TOP > 人物を探す > カール・ゲーツ

年代別 映画作品( 年 ~ 1929年 まで合計4映画作品)

1929年

私の心はジャズバンド

  • 1929年
  • 出演(Jerry 役)

正道に立戻ろうとする悪漢と娘の物語。「スイート・ハート」のリア・マラ主演。(無声)

監督
フリードリッヒ・ツェルニック
出演キャスト
リア・マラ コヴァル・サンボルスキ カール・ゲーツ アルフレッド・アベル

パンドラの箱(1929)

  • 1929年
  • 出演(Schigolch 役)

ドイツ文豪フランク・ヴェデキンド氏の世界的名作『ルル』を「ジャンヌ・ネイの愛」「心の不思議」のG・W・パブスト氏が現代風にアレンジして演出したもの、主役ルルにはアメリカより渡欧したルイズ・ブルックス嬢が扮し、助演者としてドイツ劇壇の名優フリッツ・コルトナー氏、フランツ・ホフマン・レーデラー氏、フランスより参加したアリス・ロバーツ嬢等が出演している。撮影は「プラーグの大学生(1926)」のギュンター・クランプ氏が担任している。(無声)

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ルイズ・ブルックス フリッツ・コルトナー フランツ・ホフマン・レーデラー カール・ゲーツ
1920年

王城鬼バルサモ

  • 1920年
  • 出演(The Prince 役)

「影を失へる男」と一味通ずる気分を持った浪漫的伝奇劇で、ラインホルト・シュンツェル氏が監督・主演している。共演はコンラート・ファイト氏、アニタ・ベルバー嬢、ハニー・ヴァイゼ嬢、ヒルデ・ヴェルネル嬢。オーストリアにまで出張して有名なシェエンブルンの本物を背景として取り入れた。無声。

監督
ラインホルト・シュンツェル
出演キャスト
コンラート・ファイト アニタ・ベルバー カール・ゲーツ ヒルデ・ヴェルネル

性の焔

  • 出演(Dr. Gaudeamus 役)

テア・フォン・ハルボウ女史の原著になる小説『扉も窓もなき家』に基づき、フリードリッヒ・フェーエル氏とヨハネス・ブランド氏が脚色し、フェーヘル氏が監督の任に当たった表現派手法を取り入れたドイツ映画である。フェーヘル氏とローザ・ガブリエル嬢が主演している。無声。

監督
フリードリッヒ・フェーエル
出演キャスト
フリードリッヒ・フェーエル ローザ・ガブリエル カール・エーマン Lilly Breda
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > カール・ゲーツ