映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・マレイ

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1926年 まで合計5映画作品)

1926年

初陣ハリー

  • 1926年公開
  • 出演(Nick_Kargas 役)

マック・セネット喜劇のスターだったハリー・ラングドン氏の自社設立第1回長編喜劇でティム・ウィーラン氏、フランク・キャプラ氏その他ギャダ・メンが合作した台本によりセネット喜劇時代から引き続いてラングトン喜劇の監督だったハリー・エドワーズ氏が監督したものである。主役ハリー・ラングドン氏の相手役は評判の新進女優ジョーアン・クロウフィード嬢が勤めトム・マレイ氏、アレッタ・フランシス氏、エドワード・デイヴィス氏等が助演している。

監督
ハリー・エドワーズ
出演キャスト
ハリー・ラングドン ジョーン・クロフォード トム・マレイ エドワード・デイヴィス
1925年

黄金狂時代

  • 1925年12月31日公開
  • 出演(Black_Larsen 役)

「パリの女性」に続いてチャールズ・チャップリン氏が自作自監督自演した喜劇で、A Dramatic Comedyと銘打ってある。相手女優は「救いを求むる人々」出演のジョージア・ヘール嬢で喜劇俳優アムプローズ事マック・スウェイン氏やトム・マレイ氏、マルコム・ウェイト氏等が助演している。大正15年キネマ旬報ベスト・テン外国映画1位。1942年にチャップリン自身による再編集によりサウンド版(73分)が制作されている。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン マック・スウェイン トム・マレイ ジョージア・ヘール
1923年

偽牧師

  • 1923年公開
  • 出演(the_Sheriff 役)

チャールズ・チャップリン氏が「給料日」に次いで製作した4巻物喜劇でファースト・ナショナル社より発売された最後の映画である。氏自ら原作を書き下ろし且つ監督主演したもので、相手役は例によってエドナ・パーヴィアンス嬢、其の他氏の兄シドニー・チャップリン氏も出演している。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン エドナ・パーヴィアンス Kitty Bradburn マック・スウェイン
1922年

一足飛び

  • 1922年公開
  • 出演(Detective_Smith 役)

エドガー・フランクリン氏作の小説をデイヴィッド・カークランド氏が脚色し、「二人頑固親爺」と同じくジェス・ロビンス氏が監督したもので、主役は「二人頑固親爺」「女性礼讃」等出演のエドワード・ホートン氏が演じ、相手役は「青春と冒険」「洋上の薔薇」等出演のマーガレット・ランディス嬢で、タリー・マーシャル氏、オーティス・ハーラン氏等が助演する愉快な正喜劇である。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
エドワード・ホートン マーガレット・ランディス タリー・マーシャル Wilbur Higby

転手古舞

  • 1922年公開
  • 出演(Officer_16 役)

アール・ディア・ビッガース氏の「ジョン・ヘンリー譚」中の1節を映画化した喜劇で、エドワード・ホートン氏が主演し東洋人役で知られたタリー・マーシャル氏が助演し、「一騎当千の男」其他出演のエセル・グレイ・テリー嬢が相手役を勤めている。監督はジェス・ロビンス氏。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
エドワード・ホートン エセル・グレイ・テリー タリー・マーシャル ジョン・ステップリング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・マレイ