映画-Movie Walker > 人物を探す > ドーア・デイヴィッドソン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1927年 まで合計10映画作品)

1927年

悲恋の楽聖

  • 1927年
  • 出演(Pawnbroker 役)

チャールズ・クライン氏作の舞台劇を映画化したもので、原作者の息子たるフイリップ・クライン氏が映画脚色し、「兄貴」「神ぞ知る」等と同じくアラン・ドワン氏が監督した。「サンキュー」「大山鳴動」等出演の老優アレック・B・フランシス氏が主役を演じ、「神我に二十銭を賜う」「燃ゆる唇」等出演のロイス・モーラン嬢、「ボー・ジェスト(1927)」「沙漠颪(1926)」等出演のニール・ハミルトン氏、ノーマン・トレヴァー氏、チャールズ・レーン(チャールズ・レヴィソン)氏等が主要なる役を演じているほか、ヘレン・チャンドラー嬢、ハワード・カル氏、ドア・デヴイツドソン氏等が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
アレック・B・フランシス ロイス・モラン ニール・ハミルトン ノーマン・トレヴァー

タイタニック(1927)

  • 1927年
  • 出演(Channon_Lipvitch 役)

フェリックス・リーゼンバーク氏原作の「イースト・サイド・ウエスト・サイド」と言う小説を映画化したもので「悲恋の楽聖」「近代恋愛ごっこ」等と同じくアラン・ドワン氏の監督になったものである。ドワン氏が自ら小説をアダブトし、それをキャサリン・ヒリカー女史及H・H・カルドウェル女史が脚色した。主役は「ボクシング修羅王」「雲晴れて愛は輝く」に最近主演したジョージ・オブライエン氏で、「雲晴れて愛は輝く」のヴァージニア・ヴァリ嬢、J・ファーレル・マクドナルド氏、この映画で処女出演をするジューン・コリアー嬢、その他ドーア・デイヴィッドソン氏、ホームズ・ハーバート氏、ジョン・ミルターン氏等が共演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジョージ・オプライエン ヴァージニア・ヴァリ J・ファーレル・マクドナルド ドーア・デイヴィッドソン
1925年

竜巻

  • 1925年
  • 出演(Elman 役)

D・W・グリフィス氏のパラマウント入社第一回作品で原作はコスモポリタン誌に連載されたエドウィン・バルマー氏作の小説でポール・ショーフィールド氏が脚色の任に当った。主役はキャロル・デンプスター嬢で、「曲馬団のサリー」で共演したW・C・フィールズ氏、「荒み行く女性」等出演のジェームズ・カークウッド氏、「荒野の孤児」等出演のハリソン・フォード氏及びポール・エヴァートン氏が助演している。

監督
デイヴィッド・ウォーク・グリフィス
出演キャスト
キャロル・デンプスター W・C・フィールズ ジェームズ・カークウッド ハリソン・フォード
1924年

千客万来(1924)

  • 1924年
  • 出演(Isadore_Solomon 役)

アーロン・ホフマン氏作の舞喜劇に基づきジェームズ・ヤング氏とウィラード・マック氏とが脚色し、「ペルシャの暴君」等と同じくジェームズ・ヤング氏が監督したもので、主役は「バーバラ・フリッチ」等出演のフロレンス・チダー嬢で、「人生の濁流」等出演のロイド・ヒューズ氏、「悍馬は猛る」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢を始めノア・ビアリー氏、ドーア・デチッコスン氏、ウィリアム・V・モング氏等が助演している。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ドーア・デイヴィッドソン フローレンス・ヴィダー ヴァージニア・ブラウン・フェアー ノア・ビアリー

歓楽の不夜城

  • 1924年
  • 出演(Adolph_Lutz 役)

「争闘の熱血」「拳闘王」等の原作を書いたH・C・ウィットワー氏の書き卸したものを、ルーサー・リード氏が脚色し、「女房征服」「漂泊の孤児」等と同じくE・メイソン・ホッパー氏の監督したもの。主役は「恋の関門」「洋上の薔薇」等主演のアニタ・スチュアート嬢、「負けじ魂」等のT・ロイ・バーンズ氏、喜歌劇のスターから映画界に初めて飛び込んだオスカー・ショウ氏等であるが、その他にも有名なジーグフェルド・フォーリス美人合唱団や、ハースト系新聞紙の有名な記者、寄稿家等が多数顔を見せて、米国における興業価値を高めた。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
アニタ・スチュアート T・ロイ・バーンズ オスカー・ショウ トム・ルイス
1923年

