映画-Movie Walker > 人物を探す > オッシ・オスヴァルダ

年代別 映画作品( 1916年 ~ 2006年 まで合計10映画作品)

2006年

牡蠣の王女

  • 2006年7月16日(日)公開
  • 出演

友人を羨み貴族との結婚をせがむ成金の娘が結婚した相手は実は貴族の召使だった…。ドイツ時代のエルンスト・ルビッチが監督したコメディ。出演はヴィクトル・ヤンソン、オッシ・オスヴァルダほか。2006年7月16日より、東京・有楽町朝日ホールにて開催された「ドイツ映画祭2006」内「ルビッチ再発見」にて復元版(58分・20コマ/秒)がピアノ伴奏つきで初上映。2013年12月21日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「映画史上の名作10」にてデジタル上映(60分)。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ヴィクトル・ヤンソン オッシ・オスヴァルダ ハリー・リートケ
1924年

コリブリ

  • 1924年当年公開
  • 製作、出演(Colibri 役)

昨年の夏創立されたヴェスティ社の第一回発売映画で、パウル・フランク氏の同じ名の小説に基きフランツ・ローヒ氏が脚色し、ヴィクトル・ヤンソン氏が監督の任に当った。主役は「花嫁人形」「舞踊の花形」等で知られているオッシ・オスヴァルダ嬢で、監督のヤンソン氏やブルーノ・カストナー氏等が相手役を勤めている。無声。

監督
ヴィクトル・ヤンソン
出演キャスト
オッシ・オスヴァルダ ヴィクトル・ヤンソン Franz von Egenieff ブルーノ・カストナー

あこがれの処女

  • 1924年当年公開
  • 出演(Niniche 役)

ロベルト・リープマン氏とフランツ・ローヒ氏との合作脚色になり、「コリブリ」「仮面の女」等と同じくヴィクトル・ヤンソン氏が監督製作したオッシ・オスヴァルダ映画で、「コリブリ」「仮面の女」等出演のオスヴァルダ嬢が主役を演じ、相手役は「或る女の手記」「処女時代」等出演のリヴィオ・パヴァネリ氏で監督ヤンソン氏も「コリブリ」「仮面の女」等と同じく助演し、ヴィヴィアン・ギブソン嬢も出演している。無声。

監督
ヴィクトル・ヤンソン
出演キャスト
オッシ・オスヴァルダ ヴィヴィアン・ギブソン リヴィオ・パヴァネリ ヴィクトル・ヤンソン
1922年

仮面の女(1922)

  • 1922年当年公開
  • 製作、出演(Ossi 役)

ドイツのメー・マレー映画とでもいえば見当が付きそうな、オッシ・オスヴァルダ嬢が独りでお転婆振りを発揮して踊り狂うために作られたような作品。無声。

監督
ヴィクトル・ヤンソン
出演キャスト
オッシ・オスヴァルダ
1919年

花聟探し

  • 1919年当年公開
  • 出演(Flossy 役)

前の「男になったら」「舞踊の花形」等と先ず同型の喜劇。主役オッシ・オスヴァルダ嬢の巧みなダンスや肉体美等が見物。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
オッシ・オスヴァルダ ハリー・リートケ

花嫁人形(1919)

  • 1919年当年公開
  • 出演(Ossi 役)

戦後のドイツ国民の考えを知るに適当な風刺劇で、女の数が多く成り、男は軍人にも成れない程な弱虫ばかりと成るとして、骨を刺す皮肉が劇の仮面の下に示されて居る、主役は新顔のオッシ・オスヴァルダ嬢で、ヘルマン・ティーミッヒ氏が相手である。出て来る人々の役名が全部フランスやイタリアの姓名なのも一種の皮肉であろう。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
マックス・クロネルト ヘルマン・ティーミッヒ ヴィクトル・ヤンソン マルガ・ケーラー
1918年

男になったら

  • 1918年当年公開
  • 出演(His Niece 役)

我国には「白黒姉妹」又は「花嫁人形」の如き名喜劇の紹介によって我人の耳目を驚かし、又欧米には「パッション(1919)」「デセプション」の如き大作を出した事によって雷霆の如く鳴り轟く、ドイツにおける第一流の大監督ルビッチュ氏の製作した小品喜劇映画である。「花嫁人形」で大当たりを取ったオッシ・オスヴァルダ、クルト・ゲッツ、「憐みの心」のマルガレーテ・クップァー出演。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
Ferry Sikla オッシ・オスヴァルダ マルガレーテ・クップァー クルト・ゲッツ

舞踊の花形

  • 1918年当年公開
  • 出演(Ossi 役)

「男になったら」のエルンスト・ルビッチュ監督作。オッシ・オスヴァルダがお得意のダンスをフンダンに見せる。「パッション(1919)」で普く名を知られたハリー・リートケ氏が相手役を演じ、「マリア・マグダレナ」や「パッション(1919)」で恐ろしい役を演じた名優ラインホルト・シュンツェル氏と「花嫁人形」のヴィクトル・ヤンソン氏が共演している。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
オッシ・オスヴァルダ ハリー・リートケ ラインホルト・シュンツェル ヴィクトル・ヤンソン

輝きの前に

  • 1918年当年公開
  • 出演(Ossi 役)

戦争の実写が主で、場面が汚いのは惜しい。「花嫁人形」で紹介されたオッシ・オスヴァルダ嬢が出演している。無声。

監督
ゲオルク・ヤコビー
出演キャスト
アドルフ・クライン オッシ・オスヴァルダ カール・オーエン Kurt Ehrle
1916年

出世靴屋

  • 1916年当年公開
  • 出演

「パッション(1919)」「欺瞞」「ジプシーの血」等を監督して近来アメリカに迄も名声高きルビッチュ氏の監督自演になる、ドイツ物の喜劇。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
グイド・ヘルツフェルト エルゼ・ケンテル エルンスト・ルビッチ オッシ・オスヴァルダ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オッシ・オスヴァルダ