TOP > 人物を探す > エミー・リン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1926年 まで合計2映画作品)

1926年

幻影

  • 1926年
  • 出演(Natacha 役)

「生けるパスカル(1925)」に続くマルセル・レルビエ氏監督作品で、シャルル・メレ氏原作の舞台劇を映画化したものである。主役は「人でなしの女」「歓楽の商人」等出演のジャック・カトラン氏と「酋長の妻」出演のエミー・リン夫人で「海の人」出演のロジェ・カール氏、「巴里」出演のガストン・ジャッケ氏及びクレール・プレリア夫人等が共演している。無声。

監督
マルセル・レルビエ
出演キャスト
ジャック・カトラン エミー・リン ロジェ・カール ガストン・ジャッケ
1921年

酋長の妻

  • 1921年
  • 出演(Guisella de Chamblis 役)

この映画は字幕面に於いてはTriwedi映画となっているがこれはアンリ・ルーセル氏が独立に製作したものでフランスでは1921年の二月にアメリカのセレクトのパリ支社から発売された後あらためて「芸術映画会社」Societe Francaise des Films Artistiques がその世界権利を獲得し大々的に発売された。習俗を異にする異人種間の結婚は結局円満な解決を見る事が出来ないと云う事を述べている。主役のエミー・リンは、最近マルセル・レルビエ氏のパラマウント映画「復活」のカチュウシャに扮している。マルセル・ヴィベール氏共演。無声。

監督
アンリ・ルーセル
出演キャスト
エミー・リン マルセル・ヴィベール アルベール・ブラ G. Bogaert
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エミー・リン