映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・ウォレス

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1962年 まで合計7映画作品)

1962年

六頭の黒馬

  • 1962年6月13日(水)公開
  • 出演(Will_Boone 役)

バート・ケネディの脚本を「情無用の拳銃」のハリー・ケラーが演出した西部劇。撮影はモーリー・ガーツマン、音楽はジョセフ・ガーシェンソンが担当。出演者は、「早射ち無宿」のオーディ・マーフィ、「荒野の追跡」のダン・デュリエのほかにジョーン・オブライエン、ジョージ・ウォレスなど。ゴードン・ケイ製作。

監督
ハリー・ケラー
出演キャスト
オーディ・マーフィ ダン・デュリエ ジョーン・オブライエン ジョージ・ウォレス
1956年

禁断の惑星

  • 1956年9月8日(土)公開
  • 出演(Busun 役)

地球外の惑星を材にとった空想科学スリラー篇。アーヴィング・ブロックとアレン・アドラーの原作から「誘惑」のシリル・ヒュームが脚色、「山荘物語」のフレッド・M・ウィルコックスが監督に当った。撮影監督は「蜘蛛の巣」のジョージ・フォルシー。特殊技術はアーノルド・ギレスピイとウォーレン・ニューカム、これにディズニイ・プロからアーヴィング・G・リイスとジョシュア・メーダが協力、全面的に使用される電子音楽の担当はルイスとビーブ・バロン夫妻。主演は「重役室」のウォルター・ピジョン、「暴力教室」のアン・フランシス、「誘拐」のレスリイ・ニールセン、その他ウォーレン・スティーヴンス、ジャック・ケリーなどが助演する。

監督
フレッド・M・ウィルコックス
出演キャスト
ウォルター・ピジョン アン・フランシス レスリー・ニールセン ウォーレン・スティーヴンス
1955年

一攫千金を夢みる男

  • 1955年8月12日(金)公開
  • 出演(Gunner 役)

「恐怖の土曜日」のバディ・アドラーが製作に当たり、香港にロケーションして撮影された活劇映画である。「紅の翼(1954)」のアーネスト・K・ガンの小説から彼自身が脚色、「情事の終り」のエドワード・ドミトリクが監督した。撮影は「野性の女(1955)」のレオ・トーヴァー、音楽は「恐怖の土曜日」のヒューゴー・フリードホーファーである。「叛逆者」のクラーク・ゲーブル、「野性の女(1955)」のスーザン・ヘイワード以下、「マンボ」のマイケル・レニー、「宇宙戦争」のジーン・バリー、「百万長者と結婚する方法」のアレクサンダー・ダーシー、「ルビイ」のトム・タリー、往年のスター、アンナ・ステンなどが出演。1955年作品。

監督
エドワード・ドミトリク
出演キャスト
クラーク・ゲーブル スーザン・ヘイワード マイケル・レニー ジーン・バリー

星のない男

  • 1955年4月13日(水)公開
  • 出演(Carter 役)

「六つの橋を渡る男」のアーロン・ローゼンバーグが1955年に製作した色彩西部劇。ディ・リンフォードの原作から「ヴェラクルス」のボーデン・チェイスと「凸凹火星探険」のダニエル・D・ビューチャンプが脚色、「ルビイ」のキング・ヴィダーが監督した。テクニカラー撮影は「異教徒の旗印」のラッセル・メティ、音楽は「異教徒の旗印」のジョセフ・ガーシェンソンである。「ユリシーズ」のカーク・ダグラス、「ジャングルの決闘」のジーン・クレイン、「紅の翼(1954)」のクレア・トレヴァー、「紅の翼(1954)」のウィリアム・キャンベル、「六つの橋を渡る男」のジェイ・C・フリッペン、マーナ・ハンセン、マラ・コーディらが出演する。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
カーク・ダグラス ジーン・クレイン クレア・トレヴァー ウィリアム・キャンベル
1954年

第三暗黒街

  • 1954年12月26日(日)公開
  • 出演(O'Neil 役)

ヘイス・ゲーツが1954年に製作した警官対ギャングの闘いを描くドラマで、「タンガニイカ」のウィリアム・サックハイムとダニエル・フックスの脚本からジョセフ・M・ニューマンが監督に当たる。撮影はエリス・W・カーター、音楽はハンス・J・サルターである。出演者は「眠りなき街」のゲイリー・メリル、「対決」のジャン・スターリング、「原子怪獣現わる」のポーラ・レイモンド、「第十一号監房の暴動」のエミール・メイヤー、「紅の翼(1954)」のレジス・トゥーミー、ラモント・ジョンソンなどである。

監督
ジョゼフ・M・ニューマン
出演キャスト
ゲイリー・メリル ジャン・スターリング ポーラ・レイモンド エミール・メイヤー
1952年

追憶の調べ

  • 1952年7月1日(火)公開
  • 出演(Stage Manager 役)

女流ピアニスト、アイリーン・ジョイス(「逢びき」などで陰の演奏に活躍)の少女時代を描くもので、大半オーストラリアにロケして製作された。クレア・H・アブラホールの小説『プレリュード』から、編集出身のマイケル・S・ゴードン(「脱獄者の秘密」などの米国監督マイケル・ゴードンとは別人)が脚色、同時に監督、製作も行っている。撮影は「大荒原」のジョージ・ヒース、音楽監督及び指揮はイーリング作品を担当しているアーネスト・アーヴィングである。アイリーン・ジョイス自身が出演する他、オーストラリアの舞台・ラジオ子役スザンヌ・パレットが主演、以下、ミュリエル・スタインベック、ナイジェル・ロヴェル、ジョン・ウィルトシャイアらが助演する。

監督
マイケル・S・ゴードン
出演キャスト
アイリーン・ジョイス スザンヌ・パレット ナイジェル・ロヴェル ミュリエル・スタインベック

東は東

  • 1952年5月1日(木)公開
  • 出演(Woody_Blacker 役)

山口淑子が、日本人として戦後初の主役を演ずるアメリカ映画でジョセフ・バーンハード製作の1951年度作品。脚本は共同製作者アンソン・ボンドのストーリーを元にして、女流ライターのキャサリン・ターニーが執筆、「白昼の決闘」のキング・ヴィダーが監督に当たった。撮影は「愛と血の大地」のライオネル・リンドン、音楽はエミール・ニューマンとアーサー・ランジの共同。山口淑子(シャーリー・山口)の相手役には「裸の街」のドン・テイラー。助演陣は「帰郷(1948)」のキャメロン・ミッチェル、「西部の怒り」のマリー・ウィンザー、「二世部隊」のレーン・中野、朝鮮人俳優フィリップ・アーンらが登場する。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
山口淑子 ドン・テイラー キャメロン・ミッチェル マリー・ウィンザー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・ウォレス