TOP > 人物を探す > ドロシー・バージェス

年代別 映画作品( 1929年 ~ 2013年 まで合計19映画作品)

2013年

鎖につながれた女たち

  • 2013年10月21日(月)
  • 出演

ギャングの支配下にある女子少年院に赴任し、過酷な状況下にいる少女たちを救おうとする女教師を描くサスペンス映画。監督はエドガー・G・ウルマー。出演はアーリーン・ジャッジ、ロジャー・クラーク、ロビン・レイモンドほか。2013年10月12日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「エドガー・G・ウルマーとゆかいな仲間たち」にてデジタル上映。

監督
エドガー・G・ウルマー
出演キャスト
アーリン・ジャッジ ロジャー・クラーク ロビン・レイモンド バーバラ・ペッパー
1935年

うるさき人々

  • 1935年
  • 出演(Lulu_Stevenson 役)

「痴人の愛」「泉」「恋の歌」のジョン・クロムウェルが監督した映画で、「南風」「あめりか祭」と同じくフィル・ストングの小説の映画化。脚色は「トップ・ハット」のアラン・スコットが任じ、撮影は「ロマンその街角」のニック・ミニズラカの担当。出演者は「ロバータ」「薔薇はなぜ紅い」のランドルフ・スコット、「雁(かりがね)」「痴人の愛」のケイ・ジョンソンを始め、「ロマンスの街」のアーサー・ホール、運ちゃん武勇伝」のロバート・バラット、「曲芸団」のジャネット・ビーチャー、「影無き男(1934)」のエドワード・エリス、ドロシー・バージェス等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ランドルフ・スコット ケイ・ジョンソン アーサー・ホール ロバート・バラット
1934年

流行の王様

  • 1934年
  • 出演(Glenda 役)

「ケンネル殺人事件」「宝石泥棒」のウィリアム・パウエルが主演する映画で、ハリー・コリンズとウォーレン・ダフが書き下ろしたストーリーを「紅唇罪あり」「真夜中の処女」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同して改作し、「肉の蝋人形(1933)」のカール・エルックソンがF・ヒュー・ハーバートと共同脚色し、「暁の砂漠」「宝石泥棒」のウィリアム・ディーターレが監督にあたり、「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「失踪者三万人」「母」のベティ・デイヴィス、「肉の蝋人形(1933)」「生の創め」のフランク・マクヒュウ、「豪華船」「殺人魔の魂」のヴェリー・ディーズデールを始め、「凡その人の人生」のレジナルド・オーウェン、新人フィリップ・リード、「世界は還る」のゴードン・ウェストコット及びヘンリー・オニール、「失踪者三万人」のヒュー・ハーバート、「死線突破」のドロシー・バージェス等で、「フットライト・パレード」のバスビー・バークレーが舞踏創案並びに振り付けにあたっている。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ベティ・デイヴィス フランク・マクヒュー ヴェリー・ティーズデール

坊やが盗まれた

  • 1934年
  • 出演(Dotty 役)

「ゆりかごの唄」に次ぐドロテア・ヴィーク第2回主演映画で、ルパート・ヒューズが書き下ろしたストーリーを、「自由の魂」の原作者アデラ・ロジャース・セント・ジョンが脚色し、ジェーン・スロームが撮影台本を作り、「ブルースを唄う女」「419号室の女」の共同監督アレクサンダー・ホールが単独監督にあたり、「荒浪越えて」「裸一貫(1931)」のアルフレッド・ギルクスが撮影したもの。「紐育・ハリウッド」の出演している返り咲きのアリス・プラディーが共演し、「坊やはお休み」「ブルースを唄う女」のベビイ・レロイ、「ママはパパが好き」「心の青空」のジョージ・バービア、「海の密室」「暴風の処女」のジャック・ラルー、アワ・ギャング喜劇のスター、スパンキー・マクファーランド、「母」のアラン・ヘール「荒浪越えて」のウィリアム・フローリイ等助演。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ドロテア・ヴィーク アリス・ブラディ ベビー・ルロイ ウィリアム・フローリー

ブラウンのサーカス

  • 1934年
  • 出演(Babe 役)

「ブラウンの本塁打」と同じくパトリシア・エリスを相手としてジョー・E・ブラウンが主演する映画で「メリケン万歳爆走の巻」と同じくバート・カルマーとハリー・ルビーが原作脚色し、「二千万人の恋人」「劇場王ブラウン」のレイ・エンライトが監督し「女性二重奏」のシッド・ヒコックスが撮影した。助演者は「流行の王様」のドロシー・バージェス及びゴードン・ウェストコット、「笑う巨人」のドナルド・ディラウェイその他である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン Chuckles Howard パトリシア・エリス ドロシー・バージェス

