TOP > 人物を探す > カール・ギュンター

年代別 映画作品( 年 ~ 1952年 まで合計6映画作品)

1952年

エロイカ(1950)

  • 1952年3月18日(火)
  • 出演(Country Doctor 役)

ベートーヴェンの生誕百八十年を記念して、彼の半生を描いたこの作品は、一九五〇年製作のオーストリア映画で、「モツアルトの恋」のカール・ハートル総指揮のもとに、新進ヴァルテル・コルム・フェルテエが脚本・監督を担当。撮影はギュンター・アンデルスとハンネス・シュタウディンガー、音楽指揮はハンス・クナッペルツブッシュ。ウィーン・フィルハーモニー・オーケストラ、ウィーン交響楽団、ウィーン国立歌劇合唱団、ウィーン少年合唱団が演奏する。ベートーヴェンにはブルグ劇場の俳優エヴァルト・バルザーが扮し、戦後売出のマリアンネ・シェーンナウア、イワン・ペトロヴィッチ、ジュディット・ホルツマイスター、オスカー・ヴェルナーらが共演する。

監督
ヴァルテル・コルム・フェルテエ
出演キャスト
エヴァルト・バルザー マリアンネ・シェーンナウア ジュディット・ホルツマイスター オスカー・ヴェルナー
1939年

晩春の曲

  • 1939年
  • 出演

ハンス・ヒンリッヒ監督の国策メロドラマ。

監督
ハンス・ヒンリッヒ
出演キャスト
パウル・ハルトマン リル・ダゴファー カール・ギュンター ロルフ・メビュウス
1936年

ブルグ劇場

  • 1936年
  • 出演(Baron Seebach 役)

「マヅルカ」「ひめごと」に告ぐヴィリ・フォルスト監督作品で「ひめごと」と同じくフォルストがヨッヘン・フートと協力して脚本を書卸したものである。主演者は「第二の人生」及び未輸入の「ヨルク」以来トーキー出演三回目のヴェルナー・クラウスで、劇界から来た新人女優ホルテンセ・ラキイ、「たそがれの維納」「ペーア・ギント」のオルガ・チェホーワ、カール・エスモンドの名で「夕暮れの歌」「花咲く頃」に出演したヴィリー・アイヒベルガー、「たそがれの維納」「郷愁」のハンス・モーザーが共演するほか、カール・ギュンター、ヨゼフィーネ・ドラ等が助演している。撮影は「ひめごと」のテッド・パールの担当で、音楽は「マヅルカ」「ひめごと」のペーター・クロイダーが受け持った。

監督
ヴィリ・フォルスト
出演キャスト
ヴェルナー・クラウス ヴィリー・アイヒベルガー ホルテンセ・ラキイ オルガ・チェホーワ
1921年

死人島

  • 1921年
  • 出演(The Old Chantal 役)

「カラマーゾフ兄弟」「白痴(1921)」等の監督者として有名なカール・フレーリッヒ氏が原作監督したデクラ・ビオスコープ映画で、「白痴(1921)」で良い腕を見せたワルター・ヤンセン氏や「カラマーゾフ兄弟」「世界に鳴る女」等のベルンハルト・ゲツケ氏や「岡寺の観音」で観音様に扮し「カリガリ博士」にも出演したリル・ダゴファー嬢等、なかなか腕利きの俳優が揃って居る。複雑した恋愛関係から起こる親子二代に渉った語りである。無声。

監督
カール・フレーリッヒ
出演キャスト
ベルンハルト・ゲツケ Olga Wajan ワルター・ヤンセン Mathilde Sussin

スフィンクスの謎

  • 出演(Dr. Percy Grey 役)

ドイツの活劇。背景がエジプトでスフィンクス等が巌然として構えている。映画は所々に喜劇を入れたり妄想を描いたりしている。絞りに盛んに馬力をかけて三角に開いたり、多角形に閉じたりしている。無声。

監督
アドルフ・ゲルトネル
出演キャスト
エレン・リヒター カール・ギュンター Albert Patry イルンガルド・ベルン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > カール・ギュンター