TOP > 人物を探す > マキシム・デジャルダン

年代別 映画作品( 1913年 ~ 1930年 まで合計7映画作品)

1930年

黄色の部屋

  • 1930年
  • 出演(Professeur Stangerson 役)

フランス探偵小説作家としてモーリス・ルブランと共に世界的に有名なガストン・ルルーの傑作『黄色の部屋の秘密』をトーキー化したもので「金」「バラライカ」のマルセル・レルビエが脚色監督し、「掻払いの一夜」と同じくビュレルとニコライ・トポルコフが共同で撮影した。出演者は、「ケエニクスマルク」「犠牲」のユゲット・デュフロを始め、コメディー・フランセーズ座付きのマキシム・デジャルダン、新人ローラン・トゥータン、マルセル・ヴィベール、エドモン・ヴァン・ダエル、レオン・ベリエール、キッサ・クープリーヌ、ピエール・ジュヴネ等である。

監督
マルセル・レルビエ
出演キャスト
ユゲット・デュフロ マキシム・デジャルダン ローラン・トゥータン マルセル・ヴィベール
1928年

西部大戦線

  • 1928年
  • 出演(Charles Duchene 役)

ガブリエル・ル・フォール氏作の戦争小説を映画化したもので、アレクサンドル・デュジェ氏とアレクサンドル・リデェ氏とが共同監督し、戦争場面はジョエ・ハマン氏指揮のもとに撮影された。キャメラはルネ・ガヴォー氏、ポール・ポルティエ氏、モニオ氏が担任した。出演者は「戦争と平和」のマキシム・デジャルダン氏、「カルメン(1926)」のジャン・ミュラー氏、「港町にて」のジョルジュ・シャルリア氏、ベルト・ジャラベール夫人、新進のミシェル・ヴェルリー嬢、「春来りなば」のアンドレ・ウーゼ氏、カミュ氏、J・F・マルシャル氏等である。ジャック・アイク社がフランス政府の後援を得て製作した特作品である。(無声)

監督
アレクサンドル・リデェ アレクサンドル・デュジェ
出演キャスト
マキシム・デジャルダン ジャン・ミュラー ジョルジュ・シャルリア ベルト・ジャラベール
1925年

辻芸人の悲哀

  • 1925年
  • 出演(Mr. Privat 役)

「叔父の後継」と同じくアルフレッド・マシャン氏とアンリ・ウルシュレゲル氏とが共同監督した例の動物応用のマシャン映画で、コメディ・フランセーズ座の名優モーリス・ド・フェロディ氏がオーギュストと共演している。その他「叔父の後継」出演のジネット・マディー嬢、「破邪の栄冠」出演のコメディ・フランセーズ座員マキシム・デジャルダン氏、ジャック・ルーセル氏、ジュヌヴィエーヴ・ポアリエ嬢及び子役クロクロ君が出演している。無声。

監督
アルフレッド・マシャン アンリ・ウルシュレゲル
出演キャスト
モーリス・ド・フェラウディ ジネット・マディ マキシム・デジャルダン Jeanne Mea

剣の栄冠

  • 1925年
  • 出演(Phlppe d'Orleans 役)

パリのジャック・アイーク商会が製作発売した映画で十九世紀の著名フランス通俗作家ポール・フェヴァル氏の『せむし』に原作をとり「ヴィドック」の監督者ジャン・ケム氏及びアンリエット・ケム夫人に依って監督されたもので連続映画的なかなりの大物である。主役としては「巴里」出演のガストン・ジャッケ氏、「プリンス・チャーミング」出演のクロード・フランス嬢が活躍し、其他コメディー・フランセーズ座付俳優であったり、「戦争と平和」等出演のマキシム・デジャルダン氏「酋長の妻」「征服されし人々」等のマルセル・ヴィベール氏「スルクーフ」等のジャン・ローレット氏及び名花ニルダ・デュプレッシー嬢等が出演している。無声。

監督
ジャン・ケム アンリエット・ケム
出演キャスト
クロード・フランス ニルダ・デュプレッシー ガストン・ジャッケ マルセル・ヴィベール
1921年

三銃士(1921・フランス)

  • 1921年
  • 出演(M. de Treville 役)

ド・マクス氏はコメデフランセーズ座会員。マキシム・デジャルダン氏(「戦争と平和」出演)は同座付俳優。エーメ・シモン・ジラール氏がダルタニァンを演じる。(無声、十三篇)

監督
アンリ・ディアマン・ベルジェ
出演キャスト
エーメ・シモン・ジラール ド・マクス マキシム・デジャルダン アンリ・ロラン
1919年

戦争と平和(1919)

  • 1919年
  • 出演

アベル・ガンスが自らのシナリオによった大作で、原題は『余は弾劾す』。平和なフランスの農村が戦火によって蹂躙され、ヒロインは敵兵に貞操を奪われ、彼女を恋する一人は戦死し、もう一人も戦争を呪いつづけながら死んで行くという悲惨な戦争への回想を描く。映画史上不朽の傑作の一つにあげられている。なおガンスは38年にこのトーキー版を、56年には三面ポリヴィジョン版をつくった。

監督
アベル・ガンス
出演キャスト
ロミュアル・ジューベ セヴラン・マルス マリーズ・ドーヴレー マキシム・デジャルダン
1913年

祖国(1913)

  • 1913年
  • 出演(Le Duc D'Albe 役)

ヴィクトリアン・サルドウ氏の原作に成ったもので、十六世紀のベルギーが背景である。愛国者リヅール伯に扮するのは「噫無情」「浮浪者」主演のアンリ・クロース氏である。その他マキシム・デジャルダン氏、ポール・カペラニ氏、ヴェラ・セルジーヌ夫人等が出演して居る。背景にブラッセル、イープル等の実景を使用し実に鮮麗な撮影の技術が見られる。当時、すでにクラシック作品として見られた旧作で、カットバックもクローズアップもない時代の作品。(無声、全五篇)

監督
アルベール・カペラニ
出演キャスト
アンリ・クロース マキシム・デジャルダン ポール・カペラニ ヴェラ・セルジーヌ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マキシム・デジャルダン