映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュゼッペ・トルナトーレ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2016年 まで合計12映画作品)

2016年

ある天文学者の恋文

  • 2016年9月22日(木)公開
  • 監督、脚本

天文学者だった恋人を亡くし、悲しみにくれるヒロインが、彼が遺した謎を解き明かそうとスコットランドのエディンバラやイタリアを巡る姿が映し出される。監督はイタリアの巨匠、ジュゼッペ・トルナトーレ。天文学者をジェレミー・アイアンズ、その恋人をオルガ・キュリレンコが演じる。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
オルガ・キュリレンコ ジェレミー・アイアンズ ショーナ・マクドナルド パオロ・カラブレージ
2013年

鑑定士と顔のない依頼人

  • 2013年12月13日(金)公開
  • 監督、脚本

若き女性からの鑑定依頼を受けた美術競売人が不可解な事件に巻き込まれていく姿を描く、『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリアの巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督によるミステリー。『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュが主人公を演じるほか、ドナルド・サザーランド、ジム・スタージェスら多彩な顔ぶれによる一作だ。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
ジェフリー・ラッシュ ジム・スタージェス シルヴィア・ホークス ドナルド・サザーランド
2010年

シチリア!シチリア!

  • 2010年12月18日(土)公開
  • 監督、脚本

「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督による人生賛歌。30年代から80年代までのシチリアを舞台に、少年から大人へと成長していく主人公の視点を通して、家族の愛や絆を見つめる。監督自身の半生を投影させた温もりあふれる物語に、名匠エンニオ・モリコーネのドラマチックな音楽が彩りを添えている。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
フランチェスコ・シャンナ マルガレット・マデ ニコール・グリマウド アンヘラ・モリーナ
2007年

題名のない子守唄

  • 2007年9月15日(土)公開
  • 監督、脚本

「マレーナ」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が、あるメイドの謎めいた行動と哀しい結末を描くミステリー。イタリアの映画賞で作品・監督・主演女優など5部門を独占した。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
クセニア・ラパポルト ミケーレ・プラチド クラウディア・ジェリーニ ピエラ・デッリ・エスポスティ

マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶

  • 2007年6月30日(土)公開
  • 出演(※本人出演 役)

イタリア映画の黄金期を生きた名優マルチェロ・マストロヤンニをめぐるドキュメンタリー。大スターでありながら、常に少年のような純真さを保った彼の魅力に迫る。

監督
マリオ・カナーレ アンナローザ・モッリ
出演キャスト
バルバラ・マストロヤンニ キアラ・マストロヤンニ アルマンド・トロヴァヨーリ エットーレ・スコラ
2001年

マレーナ

  • 2001年6月9日(土)公開
  • 監督、脚本

「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作。悲劇的な運命をたどる女性の生きざまを、彼女に思 いを抱く少年の目を通して鮮烈に描き出す。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
モニカ・ベルッチ ジュゼッペ・スルファーロ ルチアーノ・フェデリコ マチルド・ピアナ
1999年

海の上のピアニスト

  • 1999年12月18日(土)公開
  • 監督、脚本

豪華客船の上で生まれ育ち、一度も船を降りなかった天才ピアニストの一生を描いた感動作。アレッサンドロ・バリッコの同名戯曲(白水社刊)を、「明日を夢見て」のジュゼッペ・トルナトーレの監督・脚本で映画化。製作は『Figlio di Bakunin』のフランチェスコ・トルナトーレ。製作総指揮はマルコ・シミッズと「クンドゥン」のローラ・ファットーリ。撮影は『カリブは最高!』(V)のラヨシュ・コルタイ。音楽は「ブルワース」の巨匠エンリオ・モリコーネと「風が吹くとき」のロジャー・ウォータース。美術はフランチェスコ・フリジェリ。編集は「明日を夢見て」でもトルナトーレと組んだマッシモ・カグリア。衣裳は「アンナ・カレーニナ」のマウリツィオ・ミネロッティ。特殊効果監修はデイヴィッド・ブッシュ。出演は「ライアー」のティム・ロス、「エンド・オブ・バイオレンス」のプルート・テイラー・ヴァンスほか。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
ティム・ロス プルット・テイラー・ヴィンス メラニー・ティエリー ビル・ナン
1996年

