映画-Movie Walker > 人物を探す > アニタ・ムイ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2013年 まで合計10映画作品)

2013年

ルージュ(1987)

  • 2013年3月30日(土)公開
  • 出演

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

監督
スタンリー・クワン
出演キャスト
レスリー・チャン アニタ・ムイ アレックス・マン エミリー・チュウ
2002年

夜間飛行

  • 2002年8月17日(土)公開
  • 出演(アニタ・ムイ 役)

旅先で出会った女性2人の触れ合いと葛藤を描くヒューマン・ドラマ。運命の皮肉を見つめた緊迫の物語と繊細な心理描写、叙情的な風景で観客のハートを引き寄せる。

監督
ジェイコブ・C・L・チャン
出演キャスト
純名りさ アニタ・ムイ ショーン・タム サイモン・ヤム
1999年

ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2

  • 1999年1月30日(土)公開
  • 出演(フォン 役)

香港の音楽業界を舞台に男女の奇妙な関係を描いたラヴ・ストーリー「君さえいれば 金枝玉葉」(94)の続編。レスリー・チャン、アニタ・ユン、カリーナ・ラウ、チャン・シウチョンのオリジナルキャストに、「デッド・ヒート」のアニタ・ユン、「ダウンタウン・シャドー」のテレサ・リーが加わった。監督・製作のピーター・チャン(「ラヴソング」)以下、製作・出演のエリック・ツァン、製作総指揮のクラウディア・チョン、脚本のジェームズ・ユェン、撮影のヘンリー・チャン、美術のイー・チュンマンは前作に続く登板。

監督
ピーター・チャン
出演キャスト
レスリー・チャン アニタ・ユン アニタ・ムイ ジョーダン・チャン
1996年

D&D 完全黙秘

  • 1996年9月7日(土)公開
  • 出演

中国政府の公安刑事の活躍を描くハード・アクション。主演は香港屈指のクンフー・スター、「ターゲット・ブルー」のリー・リンチェイ。監督は同作のほかで彼とコンビを組むコーリィ・ユンで、武術指導も彼とユエン・タクが共同で担当。製作は香港のヒットメーカー、「ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ/烈火風雲」のバリー・ウォンとティファニー・チェン、エグゼクティヴ・プロデューサーは同作のジミー・ヒョンとチャールズ・ヒョンのコンビ。脚本はウォンの原案をサンディ・ショウが執筆。撮影は「ターゲット・ブルー」のトム・ラウ、音楽は「ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ/烈火風雲」のジェームズ・ウォンとマーク・ライのコンビ、美術は陳敏雄、編集は「ターゲット・ブルー」のアンジー・ラム、衣裳は「極道追踪」のチェン・クォフーがそれぞれ担当。共演は「酔拳2」のアニタ・ムイ、「プロジェクトS」のユー・ロングァンのほか、『新少林寺伝説/ニューレジェンド・オブ・ショーリン』(V)でもリーリンチェイとコンビを組んだシー・ミャオが息の合った親子鷹演技をみせる。

監督
コリー・ユエン
出演キャスト
ジェット・リー アニタ・ムイ ユー・ロングアン シー・ミャオ
1995年

レッド・ブロンクス

  • 1995年8月5日(土)公開
  • 出演(Elaine 役)

休暇でニューヨークを訪れた香港の刑事が事件に巻き込まれ、超人的な活躍を見せるアクション快作。香港映画史上最高の製作費1億HKドル(約14億円)を投じ、「ゴッド・ギャンブラー 完結編」の興行記録を更新、全米でも96年拡大公開された。主演は「酔拳2」のジャッキー・チェン。監督は「ポリス・ストーリー3」でジャッキーと組んだスタンリー・トン。スタント指導はジャッキーと監督の共同。製作はバービー・タン、エグゼクティヴ・プロデューサーはレナード・ホウ、脚本はエドワード・タンとファイブ・マー。撮影はマー・コーシン、音楽はネイザン・ウォン、美術はウォン・ユイマンが担当。共演は「酔拳2」のアニタ・ムイ、国際的なモデルで映画初出演のフランソワーズ・イップ、「ポリス・ストーリー3」などジャッキー映画の常連トン・ピョウら。

監督
スタンリー・トン
出演キャスト
ジャッキー・チェン アニタ・ムイ フランソワーズ・イップ トン・ピョウ
1994年

酔拳2

  • 1994年12月10日(土)公開
  • 出演(継母リン 役)

