映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ヘインズ

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1932年 まで合計30映画作品)

1932年

快走艇

  • 1932年当年公開
  • 出演(Sandy 役)

「メリケン押切帳」「裸一貫(1931)」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画でE・J・ラスの原作に基づき「特集社会面」「支配する声」のバイロン・モーガンが「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスと共同して脚色し、「僕の武勇伝」「燃ゆる海原」のハリー・ポラードが監督に当たり、「太平洋爆撃隊」「若き血に燃ゆる頃」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。助演者は「若き血に燃ゆる頃」「戦く幻影」のマッジ・エヴァンスを始め「太平洋爆撃隊」「マデロンの悲劇」のクリフ・エドワーズ、「コンゴ」「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「海底マラソン」のアーサー・バイロン、「お気に召すまま」のウォーバートン・ギャンブル、アルバート・グラン、ケネス・トンプソン等という顔ぶれである。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ マッジ・エヴァンス コンラッド・ネーゲル アーサー・バイロン
1931年

裸一貫(1931・アメリカ)

  • 1931年当年公開
  • 出演(John_Paul_Bart 役)

ハリイ・ジェイムス・スミスの手になれる舞台劇からエドガー・アレン・ウルフが脚色し、「海行かば(1930)」「盗んだ結婚」のサム・ウッドが監督し、「連隊の花形」「駄法螺成金」のアルフレッド・ギルクスが撮影した映画で、主演者は「世界の與太者」「盗んだ結婚」のウィリアム・ヘインズ、これを助けて「惨劇の波止場」「罪は若きにあり」のドロシー・ジョーダン、「春ひらく(1930)」のジョセフ・カウソーン、「インスピレーション」のマージョリー・ランボー、ウィリアム・オースティン、アイアン・キースその他が出演している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ ドロシー・ジョーダン ジョセフ・カウソーン マージョリー・ランボー
1930年

世界の与太者

  • 1930年当年公開
  • 出演(Windy 役)

「エロチック艦隊」「スピードウェイ」と同じくウィリアム・ヘインズの主演映画でバイロン・モーガン、アルフレッド・ブロックがストーリーを組み立て執筆した撮影台本を基に「愛の太鼓」「女の秘密」のフレッド・ニブロが監督し、「鉄路の王者」「スピードウェイ」のヘンリー・シャープが撮影した。主演者を助けて「侠盗ヴァレンタイン」「キートンの結婚狂」のリーラ・ハイアムス、「有頂天代」「スポーツ王国」のクリフ・エドワーズ、「スポーツ王国」のポリー・モーラン、フランシス・ブッシュマン・ジュニア・チャールズ・ミドルトンその他が顔を出している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ リーラ・ハイアムス ポリー・モーラン クリフ・エドワーズ

盗んだ結婚

  • 1930年当年公開
  • 出演(Tom_Ward 役)

「世界の与太者」「エロチック艦隊」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画で原作はA・P・ヤンガーが執筆、脚色は「ブロードウェイ・メロディー」のサラ・Y・メイソンがあたり、「鴛鴦の舞」のサム・ウッドが監督を受け持った。主演者を助けて「ビッグ・ハウス」「世界の与太者」のリーラ・ハイアムス、「世界の与太者」のポリー・モーラン、「アンナ・クリスティ」のマリイ・ドレスラー、フランシス・X・ブッシュマン・ジュニア、その他が助演。カメラは「海魔」「グレイト・ガッポ」のアイラ・モーガンが担任している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ リーラ・ハイアムス ポリー・モーラン マリー・ドレッスラー

恋愛放送局

  • 1930年当年公開
  • 出演(William_J._Brennan 役)

クライド・ノース、アルバート・C・フラー、ジャック・ネルソン3人の合作による舞台劇より「俺は渡り鳥」「モンタナの月」のフランク・バトラーとシルヴィア・サルバーグとが改作し「グレイト・ガッポ」のF・ヒュー・ハーバートとロバート・E・ホプキンスとが台詞を付し、F・ヒュー・ハーバートが撮影台本にまとめ上げたものに基づいて「キートンの決死隊」「キートンのエキストラ」のエドワード・セジウィックが監督にあたった映画で、主演者は「世界の与太者」「エロチック艦隊」のウィリアム・ヘインズ。助演者として「ブロードウェイ・メロディー」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・キング、「結婚双紙」「紐育の囁き」のメアリー・ドーラン、「スピードウェイ」のジョン・ミルジャン、ポリー・モーラン、J・C・ニュージェント、エドワード・ヌージェント、ウィルバー・マック、ジェームズ・ドンラン、エドワード・プロフィーが出演する。カメラは「肉体の呼ぶ声」「黎明の剣士」のメリッド・B・ガースタットが担任。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ チャールズ・キング メアリー・ドーラン ジョン・ミルジャン

