映画-Movie Walker > 人物を探す > エルナ・モレナ

年代別 映画作品( 年 ~ 1934年 まで合計11映画作品)

1934年

囁きの木蔭(1934)

  • 1934年
  • 出演(Kaiserin Josefine 役)

「たそがれの維納」「女ひとり」のパウラ・ヴェセリーと「マヅルカ」「たそがれの維納」を監督し、「維納の花嫁」に主演したヴィリ・フォルストが顔合わせする映画で、「ジプシー男爵」「F・P一号応答なし」のカール・ハートルが脚色監督に当たり、「シュヴァリエの放浪児」のフランツ・プラナーが撮影し、「夜の鴬」のフランツ・グローテが作曲したもの。助演は「ジャンダーク」のグスタフ・グリュントゲンス、「国際間諜団」のローゼ・シュトラドナー、「夜の鴬」のグスタフ・ヴァルダウ、「別れの曲」のエルナ・モレナ、「あかつき」のマリア・コッペンヘーファー、フランツ・ヘルタリッヒ等。

監督
カール・ハートル
出演キャスト
パウラ・ヴェセリー ヴィリ・フォルスト グスタフ・グリュントゲンス フランツ・ヘルタリッヒ

別れの曲

  • 1934年
  • 出演(La Duchesse d'Orleans 役)

楽聖フレデリック・ショパンの伝記に取材して「春のパレード」を脚色したハンガリーの劇作家エルンスト・マリシュカが脚色し、「モナ・リザの失踪」「春のパレード」のゲザ・フォン・ボルヴァリーが監督に当った映画である。撮影は「ワルツの夢」「少年探偵団」のウェルナー・ブランデスが担当し、台詞は「吼えろ!ヴォルガ」のジャック・ナタンソンが書き、ルネ・クレールの助監督として「最後の億万長者」「パリ祭」に協力したアルベール・ヴァランタンが総指揮に任じた。なおショパンの音楽を編曲に当ったのは伯林国立歌劇場の指揮者アロイス・メリハルである。ショパンには「姿なき殺人」出演の新進ジャン・セルヴェが扮し、助演者はいずれも舞台と映画とに出演している人々、ジャニーヌ・クリスパン、ダニエル・ルクルトワ、リュシエンヌ・ルマルシャン、マルセル・ヴァレ等の腕利きを始め「にんじん」のカトリーヌ・フォントネー、古くから知られているエルナ・モレナ、その他の面々である。

監督
ゲザ・フォン・ボルヴァリー
出演キャスト
ジャン・セルヴェ ジャニーヌ・クリスパン カトリーヌ・フォントネー マルセル・ヴァレ
1927年

グランド・ホテル(1927)

  • 1927年
  • 出演(The Countess 役)

映画評論家として知名のベラ・バラージュ氏のシナリオを映画化したもので、「スワリン姫」と同じくヨハネス・グウター博士が監督した映画である。主役を演じるのは、「ワルツの夢」「第五階級」のマディ・クリスチャンス嬢であるが、そのほか「ファラオの恋」「因縁の指環」のダグニー・セルヴェス嬢、「朝から夜中まで」「ゼノアの騒動」のエルナ・モレナ嬢、ギュンター・ハダンク氏、監督としても知られているパウル・オットー氏、ハリー・ハルト氏、エリザベート・ノイマン嬢、等が主役を助けて出演している。(無声)

監督
ヨハネス・グウター
出演キャスト
マディ・クリスチャンス ハリー・ハルト エリザベート・ノイマン エルナ・モレナ
1924年

アルプス征服

  • 1924年
  • 出演(His Wife 役)

アーノルド・ファンクの作品としては今迄に公開されたものの内で一番古いものである。(無声)

監督
アーノルド・ファンク
出演キャスト
ハンネス・シュナイダー フリーダ・リヒャルト エルナ・モレナ ルイス・トレンカー

母と子(1924)

  • 1924年
  • 出演(Lillian his wife 役)

「ユーディット」を書いたので有名なドイツの戯曲家ウィリアム・ヘッベル氏の原作を、ロベルト・リープマン氏とワルター・ズッパー氏が脚色し、カール・フレーリッヒ氏が監督したもので、主役は「朝から夜中まで」「ウィリアム・テル(1922)」等出演のエルナ・モレナ嬢、「デセプション」「白黒姉妹」等出演のヘンニ・ポルテン嬢で、その他フリードリッヒ・カイスラー氏、ヴィルヘルム・ディーゲルマン氏等が出演する。無声。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
フリードリッヒ・カイスラー エルナ・モレナ ヴィリー・フリッチ ヴィルヘルム・ディーゲルマン
1922年

ライン悲愴曲

  • 1922年
  • 出演(Elisabeth Christine 役)

1922年にアルツェン・フォン・チェンピー氏が努力を傾注して製作した大作品で、ドイツ公開の際は全四篇に別れていたものである。ワルター・フォン・モロ氏の小説に材を得てハンス・ベイレント氏とアルツェン・フォン・チェンピー氏が映画に脚色し、チェンピー氏自ら監督している。主役フレデリック大王に扮するのは「かつら」によって妙技を知られているオットー・ゲビュール氏で、そのほか「蝙蝠」「思い出」等に出演し先年物故したエファ・マイ嬢、「朝から夜中まで」のエルナ・モレナ嬢、「女ハムレット」のエドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン氏、「野鴨」のアルバート・シュタインリュック氏、「幽魂は語る」のアグネス・シュトラウブ嬢、「タルチュフ」のヴェルナー・クラウス氏、「カルメン(1918)」出演のレオポルド・フォン・レデブール氏、F・W・カイザー氏、フリッツ・ラスプ氏などの名優連が総出演している。無声。

監督
アルツェン・フォン・チェンピー
出演キャスト
オットー・ゲビュール エルナ・モレナ エファ・マイ アルバート・シュタインリュック

ウィリアム・テル(1922)

  • 1922年
  • 出演(Bertha Bruneck 役)

原作はフリードリッヒ・シルレルの戯曲『ウィルヘルム・テル』。ウィリー・ラス氏脚色。ハンス・マール氏、コンラート・ファイト氏、エルナ・モレナ嬢、クセニア・デスニ嬢が出演。ルドルフ・ドウォルスキー氏の監督。無声。

監督
ルドルフ・ドウォルスキー
出演キャスト
コンラート・ファイト ヘルマン・ヴァレンティン エルナ・モレナ ヨハネス・リーマン
1920年

アルゴール

  • 1920年
  • 出演(Yellow Ward 役)

此の映画は『力の悲劇』Tragedy of Powerと銘打ってある通り『力』というものの本然の使命を説明したものである。又物理学上有名な無限廻転機(実現不可能なる)が実現した事にしてある所が変わっている映画。背景装置に多大の表現派味を帯びて居る。無声。

監督
ハンス・ウェルクマイスター
出演キャスト
エミール・ヤニングス ハンナ・ラルフ ゲルトルード・ヴェルケル エルンスト・ホフマン

朝から夜中まで

  • 1920年
  • 出演(The Lady 役)

背景、扮装を始め演出に至るまで多大な表現派様式を取り入れた物で、ゲオルグ・カイザー氏の舞台劇をロベルト・ヘッパッハー氏が脚色し、カールハインツ・マルティンが監督した映画である。主役はエルンスト・ドイッチ氏、その他「鼠」「ゲニーネ」出演のハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー氏や「アルゴール」等出演のエルナ・モレナ嬢が共演している。無声。

監督
カールハインツ・マルティン
出演キャスト
エルンスト・ドイッチ エルナ・モレナ ハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー Eberhard Wrede
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エルナ・モレナ