『燃えよジャッキー拳(広東小老虎)』(V)以来、主演20周年を迎えて、名実共に香港映画界のトップに立ったジャッキー・チェンが自身の原点に帰るべく、本邦初紹介作でもある彼の出世作「ドランクモンキー 酔拳」(78)の続編に16年ぶりに挑んだクンフー・アクション。前作に続き、清朝末期から中華民国初期に実在し、ツイ・ハーク監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズをはじめ無数の映画が作られてきた国民的ヒーロー、黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の青年期の活躍が描かれる。当時の建築物から衣装、風俗に至るまで、完璧に再現された点も見もの。監督は「少林寺三十六房」「阿羅漢」などでクンフー映画の基礎を築いた巨匠で、黄飛鴻の直系の弟子でもあるラウ・カーリョンが当たり、彼の正統派クンフー・アクション演出とジャッキー流のダイナミックな現代風アクションが融合し、クンフー映画の集大成的作品となった(武術指導はラウ・カーリョンとジャッキー主宰のアクション・チームが担当)。製作に当たり、スタントマン出身のジャッキーは、彼らの地位向上と保健制度の確立を目指して設立した香港スタントマン協会の製作とした。香港では94年の旧正月に公開され、彼の主演作中最高の4000万HKドル以上の興収を記録した。製作は「最後勝利」のエリック・ツァンと、エドワード・タン、バービー・トンの共同。脚本は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明」のユエン・カイ・チー。撮影はチャン・ユウジョ、ジングル・マー、チャン・トンリョン、ウォン・マンワンの共同。音楽はウィリアム・フー、編集は「奇蹟 ミラクル」のチャン・イウジョー。共演はラウ・カーリョン、「アンディ・ラウ 神鳥伝説」のアニタ・ムイ、「九龍大捜査線」のティ・ロンら。「スター伝説」のアンディ・ラウが特別出演している。

監督
ラウ・カーリョン
出演キャスト
ジャッキー・チェン アニタ・ムイ ティ・ロン ラウ・カーリョン

さらば英雄 愛と銃撃の彼方に

  • 1994年9月26日(月)公開
  • 出演(メイ 役)

“東洋の魔都”上海を舞台に、1930~40年代の激動の時代、ひとりの女と2人の男の運命の変遷をめぐり繰り広げられる大河メロドラマ。監督はアン・ホイの「望郷(1982)」ほかの美術を担当した後、監督業へ転身したトニー・オウ。彼は「夢中人」ほか耽美的な作風で知られている。また、ヒロインには、歌手でもある「酔拳2」のアニタ・ムイが扮し、劇中で歌も披露している。彼女の恋人役として「大英雄」のレオン・カーフェイ、そして日本から「どついたるねん」の赤井英和が共演している。

監督
トニー・オウ
出演キャスト
アニタ・ムイ レオン・カーファイ 赤井英和 國村隼
1993年

アンディ・ラウ 神鳥伝説

  • 1993年12月11日(土)公開
  • 出演(クワン 役)

シティハンターである男と女の複雑な恋愛模様を、軽快なタッチの中に描くアクション映画。「欲望の翼」のアンディ・ラウが自ら設立したプロダクション“チームワーク”の第一作。監督はユン・ケイ、デイヴィッド・ライ、ジェフ・ラウの三人。製作はジャッキー・パン。撮影はピーター・パウ。美術はユー・チュンマン。主演はアンディ・ラウ。共演はグロリア・イップ、アニタ・ムイら。

監督
コリー・ユエン デイヴィッド・ライ ジェフ・ラウ
出演キャスト
アンディ・ラウ アニタ・ムイ グロリア・イップ
1990年

男たちの挽歌III アゲイン/明日への誓い

  • 1990年10月27日(土)公開
  • 出演(Kitty 役)

ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台に、運命の糸に繰られる三人の男女の愛と死を描く、「男たちの挽歌」シリーズ完結篇。製作・監督は「上海ブルース」のツイ・ハーク、脚本はタイ・フーホー、ルン・ユー・ミン、撮影はウォン・ウィン・ハン、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、アニタ・ムイほか。

監督
ツイ・ハーク
出演キャスト
チョウ・ユンファ トニー・チェン アニタ・ムイ シー・キエン
1989年

奇蹟 ミラクル

  • 1989年8月12日(土)公開
  • 出演

1930年代の香港を舞台に、ひょんなことから暗黒街の顔役になってしまった男の活躍を描くアクション・コメディ。監督・脚本・主演は「九龍の眼」のジャッキー・チェン、共同脚本・原案はエドワード・タン、撮影はアーサー・ウォン、音楽はスー・ソンが担当。出演はほかにアニタ・ムイなど。

監督
ジャッキー・チェン
出演キャスト
ジャッキー・チェン アニタ・ムイ グァ・アーレイ グロリア・イップ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アニタ・ムイ