映画-Movie Walker > 人物を探す > エディット・メラー

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1935年 まで合計6映画作品)

1935年

ミルトンの幸運児

  • 1935年公開
  • 出演(Jeanne 役)

「ミルトンの与太者」「ミルトンの一攫千金」と同じくレオン・マトが監督したジョルジュ・ミルトン主演映画で、アンドレ・バルド作、ラウール・モレッティ作曲のオペレットに取材して、右記二映画と同じくルネ・ピュジョールが脚色したもの。助演者は「巨人ゴーレム(1936)」「巴里-伯林」のジェルメーヌ・オーセエ、「若き日」、「沐浴」のポーレット・デュボー、「泣き笑い千法札」のアキスタパース、「掻払いの一夜」の故エディット・メラ、「胡椒娘」のエチュパール、「赤ちゃん」のポーリーヌ・カルトン、「上から下まで」のモルトン、其の他多勢である。撮影はルネ・ガヴォーとポール・ポルティエが担当。音楽はミシェル・レヴィーンが編曲、指揮に当たっている。

監督
レオン・マト
出演キャスト
ジョルジュ・ミルトン ジェルメーヌ・オーセエ ポーレット・デュボー アキスタパース
1930年

掻払いの一夜

  • 1930年公開
  • 出演(Ivonne 役)

フランスの新興映画会社の一で最も活発に仕事をしているフィルム・オッソーの作品でアンリ・ドコアンが特に書卸した原作により新進のアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが脚色し、「六十八番の花嫁」「ポンペイ最後の日(1926)」等を監督したカルミネ・ガローネがオッソーに於けるトーキー第二回作品として監督に当たったもので「バラライカ」のビュレルと「白魔」のニコライ・トポルコフが共同で撮影した。主演者は「巴里の屋根の下」のアルベール・プレジャンで、「ル・ミリオン」のアナベラが相手役を勤め、コンスタン・レミー、リュシアン・バルウ、エディット・メラ、レルネルが助演している。

監督
カルミネ・ガローネ
出演キャスト
アルベール・プレジャン アナベラ エディット・メラ コンスタン・レミー
1921年

熱国の呪

  • 1921年公開
  • 出演(Eleanor Glyn 役)

エディット・メラー嬢とハリー・リートケ氏の共演になった人情活劇である。無声。

出演キャスト
エディット・メラー Ernest Dernburg ハリー・リートケ ゲオルク・アレクサンダー
1920年

無名の快傑

  • 1920年公開
  • 出演(Conchita 役)

連続活劇とは云うものの殆ど喜劇である。主人公探偵の智恵くらべ、千変万化の変装、それにコペンハーゲン、サハラの沙漠、オランダ等と毎篇活躍の舞台を変えて行くことと相当に金のかかったセットが見物。ハリー・リートケが丁度アメリカのG・B・サイツのような役所を演じる。相手役はマディ・クリスチャンス。(無声、六篇)

監督
ゲオルク・ヤコビー
出演キャスト
ハリー・リートケ パウル・オットー ヤコブ・ティートケ マディ・クリスチャンス

山猫ルシカ

  • 1920年公開
  • 出演(His Daughter 役)

「カルメン(1918)」の脚色をしたハンス・クレリ氏と、監督をしたエルンスト・ルビッチュ氏とが、原作及び脚色をし、ルビッチュ氏が監督をした喜劇。主役は「カルメン(1918)」「パッション(1919)」等のポーラ・ネグリ嬢である。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ポーラ・ネグリ パウル・ハイデマン ヴィクトル・ヤンソン マルガ・ケーラー
9999年

マチステの義侠

  • 不明公開
  • 出演(Sanny his daughter 役)

「銀山王」と同様のマチステ式の悠長な活劇。監督者ルイジ・ロマノ氏はイタリアに居る時代からマチステ映画を監督した人である。エルゼ・フラー嬢共演。無声。

監督
ルイジ・ロマノ
出演キャスト
バルトロメオ・パガーノ Victor Sanger エルゼ・フラー Rudowich Rex
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エディット・メラー