映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・ホリスター

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1925年 まで合計6映画作品)

1925年

踊り狂う人々

  • 1925年当年公開
  • 出演(Mrs._Mayne 役)

ジェラルド・デュモオリエ氏とヴァイオラ・トリー女史との合作舞台劇「踊る人々」に基づきエドモンド・グールディング氏が脚色したものを「再生の男(1924)」「当世三人娘」等と同じくエメット・J・フリン氏が監督した。主役には「アイアン・ホース」「当世三人娘」等出演のマッジ・ベラミー嬢と「愛? 金?」「天界への挑戦」当出演のアルマー・ルウペンス嬢とが二人の女に扮するほかフリーマン・ウッドうじ、ウォルター・マッグレイルうじノーブル・ジョンソン氏等出演。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ジョージ・オブライエン アルマ・ルーベンス マッジ・ベラミー テンプラー・ザクス
1924年

浮気哲学

  • 1924年当年公開
  • 出演(Mrs._Callender 役)

ルイス・ジョセフ・ヴァンス氏作の小説をジュリア・クロフォード・アイヴァース女史が脚色し、「武士道華やかなりし頃」「絶世の美姫」等の監督者ロバート・G・ヴィニョーラ氏がMG社第1回作品として監督したもので主役は「3人の女性」「死途の小唄」等出演のポーリン・フレデリック嬢が演じ、「受難のテス」「痴人哀楽」等出演のコンラッド・ネーゲル氏「さすらいの人々」「女房征服」等出演のメイ・ブッシュ嬢、「社交界の誘惑」「幸福の扇」等出演のハントリー・ゴードン氏が共演する他パターソン・ダイアル嬢も助演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
ポーリン・フレデリック コンラッド・ネーゲル メイ・ブッシュ ハントリー・ゴードン
1922年

忘れられし法律

  • 1922年当年公開
  • 出演(Rosalie 役)

キャロライン・アボット・スタンリー原作の小説「現代のマドンナ」“A Modern Madonnaから脚色したもので、監督はジェームズ・W・ホーン。主役は「燃ゆる砂」「善悪の境」等主演のミルトン・シルス、「社交界の怪賊」等主演のジャック・マルホール、女優はクレオ・リッジリーである。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
ミルトン・シルス ジャック・マルホール クレオ・リッジリー アレック・B・フランシス
1921年

暗中の声

  • 1921年当年公開
  • 出演(Amelia 役)

ラルフ・ダイアーの舞台劇を「13号室」「太平洋の娘」のフランク・ロイドが監督したミステリー・ドラマ。アイリーン・リッチ、オーラ・ケイリュー、ウィリアム・スコット、ラムゼイ・ウォーレス等が主役である。ニュース誌は「喜劇なる舞台劇--殊に暗中の声を主題としたものであるから、映画劇としての凄味が出ない」と評している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ラムゼイ・ウォーレス アイリーン・リッチ アレック・B・フランシス アラン・ヘイル
1920年

青春を顧みて

  • 1920年当年公開
  • 出演(Gertrude_Rhead 役)

アーノルド・ベネット氏とエドワード・ノブロック氏合作に成る舞台劇に基づきルイス・シャーウィン氏が脚色し、ポール・スカードン氏が監督した。主役は「良人の危険時代」「義人の死」等出演のルイス・ストーン氏で、「女性の悩み」「黄昏の孤児」出演のメアリー・アルデン嬢等が出演している。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ライオネル・ベルモア ハーヴェイ・クラーク ルイス・ストーン アリス・ホリスター
1918年

戦く悪魔

  • 1918年当年公開
  • 出演(Stella_Hill 役)

ユージーン・ウォルター氏の原作をチャールズ・メイン氏脚色し、ロバート・G・ヴィニョーラ氏が監督したものである。主役はアリス・ブラディ嬢で、フランク・モーガン氏クローフォード・ケント氏、ジョニー・ウォーカー氏等が相手役を演じている。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
アリス・ブラディ フランク・モーガン クロフォード・ケント Helen Lackaye
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・ホリスター