今日の男性

  • 1934年
  • 出演(Hazel 役)

「餓ゆるアメリカ」「異人種の争闘」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ルイ・ブロスフィールドの原作を「真夜中の処女」「紅唇罪あり」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同脚色し、「ドン・キホーテ」「三文オペラ」のG・W・パプストが渡米第1回作品として監督にあたり、「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「世界は還る」のジーン・ミューア、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール及びドロシー・バージェス、「彼の第六感」のホバート・カヴァナ、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、「紅唇罪あり」のアーサー・ホール、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッジ等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジーン・ミューア マージョリー・ランボー ヴェリー・ティーズデール
1933年

春の火遊び

  • 1933年
  • 出演(Gypsy 役)

「紅塵」で共演した「プラチナ・ブロンド」のジーン・ハーロンと「ホワイト・シスター(1933)」のクラーク・ゲーブルとが再び共演主演する映画で、「カイロの一夜」「私重役様よ」のサム・ウッドが監督したものである。原作はさきにハーロン主演映画で我が国では検閲不許可になった「赤毛の女」を書いたアニタ・ルースが書き下ろしたもので、脚色にはルース自身が「闇に踊る(1932)」のハワード・エメット・ロジャーズと共同してあたった。助演者は「恋愛百科全書」のスチュアート・アーウィン、「女囚の意気地」のドロシー・バージェス、「最後の一人まで(1933)」のミュリエル・カークランド、それからギャリー・オーウェン、テレサ・ハリス、等である。カメラは「紅塵」「奥様御寵愛」等のハロルド・ロッスンの担任。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ジーン・ハーロウ クラーク・ゲーブル スチュアート・アーウィン ドロシー・バージェス

絶対の秘密

  • 1933年
  • 出演(Bessie 役)

「七万人の目撃者」と同じくラルフ・マーフィーが監督したもので、「拳闘のキャグネー」のウィルスン・ミッズナーとロバート・T・シャノンの原作をウィラード・マックとピートリス・バンヤードが共同で脚色したもの。出演者は「沈黙(1931)」「太平洋爆撃隊」のマージョリー・ランボー、「七万人の目撃者」「春ひらく(1931)」のドロシー・ジョーダン、「ビッグ・マネー」のエディ・クィラン、「仮面の米国」のエドワード・エリス、「追いつめられた女」のルイス・カルハーン、「タクシー」のドロシー・バージェス、「デリシャス」のオリーヴ・テル、「闇に踊る(1932)」のデイヴィッド・ジェニングス等で撮影はミルトン・クラスナーの担当である。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
マージョリー・ランボー エドワード・エリス ドロシー・ジョーダン エディ・クィラン

素晴らしき人生

  • 1933年
  • 出演(Al_Moran 役)

「武装ラグビー」「曠原の伊達男」のアルフレッド・ワーカーが監督した音楽映画で「デリシアス」「赤道を泳ぐ女」のラウル・ロウリンが主演するもの。原作ジョン・D・スウェイン、脚色ポール・ペレス、作詞作曲ウィリアム・カーネル、舞踏振り付けサミィ・リー。撮影は「月世界征服(1931)」のロバート・プランクの担任。助演者は「419号室の女」「魔の家(1932)」のグロリア・スチュアート、「シマロン(1931)」のエドナ・メイ・オリヴァー、「カヴァルケード」のハーバート・マーシュ、「女囚の意気地」のドロシー・バージェス、エマ・ダン等である。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
ラウル・ロウリン グロリア・スチュアート エドナ・メイ・オリヴァー ハーバート・マンディン

女囚の生活

  • 1933年
  • 出演(Susie 役)

「母」「たそがれの女」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、ドロシー・マッケイとカールトン・マイルス合作の舞台劇に基づいて「仮面の米国」のブラウン・ホームズがウィリアム・マクグラスおよびシドニー・サザーランドと共同して脚色し、「五里霧中」「逃走の島」のハワード・ブレザートンがウィリアム・ケイリーと共同して監督に当たった。カメラは「女性に捧ぐ」「十三号室の女」のジョン・サイツの担任である。助演者は「海底マラソン」「ドクターX」のブレストン・S・フォスター、「春なき二万年」のライル・タルボット「ラスカ」「タクシー」のドロシー・バージェス、「放浪の王者(1930)」「凸凹海軍」のリリアン・ロス、デウィット・ジェニングスス等である。

監督
ハワード・ブレザートン ウィリアム・ケイリー
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック プレストン・S・フォスター ライル・タルボット ドロシー・バージェス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ドロシー・バージェス

ムービーウォーカー 上へ戻る