映画-Movie Walker > 人物を探す > ボビー・ブコウスキー

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2020年 まで合計18映画作品)

2020年

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

2000年代半ば、全米の注目を集めながらも、架空の存在であることが判明し、大スキャンダルとなった作家“J・T・リロイ”の事件を映画化。親元を離れた10代の少女サヴァンナは、“J・T・リロイ”名義で小説を出版する作家ローラと出会うが……。出演は「アクトレス ~女たちの舞台~」のクリステン・スチュワート、「スノー・ロワイヤル」のローラ・ダーン。監督は「ストレンジャー 異界からの訪問者」のジャスティン・ケリー。

監督
ジャスティン・ケリー
出演キャスト
クリステン・スチュワート ローラ・ダーン ジム・スタージェス ダイアン・クルーガー
2017年

バッドガイズ!!

  • 2017年2月21日(火)
  • 撮影

バッジを盾に独自の流儀で仕事を行う悪徳警官コンビが巻き起こす騒動を映すクライムコメディー。カントリー音楽をこよなく愛する警官テリーとおしゃべりな相棒ボブ。100万ドルの強盗計画を嗅ぎつけた二人は横取りを目論むが、事態は思わぬ方向へと向かっていく。出演は「ターザン REBORN」のアレクサンダー・スカルスガルド、「オデッセイ」のマイケル・ペーニャ、「クリード チャンプを継ぐ男」のテッサ・トンプソン、「ダイバージェント」のテオ・ジェームズ、「神様なんかくそくらえ」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。監督・脚本は『ある神父の希望と絶望の7日間』のジョン・マイケル・マクドナー。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。

監督
ジョン・マイケル・マクドナー
出演キャスト
アレキサンダー・スカルスガルド マイケル・ペーニャ テッサ・トンプソン テオ・ジェームズ
2016年

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

  • 2016年1月30日(土)
  • 撮影

ジョセフ・E・スティグリッツの著書『世界の99%を貧困にする経済』をベースに、住宅ローンの返済不能により家を差し押さえられた人々の事実に基づくドラマ。主演は「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド。共演は、「マン・オブ・スティール」のマイケル・シャノン、「私に会うまでの1600キロ」のローラ・ダーン。監督は、「チェイス・ザ・ドリーム」のラミン・バーラニ。第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
ラミン・バーラニ
出演キャスト
アンドリュー・ガーフィールド マイケル・シャノン ローラ・ダーン ノア・ロマックス
2015年

きみといた2日間

  • 2015年12月23日(水)
  • 撮影

結婚したカップルの1/3がネット経由での出会いという、アメリカの“ネット恋活”事情をリアルに描いたラブストーリー。「セッション」のマイルズ・テラーと「ラブ・アゲイン」のアナリー・ティプトンという注目の若手俳優2人が主演。「卒業」など数々の名作を送り出したマイク・ニコルズの息子マックス・ニコルズが、本作で長編監督デビュー。

監督
マックス・ニコルズ
出演キャスト
マイルズ・テラー アナリー・ティプトン ジェシカ・ゾー スコット・メスカディ
2013年

THE ICEMAN 氷の処刑人

  • 2013年11月9日(土)
  • 撮影

86年に逮捕されるまで、約20年の間に100人以上もの人々を死に至らしめた実在の殺し屋、リチャード・ククリンスキーに迫るサスペンス。妻子には家庭的な父親として接しながら、裏では殺し屋として犯罪を繰り返してきた男の心の闇に迫る。『マン・オブ・スティール』のマイケル・シャノンが二面性を持つ主人公を熱演する。

監督
アリエル・ブロメン
出演キャスト
マイケル・シャノン ウィノナ・ライダー レイ・リオッタ クリス・エヴァンス

メッセンジャー

  • 2013年3月9日(土)
  • 撮影

戦死した兵士の遺族に訃報を伝える米軍のメッセンジャーを主人公に、戦争の悲惨さを描くドラマ。主演は「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター。ウディ・ハレルソン(「ハンガー・ゲーム」)の助演男優賞と脚本賞の2部門でアカデミー賞ノミネート。「アイム・ノット・ゼア」の脚本家、オーレン・ムーヴァーマンの初監督作。

監督
オーレン・ムヴァーマン
出演キャスト
ベン・フォスター ウディ・ハレルソン サマンサ・モートン ジェナ・マローン
2012年

ザ・レッジ 12時の死刑台

  • 2012年2月18日(土)
  • 撮影

『ニューオーリンズ・トライアル』などサスペンス映画に定評のある脚本家マシュー・チャップマンがメガホンを握り、『アルマゲドン』のリヴ・タイラーが妖艶な性描写に挑んだ本格スリラー。美しい人妻とその夫、愛人が織りなす欲望と嫉妬にまみれた三角関係の行方が描かれ、謎めいた冒頭から衝撃の結末まで、一瞬も目が離せない。

監督
マシュー・チャップマン
出演キャスト
チャーリー・ハナム リヴ・タイラー パトリック・ウィルソン テレンス・ハワード
2006年

ブギーマン

  • 2006年6月3日(土)
  • 撮影監督

「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ製作によるモンスター・ホラー。幼い頃のトラウマを克服し、クローゼットに潜む怪物ブギーマンに立ち向かおうとする青年の戦いを描く。

監督
スティーヴン・ケイ
出演キャスト
バリー・ワトソン エミリー・デシャネル トリー・マセット スカイ・マコール・バチュシアック
2001年

クライム・アンド・パニッシュメント

  • 2001年12月1日(土)
  • 撮影

ロシアの文豪ドストエフスキーの名作「罪と罰」を現代風に大胆にアレンジした意欲作。平凡な町を舞台に、運命のいたずらに翻弄される若者の愛と葛藤を鮮烈に描出。

監督
ロブ・シュミット
出演キャスト
モニカ・キーナ ヴィンセント・カーシーザー エレン・バーキン ジェフリー・ライト
1999年

隣人は静かに笑う

  • 1999年4月17日(土)
  • 撮影

正体をつかめない隣人の恐怖を描いたスリラー。監督は『Going All TheWay』のマーク・ペリントン。製作は「オスカー・ワイルド」のピーター&マーク・サミュエルソン兄弟と、トム・ゴーライ。共同製作はジャン・ヒギンスとリチャード・S・ライト。製作総指揮はトム・ローゼンバーグとシガー・ジョン・シグヴァトソン、テッド・タネンボウム。共同製作総指揮はジャド・マルキン・エドロス。脚本は新鋭アーレン・クルーガー。撮影は「死にたいほどの夜」のボビー・ブコウスキー。音楽は「ロスト・ハイウェイ」のアンジェロ・バタラメンティ。美術はテレーズ・デプレス。編集はコンラッド・バフ。衣裳はジェニファー・バレット・ペリントン。タイトルデザインは「セブン」「ナイトウォッチ」のカイル・クーパー。出演は「ビッグ・リボウスキ」のジェフ・ブリッジズ、「ナッシング・トゥ・ルーズ」のティム・ロビンス、「イン&アウト」のジョーン・キューザック、「死の接吻」のホープ・デイヴィスほか。

監督
マーク・ペリントン
出演キャスト
ジェフ・ブリッジス ティム・ロビンス ジョーン・キューザック ホープ・デイヴィス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ボビー・ブコウスキー