TOP > 人物を探す > ジャン・ボワイエ

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1998年 まで合計7映画作品)

1989年

賭博師ボブ

  • 1989年12月16日(土)
  • 音楽

モンマルトルを舞台に、そこに棲息する賭博師たちの姿を描くノワール映画。製作はフロランス・メルヴィル、監督・脚本・脚色はジャン・ピエール・メルヴィル、共同脚色と台詞はオーギュスト・ル・ブルトン、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はエディ・バークレーとジャン・ボワイエが担当。出演はイザベル・コーレイ、ロジェ・デュシェーヌほか。

監督
ジャン・ピエール・メルヴィル
出演キャスト
イザベル・コーレイ ロジェ・デュシェーヌ ダニエル・コーシー ギイ・ドゥコンブル
1998年

すべての道はローマへ

  • 1998年11月28日(土)
  • 監督、製作

数学者と映画女優の珍道中を描いたコメディ。監督はジャン・ボワイエ。脚本は「われら巴里ッ子」のジャック・シギュール。撮影は「モンパルナスの灯」のクリスチャン・マトラ。音楽は「いとこ同志」のポール・ミスラキ。出演は「パルムの僧院」のジェラール・フィリップ、ミシュリーヌ・プレールほか。

監督
ジャン・ボワイエ
出演キャスト
ジェラール・フィリップ ミシュリーヌ・プレール マルセル・アルノルド ジャック・ルーヴィニイ
1940年

ミケット

  • 1940年
  • 監督、脚色、台詞

ロベール・ド・フレールとG・アルマン・ド・カイヤヴェ合作のブールヴァール芝居“Miquette et sa Mee”の再映画化で、ジャン・ボワイエがジャック・シャバンヌと脚色、そしてボアイエ自ら台詞を執筆して監督に当った。出演はダニエル・クレリス、マルグリット・ピエリー、レオン・ベリエール、アグネス・カプリ、シュザンヌ・ダンテスなど。撮影はビュジャールその他、装置はジャック・ローラン・アタラン、音楽はジャーヌ・ボス、歌はジョルジュ・ヴァン・パリスである。ちなみにこれはリリアン・ハーヴェイの渡仏第二回出演映画である。第一回出演映画は「セレナーデ」だ。

監督
ジャン・ボワイエ
出演キャスト
リリアン・ハーヴェイ アンドレ・ルフォール リュシアン・バルウ ダニエル・クレリス
1938年

憧れの君よ

  • 1938年
  • 監督、脚本

「イレ・シャルマン」と同じくアンリ・ギャラとメッグ・ルモニエが主演するオペレット映画で、「不良青年」のジャン・ボワイエが自ら書卸し、監督したもの。音楽は「みどりの園」「不良青年」のジョルジュ・ヴァン・パリスが作曲し、「忘却の砂漠へ」「南の誘惑(1937)」のロタール・ブリューネが編曲指揮し、撮影には「会議は踊る」等で助手だったオットー・ベッカーが当たった。助演は「女だけの都」「不良青年」のアレルム、「赤ちゃん」のナーヌ・ジェルモン、「ドン・キホーテ(1933)」のマディー・ベリー等で、「巴里の女」「赤ちゃん」のリュシアン・バルウがルモニエ、ギャラと同格で主演している。

監督
ジャン・ボワイエ
出演キャスト
メッグ・ルモニエ アンリ・ギャラ リュシアン・バルウ オルガ・ヴァレリー
1937年

背信

  • 1937年
  • 脚色

「暁に帰る」「巴里の評判女」に先んじてフランスで製作されたダニエル・ダリュー主演映画で、「暁に帰る」の脚色に参与したピエール・ヴォルフが書卸し、「暁に帰る」のアンリ・ドコアンが「不良青年」のジャン・ボワイエと協力脚色し、自ら監督に当たったものである。撮影は「暁に帰る」「美しき青春」のレオンス・H・ビュレル、作曲は「みどりの園」「恋愛交叉点」のジョルジュ・ヴァン・パリス、装置はギイ・ド・ガスチーヌが、それぞれ担当している。ダリュウと共に「禁男の家」のヴァランティーヌ・テシエ、「南方飛行」「レ・ミゼラブル」三部曲のシャルル・ヴァネルが主役を勤め、「はだかの女王」のイヴェット・ルボン、「暁に帰る」のピエール・マンガン、「沐浴」「旅順港」のジャン・ウォルムス、「望郷(1937)」のジルベール・ジル及びルネ・ベルジュロン、舞台のテレーズ・ドルニー、スヴェトラナ・ピトエフ等が助演している。

監督
アンリ・ドコアン
出演キャスト
ダニエル・ダリュー シャルル・ヴァネル ヴァランティーヌ・テシエ イヴェット・ルボン
1936年

不良青年

  • 1936年
  • 原作、脚色、監督

「禁男の家」「隊長ブーリバ」のダニエル・ダリューが「美わしの君」のアンリ・ギャラ及び「女だけの都」「ミモザ館」のアレルムを相手役として主演する映画で、ジャン・ボワイエが原作脚色監督したもの。音楽は「プレジャンの舟唄」のジョルジュ・ヴァン・パリスが作曲した。助演俳優の主なる者はマルグリット・タムプレィ、アルフレッド・パスクァリ、スュッフェル、ジャン・ダックス等である。

監督
ジャン・ボワイエ
出演キャスト
ダニエル・ダリュー アンリ・ギャラ アレルム マルグリット・タムプレィ
1933年

連隊の花嫁

  • 1933年
  • 作詞

ドイツ映画界の人気女優アニー・オンドラが主演する映画のフランス語版で、オンドラ映画の共同製作者たり監督者たるカール・ラマックの指導の下に「第2情報部」のピエール・ビヨンが監督に当たったもの。ドニゼッティ作の喜歌劇を素材としてハンス・H・ツェルレットが脚本を執筆した。助演者は「外人部隊(1933)」「モスコウの一夜」のピエール・リシャール・ウィルムを始め、「別れの曲」のポール・アスラン、「ヴェルダン 歴史の幻想」のジョゼ・ダヴェール、クロード・ドーファン、マルファ・デルヴィリー、アンドレ・ロレーヌ其の他の面々で、撮影はO・ヘラー、音楽は「黒い瞳(1935)」のミシェル・レヴィーンが夫々担当している。

監督
カール・ラマック ピエール・ビヨン
出演キャスト
アニー・オンドラ ピエール・リシャール・ウィルム マルファ・デルヴィリー アンドレ・ロレーヌ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャン・ボワイエ