マッギンレイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・フランシス・ブルース