映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェス・ロビンス

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1928年 まで合計6映画作品)

1928年

スカート

  • 1928年当年公開
  • 監督

「怪獣征服」「ベター・オール」のシドニー・チャップリン氏が英国ブリティッシュ・インターナショナル映画会社で主演した映画で、ウォルター・W・エリス氏原作の舞台喜劇A Little Bit of Fluffからホイーラー・ドライデン氏が改作脚色し、同氏とジェス・ロビンス氏とが共同で監督に当った。主演者のほかに「春来りなば」のベティ・バルフォア嬢、ナンシー・リッグ嬢、アニー・エスモンド夫人、エドモンド・ブレオン氏、クリフォード・マクラグレン氏などが助演している。(無声)

監督
ジェス・ロビンス ホイーラー・ドライデン
出演キャスト
シドニー・チャップリン ベティ・バルフォア ナンシー・リッグ アニー・エスモンド
1924年

離婚禁制

  • 1924年当年公開
  • 監督

「紐育の寵児」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリーのジウエル映画で、バーナード・マッコンヴィルの原作、ロイス・ゼルナーとフォード・ビーブの脚色、ジェス・ロビンスが監督をした。ペギーの対手には「肉に飢えたる野獣」「キスメット(1920)」等出演のエリノア・フェアー、「野に咲く花」等出演のロバート・エリス、「天地砕けよ」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のウィニフレッド・ブライソンが出演する。破れようとする両親の仲を幼児が仲直りさせるという家庭劇である。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ロバート・エリス エリノア・フェアー ウィニフレッド・ブライソン

連戦連勝

  • 1924年当年公開
  • 監督

「剛勇ジャック」等の連続映画で知られている世界重量拳闘選手権把持者のジャック・デンプシーがユ社に招かれて作った2巻宛で終るシリーズ映画で、ジェラルド・ボーモンが原作を書き、W・スコット・ダーリングが脚色し、第1篇はアール・C・ケントン、第2篇以後はジェス・ロビンスが監督の任に当たった。

監督
アール・C・ケントン ジェス・ロビンス
出演キャスト
ジャック・デンプシー George Ovey トム・マクガイアー Chuck Reisner
1922年

一足飛び

  • 1922年当年公開
  • 監督

エドガー・フランクリン氏作の小説をデイヴィッド・カークランド氏が脚色し、「二人頑固親爺」と同じくジェス・ロビンス氏が監督したもので、主役は「二人頑固親爺」「女性礼讃」等出演のエドワード・ホートン氏が演じ、相手役は「青春と冒険」「洋上の薔薇」等出演のマーガレット・ランディス嬢で、タリー・マーシャル氏、オーティス・ハーラン氏等が助演する愉快な正喜劇である。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
エドワード・ホートン マーガレット・ランディス タリー・マーシャル Wilbur Higby

転手古舞

  • 1922年当年公開
  • 監督

アール・ディア・ビッガース氏の「ジョン・ヘンリー譚」中の1節を映画化した喜劇で、エドワード・ホートン氏が主演し東洋人役で知られたタリー・マーシャル氏が助演し、「一騎当千の男」其他出演のエセル・グレイ・テリー嬢が相手役を勤めている。監督はジェス・ロビンス氏。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
エドワード・ホートン エセル・グレイ・テリー タリー・マーシャル ジョン・ステップリング

二人頑固親爺

  • 1922年当年公開
  • 監督

アーサー・グッドリッジ氏の原作からF・W・ビーブ氏が脚色し、古いチャップリン映画の監督だったジェス・ロビンス氏が監督したもので主役は「女性礼讚」「男子改造」等出演のエドワード・ホートン氏と「富貴を茶にして」「狂恋の唄女」等出演のエディス・ロバーツ嬢でその他ロイド・イングレアム氏、ジェームズ・コリガン氏、バッディー・メッセンジャー君等が出演している。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
エドワード・ホートン エディス・ロバーツ ジェームズ・コリガン ロイド・イングレアム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェス・ロビンス