映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ゲビュール

年代別 映画作品( 年 ~ 1953年 まで合計11映画作品)

1953年

赤い唇(1952)

  • 1953年8月21日(金)
  • 出演(Mr. Nolder 役)

「スケルトンの運ちゃん武勇伝」のリチャード・ゴールドストーンが製作し、「北の狼」のアンドリュー・マートンが監督にあたった1952年作品で、ドイツとオーストリアに現地ロケしたもの。ローレンス・バックマンのストーリーをジェリー・デイヴィスが脚色した。撮影は「罪ある女」のファクラフ・フィッヒ、音楽は「アパッチ族の最後」のルドルフ・G・コップの担当。主演は「雨に唄えば」のジーン・ケリーと「三つの恋の物語」のピア・アンジェリで、リチャード・ロバー、リチャード・イーガン、クラウス・クラウセン、ウィルフリード・セイファースらが助演する。なお、米国における発売はMGM社である。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ジーン・ケリー ピア・アンジェリ リチャード・ロバー リチャード・イーガン
1940年

偉大なる王者

  • 1940年
  • 出演

ナチス国策映画。監督は「青春」のファイト・ハーラン、主演はフリードリッヒ大王役で定評あるオットー・ゲビュール。

監督
ファイト・ハーラン
出演キャスト
オットー・ゲビュール
1928年

ワーテルロー(1928)

  • 1928年
  • 出演(Fieldmarshal Old Fritz Bluecher 役)

マックス・フェルネル氏及びB・E・リュトゲ氏合作の脚本に基づき「蠱惑の街」「エックスプロージョン」のカール・グルーネ氏が監督した作品である。主なる出演者は「かつら」「ライン悲愴曲」のオットー・ゲビュール氏、英国名優ハンバーストン・ライト氏、「ポストマスタア」のヴェラ・マリノフスカヤ嬢、オスカー・マリオン氏、ウィリー・カイザー・ハイル氏、「アパッシュ」のシャルル・ヴァネル氏、「潜航艇C一号」のカール・デ・フォークト氏、ベティ・バード嬢などで撮影は「スピオーネ」「西部戦線一九一八年」のフリッツ・アルノ・ワグナー氏指揮の下にヨゼフ・ヴィルシング氏とH・カヴィチンスキー氏が当っている。(無声)

監督
カール・グルーネ
出演キャスト
ウィリー・カイザー・ハイル シャルル・ヴァネル カール・デ・フォークト Helmuth Renar
1927年

母と子(1927)

  • 1927年
  • 出演(Captain Moeller 役)

カリン・ミハエリス氏の原作をB・E・リュトゲ氏が脚色し、ホルガー・マドセン氏が監督したもので、俳優としてはシビル・モレル夫人の他に「朝から夜中まで」のハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー氏、「青年時代より歌は響けり」のマリア・ミンツェンティ嬢、「曲馬団の鬼」のマルガレーテ・シュレーゲル嬢、オスカー・ホモルカ氏、「かつら」のオットー・ゲビュール氏、「岡寺の観音」のマルガレーテ・クップァー嬢、ハンス・ブラウゼヴェッター氏その他が出演している。キャメラは「愛は輝くアラベラ譚」のカール・ハッセルマン氏が担任である。(無声)

監督
ホルガー・マドセン
出演キャスト
シビル・モレル ハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー オスカー・ホモルカ マリア・ミンツェンティ
1922年

ライン悲愴曲

  • 1922年
  • 出演(Frederick the Second 役)

1922年にアルツェン・フォン・チェンピー氏が努力を傾注して製作した大作品で、ドイツ公開の際は全四篇に別れていたものである。ワルター・フォン・モロ氏の小説に材を得てハンス・ベイレント氏とアルツェン・フォン・チェンピー氏が映画に脚色し、チェンピー氏自ら監督している。主役フレデリック大王に扮するのは「かつら」によって妙技を知られているオットー・ゲビュール氏で、そのほか「蝙蝠」「思い出」等に出演し先年物故したエファ・マイ嬢、「朝から夜中まで」のエルナ・モレナ嬢、「女ハムレット」のエドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン氏、「野鴨」のアルバート・シュタインリュック氏、「幽魂は語る」のアグネス・シュトラウブ嬢、「タルチュフ」のヴェルナー・クラウス氏、「カルメン(1918)」出演のレオポルド・フォン・レデブール氏、F・W・カイザー氏、フリッツ・ラスプ氏などの名優連が総出演している。無声。

監督
アルツェン・フォン・チェンピー
出演キャスト
オットー・ゲビュール エルナ・モレナ エファ・マイ アルバート・シュタインリュック

ウィリアム・テル(1922)

  • 1922年
  • 出演(Henry Melchthal 役)

原作はフリードリッヒ・シルレルの戯曲『ウィルヘルム・テル』。ウィリー・ラス氏脚色。ハンス・マール氏、コンラート・ファイト氏、エルナ・モレナ嬢、クセニア・デスニ嬢が出演。ルドルフ・ドウォルスキー氏の監督。無声。

監督
ルドルフ・ドウォルスキー
出演キャスト
コンラート・ファイト ヘルマン・ヴァレンティン エルナ・モレナ ヨハネス・リーマン
1920年

巨人ゴーレム(1920)

  • 1920年
  • 出演(The Emperor 役)

表現派映画の一偉彩である。(無声、五篇)

監督
出演キャスト
アルバート・シュタインリュック リダ・サルモノヴァ エルンスト・ドイッチ ハンス・スツルム

  • 出演(Querulin 役)

「ノラ」を監督したベルトールド・フィルテル氏がヴェスティ社で自ら脚色し監督した夢幻劇で、クゼレピー映画等に出ていたオットー・ゲビュール氏が主演し、相手役は「燃ゆる嫉妬」「寵姫ズムルン」のイェニー・ハッセルキスト嬢で、「春の流れ」のオシップ・ルーニッチュ氏、「シラノ・ドウ・ベルジュラック」のアンジェロ・フェラーリ氏等が助演している。無声。

監督
ベルトールド・フィルテル
出演キャスト
オットー・ゲビュール イェニー・ハッセルキスト ヘンリー・スチュアート カール・プラーテン

戦争の溜息

  • 出演(Captain Klockow 役)

「ライン悲愴曲」「かつら」のオットー・ゲビュール氏、「ライン悲愴曲」「ウィリアム・テル(1922)」のエルナ・モレナ嬢、ハインツ・クロコー氏、アリベルト・モーグ氏、「西部戦線一九一八年」のクラウス・クラウゼン氏、アルトゥール・デュアルテ氏等が出演する映画でレオ・ラスコ氏がレオ・デ・ラフォルグ氏と共同で執筆した脚本を基にして監督に当ったものでE・S・ツィーセマー氏が撮影している。(無声)

監督
レオ・ラスコ
出演キャスト
オットー・ゲビュール エルナ・モレナ ハインツ・クロコー アリベルト・モーグ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オットー・ゲビュール