映画-Movie Walker > 人物を探す > ラムゼイ・ウォーレス

年代別 映画作品( 1914年 ~ 1924年 まで合計11映画作品)

1924年

曠原に立ちて

  • 1924年
  • 出演(Montie 役)

アーサー・ストリンジャー氏の小説に基づき、ケイリー・ウィルソン氏が脚色し「海の掟」等と同じくヴィクター・フレミング氏が監督したもの。主役は「北緯36度」「荒野の放浪者」主演のジャック・ホルト氏「縺れ行く情火」「奔流恋を乗せて」等出演のノーマ・シアラー嬢で、その他にもガートルード・オルムステッド嬢等が美しい所を見せている。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ジャック・ホルト ノーマ・シアラー チャールズ・クラリー ヘイゼル・キーナー

掟(1924)

  • 1924年
  • 出演(Ralph_Allen 役)

「人類の破滅」に続いてウォレス・リード夫人が主演した映画で、アデラ・ロジャース・セント・ジョン女史が特に夫人のために書きおろし、マリオン・ジャクソン女史とブラドレー・キング女史とが脚色し、ロイ・ウィリアム・ニール氏が監督したもの。リード夫人の相手役には、「冬来たりなば」「消えゆく灯」出演のパーシー・マーモント氏、「我が恋せし乙女」等出演のラムゼイ・ウォーレス氏、「闘争の熱血」等出演のアーサー・ランキン氏等が出演する。母性愛を説いた作品である。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
ウォレス・リード夫人 パーシー・マーモント ラムゼイ・ウォーレス Jacquelline Saunders
1923年

我が愛したる娘

  • 1923年
  • 出演(Willie_Brown 役)

「懐かしの泉」同様ジェームズ・ウィットコーム・リレーの短詩から脚色したもので、「裸一貫(1922)」と同じくジョセフ・ド・グラスの監督になったもの。チャールズ・レイのユナイテッド社第2回作品である。対手役はジウエル大作品「ノートルダムのせむし男(1923)」やゴールドウィン映画「無我夢中」等出演の新進パッシー・ルス・ミラー。その他ラムゼイ・ウォーレス、エディス・チャップマン夫人等が出演する。

監督
ジョセフ・ド・グラス
出演キャスト
チャールズ・レイ パッシー・ルス・ミラー ラムゼイ・ウォーレス エディス・チャップマン

臨時雇の娘

  • 1923年
  • 出演(Phillip_Hackett 役)

メイベル・ノーマンドが久振しりで主演した人情喜劇で、マック・セネットが原作を書き、「ミッキー」以来のノーマンドの監督として名声あるF・リチャード・ジョーンズがやはり監督の任に当たった。ノーマンドの対手には「世界を敵として」「放埒娘」等出演のラルフ・グレイヴス、「危険なる処女時代」等出演のジョージ・ニコルズが出演する。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
メイベル・ノーマンド ジョージ・ニコルズ アナ・ドッジ ヴァーノン・デント

反抗の叫び

  • 1923年
  • 出演(Hiram_Ward 役)

「恋を求めて」と同様ユ社グラディス・ウォルトン嬢主演映画で、脚色者と監督者が同じで、エディス・バーナード・デラノ女史の原作をヒュー・ホフマン氏が脚色し、キング・バゴット氏が監督したものである。相手役はラムゼイ・ウォーレス氏、其他ダンカン連続ものでかつてはお馴染みじあったキャロル・ハロウェイ嬢等出演。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
グラディス・ウォルトン ラムゼイ・ウォーレス アルバート・プリスコ フリーマン・ウッド

砂塵千里

  • 1923年
  • 出演(Richard_Brownlee 役)

リージェント会社で製作しホドキンスンが発売した自動車活劇で、原作はW・F・スターム氏、脚色はH・H・ヴァン・ローン氏、監督は「狐」「狼の心」等と同じくロバート・ソーンビー氏で、主役は古い喜劇俳優で久し振りに映画に復帰したウォーリー・ヴァン氏で、対手は「我が恋せし乙女」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢である。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
ウォーリー・ヴァン アレック・B・フランシス パッシー・ルス・ミラー ウィルトン・タイラー
1921年

誘惑の唇

  • 1921年
  • 出演(Frederick_Vibart 役)

ジョン・A・モロスコ原作の人情劇を「龍の網」の脚色者ジョージ・ハイヴリーが脚色し、「混乱の巷」と同じくキング・バゴットが監督したもの。主役は「牧場の小公女」のエディス・ロバーツで、ダレル・フォスが相手役である。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ダレル・フォス エディス・ロバーツ ラムゼイ・ウォーレス ウィリアム・ウェルチ

巴里の驚異

  • 1921年
  • 出演(Mortimer_Handly 役)

「鉄槌を揮って」の主役として始めて紹介されたデュポンの第2回目のユ社映画で、監督はジャック・コンウェイである。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ミス・デュポン ジャック・ペリン エリノア・ハンコック ラムゼイ・ウォーレス

暗中の声

  • 1921年
  • 出演(Harland_Day 役)

ラルフ・ダイアーの舞台劇を「13号室」「太平洋の娘」のフランク・ロイドが監督したミステリー・ドラマ。アイリーン・リッチ、オーラ・ケイリュー、ウィリアム・スコット、ラムゼイ・ウォーレス等が主役である。ニュース誌は「喜劇なる舞台劇--殊に暗中の声を主題としたものであるから、映画劇としての凄味が出ない」と評している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ラムゼイ・ウォーレス アイリーン・リッチ アレック・B・フランシス アラン・ヘイル
1920年

女市長

  • 1920年
  • 出演(Frank_Stanton 役)

アーリン・ヴァン・ネス・ハインスの原作になった舞台劇を、デニソン・クリフトが脚色し、ポール・カゼノーヴが監督した人情劇で、フォックス社のスターであったアイリーン・パーシーの主演劇である。相手役はラムゼイ・ウォーレス。

監督
ポール・カゼノーヴ
出演キャスト
アイリーン・パーシー ラムゼイ・ウォーレス Charles Force William Fletcher
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラムゼイ・ウォーレス