TOP > 映画監督・俳優を探す > カール・プラーテン

年代別 映画作品( 年 ~ 1936年 まで合計19映画作品)

1922年

恋のネルスン

  • 1922年
  • 出演(Der Kammerdiener des Konigs 役)

「怪談五種」の製作者リヒャルト・オスワルド氏がハインリヒ・フォルラット・シュマッヘル氏の原作及び史実から脚色し監督した時代劇。主演俳優に至ってはドイツ映画界の精鋭を集めたる感あり。即ち女主人公リアネ・ハイト嬢を始めとし、ラインホルト・シュンツェル氏、ヴェルナー・クラウス氏、コンラート・ファイト氏、ハンス・ハインツ・フォン・トワルドウスキー氏、テオドル・ロース氏、ゲルトルード・ヴェルケル嬢、フリードリッヒ・キューネ氏等実に素晴らしき事の限りである。撮影は「朝から夜中まで」「ドクトル・マブゼ」と同じくカール・ホフマン氏。ちなみに本映画はアメリカでは本年四月ホドキンスン社の手によって公開せられた。無声。

監督
リヒャルト・オスワルド
出演キャスト
ラインホルト・シュンツェル エルス・ヘイムズ ヴェルナー・クラウス アントン・ポイントナー

不思議な冒険

  • 1922年
  • 出演(Police Prefect 役)

昨年マチステ(バルトロメオ・パガーノ)がドイツに渡って彼地の監督俳優と共に製作したものだがイタリアイタラ会社当時の作品と殆ど大差はない。無声。

監督
ウエ・ユンス・クラフト
出演キャスト
バルトロメオ・パガーノ Willi Allen Georg Baselt パウル・オットー
1921年

死滅の谷

  • 1921年
  • 出演(The Apothecary 役)

映画の取材も、思想の方面も、技術方面の出来もすべて一風変わったデクラ・ビオスコープ社の作品である。原作及び監督はフリッツ・ラング氏である。俳優には馴染多い人の顔が沢山見える。「岡寺の観音」「カリガリ博士」等のリル・ダゴファー嬢、「白痴(1921)」出演のワルター・ヤンセン氏、「カラマーゾフ兄弟」「世界に鳴る女」等のベルンハルト・ゲツケ氏の三人が主役である事は先日上映の同社映画「死人島」と同じである。其の他「ドクトル・マブゼ」主演のルドルフ・クライン・ロッゲ氏も主要な一役で腕を振るっている。無声。改題「死神の谷」。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
エドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン リル・ダゴファー Carl Ruckert マックス・アダルベルト

名誉の負債

  • 1921年
  • 出演(Der Arzt 役)

ポール・L・スタイン氏の監督になった人情劇で、主役はオラフ・フェーンス氏である。無声。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
オラフ・フェーンス ウィリー・カイザー・ハイル Boris Michailow ゲルトルード・ヴェルケル
1919年

マリア・マグダレナ

  • 1919年
  • 出演(Wolfram a marchant 役)

一八四四年ドイツ文豪フリードリッヒ・ヘベルが発表した劇で、近代社会劇の根源をなすものと云われる程有名な劇である。それを映画化して五篇となし、ドイツ一流の底力ある静寂を背景に深刻な社会悲劇を構成して居る。無声。

監督
ラインホルト・シュンツェル
出演キャスト
エドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン Lika Gruning ルチー・ヘーフリッヒ パウル・ハルトマン

  • 出演(The Old Servant 役)

「ノラ」を監督したベルトールド・フィルテル氏がヴェスティ社で自ら脚色し監督した夢幻劇で、クゼレピー映画等に出ていたオットー・ゲビュール氏が主演し、相手役は「燃ゆる嫉妬」「寵姫ズムルン」のイェニー・ハッセルキスト嬢で、「春の流れ」のオシップ・ルーニッチュ氏、「シラノ・ドウ・ベルジュラック」のアンジェロ・フェラーリ氏等が助演している。無声。

監督
ベルトールド・フィルテル
出演キャスト
オットー・ゲビュール イェニー・ハッセルキスト ヘンリー・スチュアート カール・プラーテン

寝台車の扉

  • 出演(Galton 役)

ひどく古めかしい探偵劇。

監督
出演キャスト
カール・プラーテン Max Grunberg マックス・ランデ ハニー・ヴァイゼ

大冒険王

  • 出演(Chilton 役)

先年封切りされたハリー・ピールの連続映画「無頭騎手」に続いて氏が監督・主演。活劇俳優に乏しいドイツ映画界にハリー・ピールは正にピカ一である。(無声、全12篇)

監督
ハリー・ピール
出演キャスト
ハリー・ピール アドルフ・クライン Inge Helgard Charley Berger

狂恋の虜

  • 出演(Jean valet to Sylvain 役)

アスタ・ニールセン嬢主役のクゼレビ映画で、原作はカリン・ミハエリス氏。監督は「法の侭に」と同じくウィリー・ゲルンワルト氏である。相手役はレッシング座俳優クルト・ゲッツ氏で、又「アルゴール」出演のエルンスト・ホフマンが仇役を演じている。無声。

監督
ウィリー・ゲルンワルト
出演キャスト
クルト・ゲッツ アスタ・ニールセン エルンスト・ホフマン カール・プラーテン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > カール・プラーテン

ムービーウォーカー 上へ戻る