映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・リートケ

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 2006年 まで合計19映画作品)

2006年

牡蠣の王女

  • 2006年7月16日(日)公開
  • 出演

友人を羨み貴族との結婚をせがむ成金の娘が結婚した相手は実は貴族の召使だった…。ドイツ時代のエルンスト・ルビッチが監督したコメディ。出演はヴィクトル・ヤンソン、オッシ・オスヴァルダほか。2006年7月16日より、東京・有楽町朝日ホールにて開催された「ドイツ映画祭2006」内「ルビッチ再発見」にて復元版(58分・20コマ/秒)がピアノ伴奏つきで初上映。2013年12月21日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「映画史上の名作10」にてデジタル上映(60分)。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ヴィクトル・ヤンソン オッシ・オスヴァルダ ハリー・リートケ
1936年

炎え上るバルカン

  • 1936年当年公開
  • 出演(Garcia 役)

「北京の嵐」「ヴェニスの船唄」のグスタフ・フレーリッヒ、「モスコーの夜は更けて」「モンブランの王者」のブリギッテ・ホルナイ、「囁きの木蔭」「最後のギャング」のローゼ・シュトラドナーが主演する映画で、ペーター・フランクとワォルター・ズッパーが協力書卸した脚本により「沐浴」「黒い瞳(1935)」のヴィクトル・トゥールジャンスキーが監督に当たりカール・プートが撮影した。助演者は「乞食学生」のフリッツ・カンパース、「モスコーの夜は更けて」のアリベルト・ヴェッシャー、「女人禁制」のハリー・リートケ、カール・ヘルマー等である。なお音楽は「モスコーの夜は更けて」のワルター・グロノスタイが受け持っている。

監督
ヴィクトル・トゥールジャンスキー
出演キャスト
ブリギッテ・ホルナイ グスタフ・フレーリッヒ フリッツ・カンパース ローゼ・シュトラドナー
1931年

女人禁制(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Sandercroft 役)

「白魔」「愛国者」と同じくプロッホ及びラヴィノヴィッチ製作のウファ映画で、「会議は踊る」「ガソリン・ボーイ三人組」のリリアン・ハーヴェイが主演する音楽喜劇。ユリウス・バースルの戯曲「ドーヴァ・カレー」をI・フォン・クーベ及びアナトール・リトヴァクが脚色、新進監督として命名あるリトヴァクが監督に当り、フランツ・プラナー、ロベルト・バベルスケが撮影を、ミッシャ・スポリアンスキーが作曲を夫々が担任している。作詞は「会議は踊る」「狂乱のモンテカルロ」のロベルト・ギルバートが当った。主演者ハーヴェイを助けて古顔のハリー・リートケ、「初恋(1930)」のフェリックス・ブレサート、「O・F氏のトランク」のマルゴ・リオン、「激情の嵐」のユリウス・ファルケンシュタイン、「ヒットラー青年」のヘルマン・シュピールマンス等が出演する。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
リリアン・ハーヴェイ ハリー・リートケ フェリックス・ブレサート マルゴ・リオン
1927年

紅涙秘帖

  • 1927年当年公開
  • 出演(Prince Keri 役)

「恋は甦る」と同じくグラハム・カッツ氏の監督した作品で、ノエル・カワード氏作の当り狂言を映画化したものである。主役を演ずるのは、ヴィルマ・バンキー嬢の跡を受けてロナルド・コールマン氏の相手役にと選ばれたフランス生れの女優リリー・ダミダ嬢で、「ジーグフリード」「海賊ピエトロ」出演のパウル・リヒター氏、「クリームヒルトの復讐」「化石騎士」のルドルフ・クライン・ロッゲ氏、「紅百合白百合」「蝙蝠」のハリー・リートケ氏等が相手役を務めている。(無声)

監督
グラハム・カッツ
出演キャスト
リリー・ダミダ パウル・リヒター Rosa Richards ルドルフ・クライン・ロッゲ
1925年

紅百合白百合

  • 1925年当年公開
  • 出演(Harry Russell 役)

ジェンナロ・リゲリ氏がドイツのトリアノン社で製作した三本の映画中の一つでヌンチオ・マラソンマ氏との共作の台本に基づいて氏が監督したもので、主役はイタリアに於いて「過去よりの呼声」「硝子の家」「海に憧れて」等のリゲリ氏作品に主演したマリア・ヤコビニ嬢で、相手役は「寵姫ズムルン」「カルメン(1918)」等出演のハリー・リートケ氏が演じている。無声。

監督
ジェンナロ・リゲリ
出演キャスト
マリア・ヤコビニ ハリー・リートケ マグナス・スティフター Arthur Wellin
1923年

蝙蝠

  • 1923年当年公開
  • 出演(Eisenstein 役)

ヨハン・シュトラウス氏原作のオペレットに基づきロベルト・リープマン氏、マックス・マック氏、ハンス・シュタインホフ氏の三人が脚色し、脚色者の一人マックス・マック氏が監督したもので、主役には「ファラオの恋」「無名の快傑」等出演のハリー・リートケ氏が扮し、その他ミア・マイ嬢の妹エファ・マイ嬢や「アルゴール」出演のエルンスト・ホフマン氏その他の腕利きが出演する。無声。

監督
マックス・マック
出演キャスト
ハリー・リートケ エファ・マイ リア・デ・プッティ パウル・ハイデマン

ベニスの商人(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Bassanio 役)

ドイツ映画としてはオール・スター・キャストである程の優れた俳優を並べ、態々ヴェニス迄出張撮影をし、イタリア官憲の助力さえも得て製作された。監督はペーテル・パウル・フェルナー。無声。

監督
ペーテル・パウル・フェルナー
出演キャスト
ヘンニ・ポルテン ヴェルナー・クラウス アルバート・シュタインリュック リア・アイベンシュッツ
1921年

熱国の呪

  • 1921年当年公開
  • 出演(Edward 役)

エディット・メラー嬢とハリー・リートケ氏の共演になった人情活劇である。無声。

出演キャスト
エディット・メラー Ernest Dernburg ハリー・リートケ ゲオルク・アレクサンダー

宝の行方

  • 1921年当年公開
  • 出演(Horst van Grothus 役)

ハインツ・カール・ハイランド氏の製作映画で「ウリエル・アコスタ」に主演したブルーノ・デカルリ氏が端役を演じている。無声。

監督
ハインツ・カール・ハイランド
出演キャスト
レオ・ホール ハリー・リートケ ブルーノ・デカルリ

ファラオの恋

  • 1921年当年公開
  • 出演(Ramphis his son 役)

「パッション(1919)」「デセプション」等を監督製作してドイツ映画界に傑物ありの名声を博したエルンスト・ルビッチュ氏が大々的に監督製作した映画である。「アルゴール」「オセロ(1922)」や右二映画等に主演したエミール・ヤニングス氏主演、「影を失へる男」「巨人コラン」等の名優パウル・ヴェゲナー氏、同夫人リダ・サルモノヴァ嬢や「因縁の指環」のダグニー・セルヴェス嬢「無名の快傑」等のハリー・リートケ氏等が共演したもの。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
エミール・ヤニングス パウル・ヴェゲナー リダ・サルモノヴァ ダグニー・セルヴェス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・リートケ