TOP > 人物を探す > ハンナ・ラルフ

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1926年 まで合計8映画作品)

1926年

ファウスト(1926)

  • 1926年
  • 出演(Duchess of Parma 役)

ドイツの文豪ゲーテが24歳から82歳までかかって書き上げたファウスト、それは古代ドイツの伝説である。多くの作家が或いは劇に或いは音楽にこの主題を取り入れているが、ウーファ社がこれを映画化するに当っては、著名な監督であり文学者であるルドウィッヒ・ベルゲルの書いた脚本『失われし楽園』を土台とし、ハンス・カイザー氏をして創作的な撮影台本を作り上げさせた。監督は「最後の人」と同じくF・W・ムルナウ氏が当り、メフィストには「最後の人」「ヴァリエテ(1925)」等出演のエミール・ヤニングス氏、ファウストにはスウェーデンの名優で「愛の坩堝」出演のエスタ・エクマン氏、グレーチヘンには無名の少女カミルラ・ホルン嬢が抜擢され、その他「シャロレー伯爵」出演のヴィルヘルム・ディーテルレ氏、フリーダ・リヒャルト夫人、ハンナ・ラルフ嬢、イヴェット・ギルベール夫人等が出演している。無声。

監督
フレデリック・ウィルヘルム・ムルナウ
出演キャスト
エミール・ヤニングス エスタ・エクマン カミルラ・ホルン ヴィルヘルム・ディーテルレ
1925年

妖魔の塔

  • 1925年
  • 出演(Liane 役)

クルト・ブラウン氏の原作により「コーカサスの春」「スワリン姫」等と同じくヨハネス・グウター博士が監督したもので主役は「コーカサスの春」「スワリン姫」等主演のクセニア・デスニ嬢が演じ「君が名呼べば」「富に群がる者」等出演のナイジェル・バリー氏が相手役で「ジーグフリード」「オリベラの勇将」等出演のハンナ・ラルフ嬢及びフリッツ・デリウス氏が助演している。(無声、8巻の作品だが、公開時に6巻に短縮された)

監督
ヨハネス・グウター
出演キャスト
クセニア・デスニ ナイジェル・バリー ハンナ・ラルフ フリッツ・デリウス
1924年

デカメロン夜話(1924)

  • 1924年
  • 出演(Lady_Violate 役)

ボッカチオの『デカメロン』の一挿話に基いたロバート・マックラフリン氏とボイル・ローレンス氏との合作舞台劇を「チューチンチョウ」「南方の恋」等と同じくハーバート・ウィルコックス氏が脚色並びに監督したもので主役は「女性の敵」「歩み疲れて」等出演のライオネル・バリモア氏で、「裏町の怪老窟」「真夏の夜の夢(1925)」等出演のヴェルナー・クラウス氏、「ジーグフリード」「死滅の谷」等出演ベルンハルト・ゲツケ氏、「愛国の軍使」等出演のアイヴィー・デューク嬢、「コーカサスの春」「スワリン姫」等出演のクセニア・デスニ嬢、「南方の恋」等出演のランドル・エアトン氏及びゲオルク・ヨーン氏、アルバート・シュタインリュック氏等が出演している。無声。

監督
ハーバート・ウィルコックス
出演キャスト
ライオネル・バリモア アイヴィー・デューク ハンナ・ラルフ ヴェルナー・クラウス

阿修羅王国

  • 1924年
  • 出演(Andromache 役)

ギリシャの大詩人ホーマーの叙事詩『イリアッド』中の興味深いエピソードをドイツで有名な脚色家ハンス・カイザー氏が脚色し、第一篇をヘレナ掠奪(Plunder of Helena)とし、古希臘の神々に英雄佳人の一大ロマンスを幻想的に取扱い、第二部トロイの陥落(Fall of Troja)に至る迄の戦争の刺激的な物語である。監督は「賢者ナータン」と同じくマンフレッド・ノア氏で、「月光の曲(1920)」「ネロ」等出演のエディ・ダルクレア嬢、「カラマゾーフ兄弟」「ジーグフリード」等出演のハンナ・ラルフ嬢、「名花サッフォー」「ゴーレム」等出演のアルバート・シュタインリュック氏、「海底の宝庫」「百獣の王」等出演のカール・デ・フォークト氏等が出演している。(無声、全二篇)

監督
マンフレッド・ノア
出演キャスト
エディ・ダルクレア ハンナ・ラルフ アルバート・シュタインリュック ウラジミール・ガイダロフ

ニーベルンゲン ジークフリード

  • 1924年
  • 出演(Brunhilde 役)

“ニーベルンゲン”(Die Nibelungen)の前編。ドイツ古代の伝説に基き、テア・フォン・ハルボウ女史が脚色し、女史の夫君で「ドクトル・マブゼ」等を監督したフリッツ・ラング氏が監督の任に当り、デクラ・ビオスコープ社が二年をかけて完成された大作。「ジーグフリード」の続篇である「クリームヒルトの復讐」も、同年(1925年)公開されている。「ジーグフリード」の主役は「ドクトル・マブゼ」主演のパウル・リヒター氏で、その他「カラマーゾフ兄弟」「アルゴール」出演のハンナ・ラルフ嬢や、マルガレーテ・シェーン嬢、テオドル・ロース氏等が出演している。無声。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
パウル・リヒター ゲルトルード・アルノルト マルガレーテ・シェーン ハンナ・ラルフ
1921年

オリベラの勇将

  • 1921年
  • 出演(Donna Jnana 役)

エミール・ヤニングス氏主演のドイツウーファ映画で、エリッヒ・シエンフエルデル氏の原作監督になる史劇である。相手役は「アルゴール」等出演のハンナ・ラルフ嬢である。其の他マグナス・スティフター氏カール・エバート氏等知名の人が居る。無声。

監督
エリッヒ・シェンフェルデル
出演キャスト
ハンス・スツルム ハンナ・ラルフ フリッツ・シュルツ カール・エバート
1920年

カラマーゾフ兄弟(1920)

  • 1920年
  • 出演(Katherina seine Tochter 役)

ロシアの文豪ドストエフスキー氏の同名の小説より脚色撮影したものである。監督はカール・フレーリッヒ氏、芸術顧問はディミトリ・ブコウスキー氏で、グルシェンカに扮するミレウスカ嬢はワルシャワの市立劇場付き女優である。又「カリガリ博士」でカリガリ博士に扮したヴェルナー・クラウス氏が料理人スメルジャコフに扮し、「アルゴール」やポーラ・ネグリ映画に出演したエミール・ヤニングス氏がディミートリイに扮して老巧な所を見せている。カテリナの大役は同じく「アルゴール」出演のハンナ・ラルフ娘が務める。無声。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
フリッツ・コルトナー エミール・ヤニングス ベルンハルト・ゲツケ ヘルマン・ティーミッヒ

アルゴール

  • 1920年
  • 出演(Maria Oakley 役)

此の映画は『力の悲劇』Tragedy of Powerと銘打ってある通り『力』というものの本然の使命を説明したものである。又物理学上有名な無限廻転機(実現不可能なる)が実現した事にしてある所が変わっている映画。背景装置に多大の表現派味を帯びて居る。無声。

監督
ハンス・ウェルクマイスター
出演キャスト
エミール・ヤニングス ハンナ・ラルフ ゲルトルード・ヴェルケル エルンスト・ホフマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ハンナ・ラルフ

ムービーウォーカー 上へ戻る