名優の追想

  • 1923年
  • 出演(Sam_Lewis 役)

アデレード・ライツバックとテオドール・ライブラー・ジュニア合作になる舞台劇に基づいたもので、マレイ・ガルスンが独立で製作したのをメトロで発売した映画でラルフ・インスが監督した。主役は舞台から来たブランドン・タイナン、「貴公子振り」等出演のナオミ・チルダース、「空弾の悲劇」等出演のメアリー・アスター等で、舞台俳優の裏面を描いた劇である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ブランドン・タイナン ナオミ・チルダース メアリー・アスター ドーア・デイヴィッドソン

紫雲の彼方へ

  • 1923年
  • 出演(Manny_Bean 役)

ケンマ会社が製作し、パラマウントから発売された作品で、原作はルーサー・リードと、ヘール・ハミルトン合作の舞台劇「親愛なる私よ」“Dear Meに基づき、ルーファス・スティールが脚色し、「平民宰相」「雪の花嫁」等と同じくヘンリー・コルカーが監督した。主役は久し振りで映画界へ復帰したマッジ・ケネディーで、「本町通り」「結婚哲学」等主演のモント・ブルーと、「若きダイアナ」等出演のペドロ・デ・コルドヴァとが対手役を演じている。原名の“Dear Meとは、ヒロインが自分に宛てた手紙を書いて、自分の考えを述べるのから取ったものである。

監督
ヘンリー・コルカー
出演キャスト
マッジ・ケネディー モント・ブルー ペドロ・デ・コルドヴァ エミリー・フィッツローイ

想い出のブロードウェイ

  • 1923年
  • 出演(Lou_Gorman 役)

サタデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたアール・ダー・ビッガーズ氏作の小説に基づき、「母よ何処」等と同じくサール・ドウリー氏が監督した。主役は「オーバー・ザ・ヒル」主演のメアリー・カー夫人、「冬来りなば」のパーシー・マーモント氏、「名家の秘密」のエドワード・アール氏等である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
メアリー・カー パーシー・マーモント グラディス・レスリー ドーア・デイヴィッドソン
1922年

暗中の光

  • 1922年
  • 出演(Jerusalem_Mike 役)

ウィリアム・ダドリー・ペリーの原作を「誰が罪で」「信号塔」等と同じくクラレンス・ブラウンが監督。主役は「晩年の誘惑」「百花笑えば」のホープ・ハンプトン、「ノートルダムのせむし男(1923)」「地獄の姫百合」のロン・チャニー、「神の変えし女」のE・K・リンカーン。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ホープ・ハンプトン E・K・リンカーン ロン・チャニー Theresa Maxwell Conover
1920年

ユーモレスク(1920)

  • 1920年
  • 出演(Abraham_Kantor 役)

1920年度の優秀作品として、フォトプレイ・マガジーン誌が金碑を贈った名篇で、ファニー・ハーストの原作になったニューヨークイースト・サイドの貧民窟を背景とせる母の愛を描ける物語である。「農場のレベッカ」「青年大尉キッド」などを脚色したフランセス・マリオンが脚色し、古く「神の鉄槌」や「巴里の花売」の監督者として知られているフランク・ボーゼージの監督になったもので、スターとしては「休なき魂」「緑車を馳る女」などでおなじみのアルマ・リューベンスが挙げられているが、実は母を演じるロシア生まれのヴェラ・ゴードン夫人と、パリに生まれサラー・ベルナール一座で訓練されたガストン・グラスの2人が主役である。本映画における驚くべき成功はこの2人をしてその後映画界の寵児たらしめた。母の愛を描いた作品として、「オーバー・ザ・ヒル」「母の愛」などとはまた異った味を出している。泣かせるシーンは殆どないが、温い、自我を忘れた母愛の表現は、観ていて実に温い気持ちを抱かせる。撮影的技術も頗る美しいものである。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ヴェラ・ゴードン ドーア・デイヴィッドソン ボビー・コノリー ガストン・グラス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドーア・デイヴィッドソン