TOP > 映画監督・俳優を探す > ノエル・ウィルマン

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1968年 まで合計9映画作品)

1968年

燃える洞窟

  • 1968年9月28日(土)
  • 出演(Za-Tor 役)

H・ライダー・ハガードの小説SHEを映画化した「炎の女」の主人公をテーマとする怪奇映画で、ピーター・オドンネルの脚本により「新・泥棒株式会社」のクリフ・オーウェンが監督した。撮影は「ユリシーズ」のウォルフガング・スシッキー、音楽は「恐竜100万年」のマリオ・ナシンベーネが担当した。出演は「恐竜100万年」のジョン・リチャードソン、チェコ生まれの新人オリンカ・ベローワ、イギリス舞台出身のエドワード・ジャッド、「魚が出てきた日」のコリン・ブレークリーほか。製作は「恐竜100万年」の製作補佐をした女流製作者アイダ・ヤング。

監督
クリフ・オーウェン
出演キャスト
ジョン・リチャードソン オリンカ・ベローワ エドワード・ジャッド コリン・ブレークリー
1965年

蛇女の脅怖

  • 1965年
  • 出演(Frankrin 役)

「吸血鬼の接吻」のジョン・エルダーの脚本を、「妖女ゴーゴン」のジョン・ギリングが監督した蛇人種の恐るべき執念をテーマにした恐怖映画。撮影はアーサー・グラント、音楽はドン・バンクスが担当した。出演はノエル・ウィルマン、ジェニファー・ダニエル、レイ・ヴァレットほか。製作はアンソニー・ネルソン・キース。

監督
ジョン・ギリング
出演キャスト
ノエル・ウィルマン ジェニファー・ダニエル レイ・バレット ジャクリーン・ピアス
1964年

吸血鬼の接吻

  • 1964年8月13日(木)
  • 出演(Ravna 役)

ジョン・エルダーのシナリオを記録映画出身のドン・シャープが演出した怪奇ドラマ。撮影はアラン・ヒューム、音楽はジェームズ・バーナードが担当した。製作は、「吸血鬼ドラキュラの花嫁」のアンソニー・ハインズ。出演は「吸血狼男」のクリフォード・エヴァンス、舞台演出家のノエル・ウィルマン、「ローマの哀愁」のエドワード・デ・スーザ、ほかにジェニファー・ダニエル、バリー・ウォーレンなど。

監督
ドン・シャープ
出演キャスト
クリフォード・エヴァンス エドワード・デ・スーザ ノエル・ウィルマン ジェニファー・ダニエル
1962年

スパイ戦線

  • 1962年9月11日(火)
  • 出演(Interrogator 役)

R・J・ミニーの原作にもとづき、「女になる季節」のルイス・ギルバート監督がヴァーノン・ハリスと共同で脚色し彼が演出した作品で、女スパイの生涯を描いたもの。撮影はジョン・ウィルコックス、作曲はウィリアム・アルウィン、指揮はミューア・マシーソンが担当。出演者はヴァージニア・マッケナ、ポール・スコフィールド、ジャック・ウォーナー、ドニーズ・グレーなど。

監督
ルイス・ギルバート
出演キャスト
ヴァージニア・マッケナ ポール・スコフィールド ジャック・ウォーナー ドニーズ・グレー
1957年

二十七人の漂流者

  • 1957年4月22日(月)
  • 出演(Aubrey_Clark 役)

沈没した豪華船の乗客が1隻のボートにすがって漂流するという異色の海洋アクション・ドラマ。「紳士はブルーネット娘と結婚する」のリチャード・セイルが脚本を執筆、監督も兼ねた。撮影は「魔神スヴェンガリ」のウィルキー・クーパー、音楽はアーサー・ブリス。主演は「愛情物語」のタイロン・パワー、「黄金の賞品」のマイ・セッタリング、「ロケットパイロット」のロイド・ノーラン。タイロン・パワーとテッド・リッチモンド共同のコーパ・プロ第1回作。

