TOP > 人物を探す > アスタ・ニールセン

年代別 映画作品( 年 ~ 1932年 まで合計12映画作品)

1932年

秋の女性

  • 1932年
  • 出演(Vera Holgk 役)

かつては北欧女優の随一として知られ「令嬢ユリエ」「喜びなき街」その他に主演したアスタ・ニールセンが久し振りで映画界に復帰して作った第一回トーキー出演映画で、監督には「初恋(1930)」のエリッヒ・ワシュネックが当ったもの。原作はアルフレッド・シロカウエルの小説「ヴェラ・ホルクとその娘」で、フランツ・ウィンターシュタインと監督のワシュネック自身とがそれを映画用に改作脚色した。撮影はブルーノ・モンディの担任で、編曲には「世界のメロディー」「吸血鬼」のウォルフガング・ツェラーが力を致した。ニールセンを助けて出演する人々は「制服の処女(1931)」のエレン・シュヴァネッケ、エリー・ボス、ハンス・レーマン、「モナ・リザの失踪」のアントン・ポイントナー等である。

監督
エリッヒ・ワシュネック
出演キャスト
アスタ・ニールセン エリー・ボス エレン・シュヴァネッケ ハンス・レーマン
1927年

ラスター

  • 1927年
  • 出演(Tamara 役)

レオ・ビリンスキー氏の書卸したシナリオによって「赤鼠」を監督したルドルフ・マイネルト氏が監督したもので、「伯爵令嬢」「白痴(1921)」のアスタ・ニールセン嬢、「プラーグの大学生(1926)」「タルチュフ」のヴェルナー・クラウス氏、「ドクトル・マブゼ」「ファントム」のアルフレッド・アベル氏、「プラーグの大学生(1926)」のエリッツア・ラ・ポルタ嬢などが主役を演じている映画である。(無声)

監督
ルドルフ・マイネルト
出演キャスト
アルフレッド・アベル アスタ・ニールセン ヴェルナー・クラウス Charles Kyser
1925年

喜びなき街

  • 1925年
  • 出演(Maria Lechner 役)

ヒューゴー・ベタウァー氏作の小説からウィリー・ハース氏が脚色したものをG・W・パブスト氏が監督したもので「裏町の怪老窟」等出演のヴェルナー・クラウス氏、アスタ・ニールセン嬢及び新進のスウェーデン女優グレタ・ガルボ嬢が競演し、ヘンリー・スチュアート氏、グレゴリー・クマラ氏、アグネス・エステルハツィ伯爵夫人、アイナル・ハンソン氏、タマラ嬢、ロバート・ガリソン氏等助演者の顔振れは素晴らしいオール・スター・キャストである。無声。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ヤロ・フユルト グレタ・ガルボ アスタ・ニールセン カール・エトリンガー
1924年

不滅の謎

  • 1924年
  • 出演(Eine Tibeterin 役)

原作、監督、主演、そのいずれにもウェゲナーが携わっている。ヨーロッパの科学の力と、東洋の霊の宗教とを対照させ抗争させることによって、東洋の精神的優越を示そうとした。無声。

監督
パウル・ヴェゲナー
出演キャスト
ハンス・スツルム ケーテ・ハーク カール・エバート ハインリヒ・シュロト

焔の裡の女

  • 1924年
  • 出演(Josefine 役)

かつて紹介された「舞姫の幻影」を監督したカール・ハインツ・ベーゼ氏の監督した映画で、主役は「不滅の謎」「法の侭に」「白痴(1921)」等に出演したアスタ・ニールセン嬢、「ドクトル・マブゼ」「白痴」等出演のアルフレッド・アベル氏、「罪と罰(1923)」出演のグレゴリー・クラマ氏等である。無声。

監督
カール・ハインツ・ベーゼ
出演キャスト
アスタ・ニールセン アルフレッド・アベル グレゴリー・クマラ ヘレン・マフヤソウスキー
1923年

キリストの一生

  • 1923年
  • 出演(Mary Magdelaine 役)

「カリガリ博士」「罪と罰(1923)」を監督したロベルト・ヴィーネ氏の監督したキリスト伝で「罪と罰(1923)」主演のモスコウ芸術座出身のグレゴリー・クマラ氏がキリストに扮し、「焔の裡の女」「喜びなき街」等出演のアスタ・ニールセンがマグダレンに扮し、「デセプション」「維納の夢」等出演のヘンニ・ポルテン嬢が聖母マリアに扮して主演するほか「カリガリ博士」「喜びなき街」等出演のヴェルナー・クラウス氏がローマの執政官を演じて居る。無声。

監督
ロベルト・ヴィーネ
出演キャスト
グレゴリー・クマラ ヘンニ・ポルテン アスタ・ニールセン ヴェルナー・クラウス
1922年

伯爵令孃(1922)

  • 1922年
  • 出演(Julia their daughter 役)

「法の侭に」「道の涯」によって一昔前の大人気を再現したアスタ・ニールセン嬢主演のドイツ、アルト映画で、有名なるストリンドベルグ氏の舞台劇『伯爵令嬢』(『ユリエ嬢』としても著名)を映画に脚色したので、監督はフェリックス・バッシュ氏である。無声。

監督
フェリックス・バッシュ
出演キャスト
アーノルド・コルフ Lina Lossen アスタ・ニールセン Olaf Storm
1921年

白痴(1921)

  • 1921年
  • 出演(Nastassja Baraschkowa 役)

ドストエフスキー原作の文芸映画。「カラマーゾフ兄弟」のカール・フレーリッヒ監督。「伯爵令嬢」のアスタ・ニールセン嬢、アルフレッド・アベル氏、ワルター・ヤンセン氏の出演。無声。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
アスタ・ニールセン ワルター・ヤンセン Leonhald Haskel エルザ・ワグナー
1920年

女ハムレット

  • 1920年
  • 出演(Prince Hamlet 役)

アメリカのシェークスピア学者エドワード・ヴィニング教授は其の著書 The Mystery of Hamletに於いてハムレットは国の為に男を装っていたのだと論じた。これに基づいて作成された映画。。シェークスピアのハムレット劇の背景たるエリスノア城を背景に使ったと称せられる。アスタ・ニールセン嬢が男を装う新しいハムレットに扮し、老練なエドワルド・フォン・ウィンテルシュタイン氏や、「羅闍の熱涙」等で紹介せられたデンマーク女優リリー・ヤコブソン嬢が共演している。無声。

監督
スヴェント・ガーデ H・シャール
出演キャスト
パウル・コンラーディ Mathilde Brandt エドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン アスタ・ニールセン
1919年

法の侭に

  • 1919年
  • 出演(Sonja Waler his sister 役)

大正二年頃紹介された「ハンナ嬢」「国なき人」「女優の末路」等で当時の愛活家を唸らせたアスタ・ニールセン嬢が久々で出演した悲劇で、ウィリー・ゲルンワルト氏の監督である。無声。

監督
ウィリー・ゲルンワルト
出演キャスト
Georgine Sobjeska オッツ・トレン アスタ・ニールセン フリッツ・ハートウィグ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アスタ・ニールセン

ムービーウォーカー 上へ戻る