TOP > 映画監督・俳優を探す > ガブリエリノ・ダヌンツィオ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1923年 まで合計2映画作品)

1923年

クオヴァディス(1923)

  • 1923年
  • 監督

ヘンリック・シェンキヴィッチの有名な『クオ・ヴァディス』は、1912年(エンリコ・ガッツォーニ監督)、1913年と既に2度映画化されている。今回の3度目の映画化では、ゲオルク・ヤコビー氏が脚色の任に当たり、「シップ」を監督したガブリエリノ・ダヌンツィオ氏が監督したものである。ネロには「最後の人」「ピーター大帝」等主演のエミール・ヤニングス氏が扮し、イギリスの名女優リリアン・ホール・デイヴィス嬢、映画に初出演の力士ブルート・カステラーニ氏、「メッサリナ」に出演したリナ・デ・リゲロ夫人及びエレナ・サングロ夫人、アルフォンス・フリーラント氏等が共演している。また、エキストラの数は5000人にのぼる。無声。

監督
ガブリエリノ・ダヌンツィオ アルトゥーロ・アンブロジオ
出演キャスト
エミール・ヤニングス リリアン・ホール・デイヴィス ブルート・カステラーニ アンドレ・ハーベイ
1921年

シップ

  • 1921年
  • 監督

「テオドラ」と並び称されるアンブロジオ大作品で、愛国の志士、熱情詩人ガブリエレ・ダヌンツィオ氏原作、同氏の子息ガブリエリノ・ダヌンツィオ氏の監督、主役は蛇の精の如き凄艶さを持つイダ・ルービンシタイン嬢である。アメリカに於てはやはりコールドウィン社の手により発売。(無声、序篇他二篇)

監督
ガブリエリノ・ダヌンツィオ
出演キャスト
Ida Rubenstein
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ガブリエリノ・ダヌンツィオ

ムービーウォーカー 上へ戻る