映画-Movie Walker > 人物を探す > チェスター・アースキン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1954年 まで合計4映画作品)

1954年

アンドロクレスと獅子

  • 1954年10月16日(土)公開
  • 監督、脚色

ジョージ・バーナード・ショウの戯曲の映画化で、製作はショー作品の全映画化権を持っていた故ガブリエル・パスカル(「シーザーとクレオパトラ」)。「黒騎士」のケン・イングランドと「非常線(1953)」のチェスター・アースキンが脚色し、アースキンが監督した。撮影は「大砂塵」のハリー・ストラドリング、音楽はフレデリック・ホランダーが担当。出演は「聖衣」のジーン・シモンズ、「我輩は新人生」のアラン・ヤング、「聖衣」のヴィクター・マチュア、「紅の翼(1954)」のロバート・ニュートン、モーリス・エヴァンス、エルザ・ランチェスター、レジナルド・ガーディナーなど。

監督
チェスター・アースキン
出演キャスト
ジーン・シモンズ アラン・ヤング ヴィクター・マチュア ロバート・ニュートン

非常線(1953)

  • 1954年1月公開
  • 原作

俳優から監督に転向したディック・パウエルの第1回監督作品。「卵と私」のチェスター・アースキンとアーヴィング・ウォーレスが協力して書き下ろした物語を、ウォレスと「拳銃王」のウィリアム・バワーズが脚色し、「海賊黒ひげ」のエドモンド・グレインジャーが製作に当たった。撮影は「ママの思い出」のニコラス・ミュスラカ、音楽は「剣豪ダルタニアン」のロイ・ウェッブの担当。出演者は「ウィンチェスター銃'73」のスティーブン・マクナリー、「鉄路の弾痕」のアレクシス・スミス、「地獄の英雄」のジャン・スターリング、「海賊黒ひげ」のキース・アンデス、「果てしなき蒼空」のアーサー・ハニカット、他にポール・ケリー、ロバート・ペイジなど。

監督
ディック・パウエル
出演キャスト
スティーブン・マクナリー アレクシス・スミス ジャン・スターリング キース・アンデス
1947年

卵と私

  • 1947年当年公開
  • 監督、製作、脚色

「淑女と拳骨」と同じくクローデット・コルベールとフレッド・マクマレイが主演する映画で、ベテイ・マクドナルドのベスト・セラーの映画化である。監督には映画に初めての舞台劇演出家チェスター・アースキンが当り、脚色もアースキンが彼と共同製作者であるフレッド・F・フィンクルホフと協力した。撮影は「ミネソタの娘」のミルトン・クラスナーが指揮した。助演は「キャグニーの新聞記者」のマージョリー・メイン、新顔のルイズ・オルブリットン「ステート・フェア(1945)」のパーシー・キルブライト、「赤い家」のリチャード・ロング、ビリー・ハウス、ファジー・ナイト等である。

監督
チェスター・アースキン
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ マージョリー・メイン ルイズ・オルブリットン
1933年

男性の王者

  • 1933年当年公開
  • 原作

「戦時特派員」「恩讐」のジャック・ホルトが主演する映画で、チェスター・アースキンとユージーン・ソロウの原作を、「風雲の支那」のエドワード・E・パラモア・ジュニアと「鷲と鷹(1933)」のシートン・I・ミラーが共同脚色死、西部劇監督として名のあるランバート・ヒルヤーが監督に当たり、「青空天国」のジョー・オーガストが撮影した。助演は「バワリイ」「魔の海底」のフェイ・レイ、「青空天国」「戦時特派員」のウォルター・コノリー、「ジェニイの一生」のデオドル・フォン・エルツ、「アフリカは笑ふ」のバートン・チャーチルの面面である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ジャック・ホルト フェイ・レイ ウォルター・コノリー セオドア・フォン・エルツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チェスター・アースキン