監督
リチャード・セイル
出演キャスト
タイロン・パワー マイ・セッタリング ロイド・ノーラン ローレンス・ナイスミス
1956年

覆面の騎士

  • 1956年2月24日(金)
  • 出演(Du_Gueschine 役)

13世紀における、英仏100年戦争を背景にした時代活劇。ダニエル・ウルマンのストーリーと脚本から、「真紅の女」のヘンリー・レヴィンが監督した。撮影は「豪族の砦」のガイ・グリーン、作曲はセドリック・ソープ・デイヴィ。主な出演者は「剣侠と美女」のエロール・フリン、「命を賭けて」のジョアン・ドルー、「台風圏」のピーター・フィンチ、マイケル・ホーダーン、ルパート・デイヴィスなど。

監督
ヘンリー・レビン
出演キャスト
エロール・フリン ジョアン・ドルー ピーター・フィンチ マイケル・ホーダーン
1955年

マルタ島攻防戦

  • 1955年1月15日(土)
  • 出演(Hobley 役)

「戦慄の七日間」のピーターー・デ・サリニーが一九五三年に製作した戦記映画。「マオリ族の怒り」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドとナイジェル・バルチンの共同脚本より「舞姫夫人」のブライアン・デズモンド・ハーストが監督した。撮影は「ロミオとジュリエット(1954)」のロバート・クラスカー、音楽は「マオリ族の怒り」のウィリアム・オルウィン。出演者は、「地中海夫人」のアレック・ギネス、「マオリ族の怒り」のジャック・ホーキンス、「秘境ザンジバー」のアンソニー・スティール、「ジェット機M7号」のミュリエル・パヴロウ、「ロミオとジュリエット(1954)」のフローラ・ロブソン、「最後の突撃」のルネ・アシャーソンら。

監督
ブライアン・デズモンド・ハースト
出演キャスト
アレック・ギネス ジャック・ホーキンス アンソニー・スティール ミュリエル・パヴロウ
1953年

ジェット機M7号

  • 1953年8月1日(土)
  • 出演(Dennis Bord 役)

「四重奏」のアントニー・ダーンボロウが製作し、「激情」のアンソニー・アスキスが監督した航空映画一九五三年作品。脚本は「文化果つるところ」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドのオリジナル。撮影は「ハムレット(1947)」のデスモンド・ディキンソン、作曲は「極楽ホテル」のベンジャミン・フランケル、演奏指揮は「オリヴァ・ツイスト」のミュア・マシースンが担当。主演は「激情」のフィリス・カルヴァート、「舞姫夫人」のジェームズ・ドナルド、「艦長ホレーショ」のロバート・ビーティ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロムで、ミュリエル・パヴロウ(「間諜M1号」)、ウォルター・フィッツジェラルド(「宝島」)、モーリス・デナム(「青い珊瑚礁」)らが助演する。

監督
アンソニー・アスキス
出演キャスト
フィリス・カルヴァート ジェームズ・ドナルド ロバート・ビーティ ハーバート・ロム
1954年

アンドロクレスと獅子

  • 1954年10月16日(土)
  • 出演(Spintho 役)

ジョージ・バーナード・ショウの戯曲の映画化で、製作はショー作品の全映画化権を持っていた故ガブリエル・パスカル(「シーザーとクレオパトラ」)。「黒騎士」のケン・イングランドと「非常線(1953)」のチェスター・アースキンが脚色し、アースキンが監督した。撮影は「大砂塵」のハリー・ストラドリング、音楽はフレデリック・ホランダーが担当。出演は「聖衣」のジーン・シモンズ、「我輩は新人生」のアラン・ヤング、「聖衣」のヴィクター・マチュア、「紅の翼(1954)」のロバート・ニュートン、モーリス・エヴァンス、エルザ・ランチェスター、レジナルド・ガーディナーなど。

監督
チェスター・アースキン
出演キャスト
ジーン・シモンズ アラン・ヤング ヴィクター・マチュア ロバート・ニュートン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ノエル・ウィルマン

ムービーウォーカー 上へ戻る