TOP > 映画監督・俳優を探す > メアリー・パーカー

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1932年 まで合計3映画作品)

1932年

自殺倶楽部

  • 1932年
  • 出演(His Fiancee 役)

「伯爵令嬢」と同じくリヒャルト・オスワルドが監督製作した映画で、エドガー・アラン・ポー作『黒猫』とロバート・ルイス・スティーヴンソン作『自殺倶楽部』とを按配して「最後の中隊」「旅愁」のハインツ・ゴールドベルクがオイゲン・サトマリと共同して台本を作った。撮影は「伯爵令嬢」のハインリヒ・ゲルトナーである。主演者は「寵姫ズムルン」「妖花アラウネ(1927)」以来久々のパウル・ヴェゲナーと、「O・F氏のトランク」のハラルト・パウルゼンで「朝から夜中まで」のロマ・バーン、「黒衣の処女」のメアリー・パーカー、「蠱惑の街」のオイゲン・クレッパー、「最後の中隊」のパウル・ヘンケルス、新人ヴィクトル・デ・コヴァ等が助演している。

監督
リヒャルト・オスワルド
出演キャスト
パウル・ヴェゲナー ロマ・バーン ハラルト・パウルゼン メアリー・パーカー
1926年

亡国病患者

  • 1926年
  • 出演(Leonie Person 役)

「恋のネルスン」の監督者たるリヒャルト・オスワルド氏が監督製作した性病風刺映画で、「芸術と手術」「我れ若し王者なりせば」等出演のコンラート・ファイト氏が主演し、メアリー・パーカー嬢、ワルター・リラ氏、フリッツ・コルトナー氏、エルガ・ブリンク嬢、フリーダ・リヒャルト嬢等が共演している。無声。

監督
リヒャルト・オスワルド
出演キャスト
コンラート・ファイト ワルター・リラ メアリー・パーカー Henry de Vries
1924年

世界一の美人

  • 1924年
  • 出演(Lilian Mervil 役)

「成金」「モンナ・ヴンナ」等と同じくリヒャルト・アイヒベルク氏の監督作品で、同上二映画主演のリー・パリー嬢が主演している。原作はフューゴー・ベタウァー氏、脚色はヘルムート・オルトマン氏とハンス・ベイレント氏、パリー嬢の相手にはイタリアの俳優で「ある女の手記」「処女時代」「呪の恨」等に主演したリヴィオ・パヴァネリ氏が出演している。映画に現れるヴェスヴィアス火山爆発の場面は1924年3月26日地震の当時アマルフィに於て実際に撮影したものである。無声。

監督
リヒャルト・アイヒベルク
出演キャスト
リヴィオ・パヴァネリ Inge Colette オラフ・フョルト メアリー・パーカー

メアリー・パーカーの関連人物

Karl Meinhard  ナターシャ・シルヴィア  Fred Gobel  Carl Heinz Charell  Gretl Bernd 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > メアリー・パーカー

ムービーウォーカー 上へ戻る