TOP > 映画監督・俳優を探す > オーラ・ケイリュー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1922年 まで合計5映画作品)

1922年

シャーロック・ブラウン

  • 1922年
  • 出演(Barbara_Musgrave 役)

「唖娘と跛男」の監督をしたベイヤード・ヴェイラーが原作と監督をした喜活劇で、主役は「野心満々」「失うべからず」等主演のバート・ライテルで「大馬鹿者」出演のオーラ・ケイリュー、「吹雪の野辺に」「バヴー」出演のシルヴィア・ブリーマーが対手役である。

監督
ベイヤード・ヴェイラー
出演キャスト
バート・ライテル オーラ・ケイリュー シルヴィア・ブリーマー デウィット・ジェニングス

黒煙蒙々

  • 1922年
  • 出演(Marie_Clement 役)

ロブ・ワグナー氏の原作及び脚色、チャールズ・レイ氏の監督主演になる活劇で、相手役はオーラ・ケイリュー嬢である。

監督
チャールズ・レイ
出演キャスト
チャールズ・レイ チャールズ・K・フレンチ Forlence Oborle オーラ・ケイリュー
1921年

白魚賊

  • 1921年
  • 出演(Enid_Camden 役)

「ヴァレンタイン」「赤熱の十字架」「靴と恋」などと同じくバート・ライテル主演メトロ映画で、ジャクソン・グレゴリーの小説をレノア・コフィーが脚色したものである。監督はベイヤード・ヴェイラーで老役の名手エディス・チャップマン夫人や、「疑惑の下に」などに出演のオーラ・ケイリューが相手役として出演している。

監督
ベイヤード・ヴェイラー
出演キャスト
バート・ライテル オーラ・ケイリュー フランク・エリオット エディス・チャップマン

暗中の声

  • 1921年
  • 出演(Adele_Warren 役)

ラルフ・ダイアーの舞台劇を「13号室」「太平洋の娘」のフランク・ロイドが監督したミステリー・ドラマ。アイリーン・リッチ、オーラ・ケイリュー、ウィリアム・スコット、ラムゼイ・ウォーレス等が主役である。ニュース誌は「喜劇なる舞台劇--殊に暗中の声を主題としたものであるから、映画劇としての凄味が出ない」と評している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ラムゼイ・ウォーレス アイリーン・リッチ アレック・B・フランシス アラン・ヘイル
1920年

歓楽の夢は淡し

  • 1920年
  • 出演(Clarice_Monnier 役)

ルゥ・テルジャン氏とウィラード・マック氏合作の舞台劇をカセリン・リード女史が脚色し「我れ世に誇る」等と同じくエドワード・スロウマン氏の監督したもの。主役はウォルター・マッグレイル氏とリートリス・ジョーイ嬢でそのクララ・ホートン嬢、クレア・マクドウェル嬢、オーラ・ケイリュー嬢等共演。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ウォルター・マッグレイル リートリス・ジョーイ クレア・マクドウェル ジョセフ・スウィッカード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > オーラ・ケイリュー

ムービーウォーカー 上へ戻る