記憶の扉

  • 1996年10月19日(土)公開
  • 監督、脚本

失われた過去の記憶をめぐり、問答を続ける作家と警察署長を悪夢的に描いた不条理サスペンス。監督・編集は「明日を夢見て」のジュゼッペ・トルナトーレ。脚本は「めぐりあう朝」のパスカル・キニャールの原案を基に、キニャールとトルナトーレが執筆。撮影はブラスコ・ジウラート、音楽はイタリアを代表する映画音楽家、「ディスクロージャー」のエンニオ・モリコーネが担当。主演は「愛の報酬/シャベール大佐の帰還」のジェラール・ドパルデュー。共演は「死と処女」の監督ロマン・ポランスキー、「ザ・ブロンド」のセルジョ・ルビーニほか。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
ジェラール・ドパルデュー ロマン・ポランスキー セルジオ・ルビーニ ニコラ・デ・ピント

明日を夢見て

  • 1996年2月10日(土)公開
  • 監督、脚本

映画俳優のスカウトマンを装った詐欺師と人々の交流を描き、映画への夢を逆説的に語った愛と懺悔の物語。フェリーニ、デ・シーカ、ヴィスコンティら、イタリア映画の名監督たちの作品へ捧げたオマージュが全編に散りばめられている。監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレで、同作品と同じく彼が少年時代に過ごしたシリチア地方を舞台にしている。エグゼクティブ・プロデューサーは「イル・ポスティーノ」のヴィットリオ・チェッキ・ゴーリと、リータ・チェッキ・ゴーリ。撮影は「クイック&デッド」のダンテ・スピノッティ、音楽は「ニュー・シネマ・パラダイス」「みんな元気」で監督と組んでいる巨匠エンニオ・モリコーネが担当。主演は「かぼちゃ大王」のセルジョ・カステリットと、本作がデビューのテッツィアーナ・ロダート。また、レオポルド・トリエステ、ニコラ・ディ・ピント、レオ・グロッタら「ニュー・シネマ・パラダイス」の面々が顔を見せるほか、有名デザイナーのドルチェ&ガッバーナが特別出演。120人の俳優のうちプロは20人で、あとはアマチュア劇団員や素人で固められ、素晴らしい演技を披露している。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
セルジョ・カステリット テッツィアーナ・ロダート フランコス・カルダーティ レオポルド・トリエステ

夜ごとの夢 イタリア幻想譚

  • 1996年1月13日(土)公開
  • 監督

イタリア北部のマレッキア渓谷を舞台にした三つの幻想的な挿話からなるオムニバス作品。当地の出身で、「アマルコルド」「ユリシーズの瞳」などの作品で知られるイタリアを代表する脚本家、トニーノ・グエッラが自作の短編集『砂塵』(本邦未訳)のなかの三編を脚色。ジョゼッペ・ベルトルッチ、マルコ・トゥリオ・ジョルダーノ、ジョゼッペ・トルナトーレの三人の監督が演出を分担し、音楽は巨匠エンニオ・モリコーネがつとめた。

監督
ジュゼッペ・ベルトルッチ ジュゼッペ・トルナトーレ マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演キャスト
ジャン・ユーグ・アングラード アルベルト・オッタヴィアーニ フィリップ・ノワレ ヴィント

関連ニュース

イタリア出身の人気シェフタレントが『シチリア!シチリア!』を紹介
イタリア出身の人気シェフタレントが『シチリア!シチリア!』を紹介(2010年12月7日)

イタリア本国で初登場2週連続第1位、大作を押しのけて異例の大ヒットを記録したイタリアが誇る巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ珠玉の最新作『シチリア!シチリア!』。本作…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュゼッペ・トルナトーレ