TOP > 人物を探す > アーティ・バトラー

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1981年 まで合計6映画作品)

1981年

ビアンカの大冒険

  • 1981年12月19日(土)
  • 音楽

2匹のねずみを中心に展開するファンタスティックな冒険アニメーション。製作総指揮はロン・ミラー、製作はウルフガング・ライザーマン、監督はウルフガング・ライザーマンとジョン・ラウンズベリーとアート・スティーブンス。マージェリー・シャープの連作童話、『救助者たち』と『ミス・ビアンカの冒険』を基にラリー・クレモンスが脚色。アニメ監督はオリー・ジョンストン、ミルト・コール、フランク・トーマス、ドン・ブルース、音楽はアーチー・バトラーが各々担当。日本語版。声の出演は山田康雄、新道乃里子、里見京子、塊柳二など。

監督
ウォルフガング・ライザーマン ジョン・ラウンズベリー アート・スティーヴンス
出演キャスト
エヴァ・ガボール ボブ・ニューハート ジェラルディン・ペイジ ジョー・フリン
1976年

イッツ・ショータイム

  • 1976年11月27日(土)
  • 音楽

かつてスクリーン上で驚くべき『演技力』と颯爽たる雄姿で人間スターたちを食いまくった、動物スターたちのアンソロジー映画。製作は「燃えよドラゴン」のフレッド・ワイントローブとポール・ヘラーで、2人がサイレント時代から'60年代初頭までの900本の長編と400本の短編から、ピックアップしている。脚本はアラン・マイヤーソン、音楽はアーティ・バトラー、主題歌作詞はドン・ブラック、製作補佐はジョン・アヴレットが各々担当。登場する主な『名優』たちと、出演作品(アルファベット順)。主演--アスタ(フォックス・テリア)「影なき男」シリーズ、「新婚道中記」/チータ(チンパンジー)「ターザンの黄金」「ターザンの復讐」「ターザンの怒り」「魔境のターザン」/デイジー(エアデール・テリア)「ブロンディ子守の巻」「ブロンディ仲人の巻」/フリッパー(いるか)「フリッパーの新しい冒険」/フランシス(ロバ)「フランシス陸軍学校へ行く」/ラッシー(コリー犬)「家路」/リンチンチン(シェパード)「夜の叫び」「ケンターキーの丘」「追跡」/トニー(馬)「馬上の勇者」「列車強盗」/トリッガー(馬)「ハリウッド玉手箱」「腰抜け 二挺拳銃の息子」。共演--ボンゾ(チンパンジー)「ボンゾの休息」/ブラウニー(犬)「犬の生活」/チャンピオン(馬)「西部のカーニバル」/ジャッキー(ライオン)「アンドロクレスと獅子」/パイ(馬)「緑園の天使」/シルバー(馬)「ローン・レンジャーと失われた黄金都市」など。

監督
出演キャスト
1975年

ブルージーンズジャーニー

  • 1975年10月4日(土)
  • 音楽

さえない中年男と二人の不良少女の友情と愛を描く。製作マイケル・グラスコフとアート・リンソン、監督は「男の出発」のディック・リチャーズ、脚本はジョン・ケイ、撮影はラルフ・ウールジー、音楽はアーティ・バトラー、編集はウォルター・トンプソンが各々担当。出演はアラン・アーキン、サリー・ケラーマン、マッケンジー・フィリップス、アレックス・ロッコ、チャーリー・マーティン・スミス、ハリー・ディーン・スタントン、ジョン・マクリアムなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1975年作品。

監督
ディック・リチャーズ
出演キャスト
アラン・アーキン サリー・ケラーマン マッケンジー・フィリップス アレックス・ロッコ
1974年

またまたおかしな大追跡

  • 1974年9月21日(土)
  • 音楽

大都会ニューヨークを舞台に、泥沼式にふくれる借金に四苦八苦する若妻の受難を描いたスラップスティック・コメディ。製作総指揮はフィル・フェルドマン、製作はマーティン・アーリックマンとスタンリー・シャピロ、監督はピーター・イエーツ、脚本はスタンリー・シャピロとモーリス・リッチリン、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はアーティー・バトラー、編集はフランク・P・ケラーが各々担当。出演はバーブラ・ストライサンド、マイケル・サラザン、エステル・パーソンズ、ウィリアム・レッドフィールド、モリー・ピコン、ルイス・ゾリック、ヴィヴィアン・ボンネル、リチャード・ワードなど。

監督
ピーター・イェーツ
出演キャスト
バーブラ・ストライサンド マイケル・サラザン エステル・パーソンズ ウィリアム・レッドフィールド
1972年

おかしなおかしな大追跡

  • 1972年7月8日(土)
  • 音楽

博識多才なオテンバ娘と、音楽理論学会にのり込んできた田舎青年が、まったく同じ形の4つの旅行カバンのおかげでとんでもない大事件にまき込まれていくコメディー。製作・監督はピーター・ボグダノヴィッチ、脚本はバック・ヘンリー、デイヴィッド・ニューマン、ロバート・ベントンの共同執筆、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はアーティ・バトラー、編集はヴェルナ・フィールズが各々担当。出演はバーブラ・ストライサンド、ライアン・オニール、ケネス・マース、オースティン・ペンドルトン、ソレル・ブック、ステファン・ギーラッシュなど。

監督
ピーター・ボグダノヴィッチ
出演キャスト
バーブラ・ストライサンド ライアン・オニール ケネス・マース オースティン・ペンドルトン

ラブ マシーン

  • 1972年2月22日(火)
  • 音楽

性的魅力を利用してまたたくまにニュース局長にのし上がった男を描いて、テレビ界の腐敗を衝いた、ジャクリーン・スーザンの原作をサム・テイラーが脚色した作品。製作総指揮はアーヴィング・マンスフィールド、製作は「サボテンの花」のM・J・フランコヴィッチ、監督はTV界から転出のジャック・ヘイリー・ジュニア、撮影は「荒野の七人」のチャールズ・ラング、音楽はアーティ・バトラー、編集はデイヴィッド・ブリューイットが各々担当。出演は「栄光への戦い」のジョン・フィリップ・ロー、「ショーン・コネリー 盗聴作戦」のダイアン・キャノン、ジョディ・ウェクスラー、「プロフェッショナル」のロバート・ライアン、ジャッキー・クーパー、デイヴィッド・ヘミングスなど。

監督
ジャック・ヘイリー・ジュニア
出演キャスト
ジョン・フィリップ・ロー ダイアン・キャノン ロバート・ライアン ジャッキー・クーパー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アーティ・バトラー