キートンのエキストラ

  • 1930年12月31日(水)公開
  • 出演(A-guest 役)

「キートンのカメラマン」「キートンの結婚狂」と同じくバスター・キートン氏が主演する映画で、原作並びに脚色は「大飛行艦隊」「ハレルヤ」のリチャード・スカイヤー氏。それをポール・ディッキー氏が潤色し、アル・ボースバーグ氏が台詞をつけ、「キートンの結婚狂」「キートンのカメラマン」のエドワード・セジウィック氏が監督した。助演者には「踊る娘達」「大飛行艦隊」のアニタ・ペイジ嬢、「スポーツ王国」のロバート・モンゴメリー氏、トリクシー・フリガンザ夫人のほか監督として有名なフレッド・ニブロ氏やM・G・Mの名スター連が顔を並べているキャメラは「スポーツ王国」のレナード・スミス氏が担任している。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
バスター・キートン アニタ・ペイジ トリクシー・フリガンザ ロバート・モンゴメリー
1929年

エロチック艦隊

  • 1929年当年公開
  • 出演(Kelly 役)

「スピードウェイ」「若殿頑張る」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画である。「翼の騎手」の原作者レイモンド・エルシェロック執筆のストーリーから「若殿頑張る」「恋愛戦線」のデール・ヴァン・エヴァリーが脚色し、「恋多き女」「黄金の世界へ」のクラレンス・ブラウンが監督し、「黎明の剣士」「俺は曲芸師」のメリット・B・ガースタッドが撮影したもの。主演者を助けて「キートンのエキストラ」「スピードウェイ」のアニタ・ペイジ、「俺は曲芸師」「俺は水兵」のカール・デーン、「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」のエディス・チャップマン、舞台出のJ・C・ニュージェントその他が出演している。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ アニタ・ペイジ カール・デーン J・C・ニュージェント

侠盗ヴァレンタイン

  • 1929年当年公開
  • 出演

「スピードウェイ」「若殿頑張る」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画で、ポール・アームストロング原作の戯曲から「アンクル・トムス・ケヴィン」「天使の顔」のA・P・ヤンガーが脚色し、「ブロードウェイ・メロディー」のサラ・Y・メイソンが撮影台本を執筆し、「大学のブラウン」「密輸入者の恋」のジャック・コンウェイが監督した。助演者は「ザンジバルの西」「ホリウッド・レビュー」のライオネル・バリモア「キートンの結婚狂」「遙かなる叫び」のリーラ・ハイアムス、「俺は曲芸師」のカール・デーン、タリー・マーシャル等でカメラは「知られぬ人」「俺は曲芸師」のメリット・B・ガースタッドが担任している。ちなみにこのストーリーは1920年にも1度映画化されたことがあるものである。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ ライオネル・バリモア リーラ・ハイアムス カール・デーン

スピードウェイ(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Bill_Whipple 役)

「活動役者」「世界に告ぐ」と同じくウィリアム・ヘインズ氏の主演映画で、「世界に告ぐ」「大飛行艦隊」「ブロードウェイ・メロディー」のアニタ・ペイジ嬢、「俺は探偵」「俺は曲芸師」のカール・デーン氏、「シンガポール」「コサック(1928)」のアーネスト・トーレンス氏、ジョン・ミルジャン氏、ユージェニー・ベッセラー夫人、ポリー・モーラン嬢が助演している。バイロン・モーガン氏の原作から同氏及びアル・ブロック氏、アン・プライス女史が共同脚色をなし「踊る娘達」「ブロードウェイ・メロディー」のハリー・ボーモン氏が監督し、「滑れケリー」「鉄假面」のヘンリー・シャープ氏が撮影したものである。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ アニタ・ペイジ アーネスト・トーレンス カール・デーン

ホリウッド・レビュー

  • 1929年当年公開
  • 出演

発声映画創始以来最初の純粋なレビュー映画でメトロ・ゴールウィン・メイヤー社のスターが総出演している。即ちマリオン・デイヴィース嬢、ジョン・ギルバート氏、ノーマ・シアラー嬢、ウィリアム・ヘインズ氏、ジョーン・クローフォード嬢、バスター・キートン氏の6大スターをはじめ、ベシー・ラヴ嬢、チャールズ・キング氏、ライオネル・バリモア氏、アニタ・ペイジ嬢、マリー・ドレッスラー嬢、ガス・エドワード氏、ディーン及びアーサー、アルバーティナ・ラッシュ・バレー団、ナターシャ・ナットーヴァ一座が出演する。全2部に分けられ約20場面のレヴューが演ぜられる。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ジョン・ギルバート ノーマ・シアラー ウィリアム・ヘインズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ヘインズ