TOP > 人物を探す > ノーマン・ウォーカー

年代別 映画作品( 1910年 ~ 1950年 まで合計3映画作品)

1949年

闇の人生航路

  • 1949年9月
  • 監督、製作

プロデューサーとして監督として相当の古参であるノーマン・ウォーカーが、彼自身幹部の一員でGHWプロで製作監督した作品でドローシー・ホイップルの小説をヴィクター・マックリューアが脚色したもの。撮影は、「うずまき」のアーウィン・ヒリヤーで、音楽はジョン・グリーンウッドの作曲である。主演は「失われた男」「捕われた男」のマーヴィン・ジョンズ、「忘れじの巴里」のジョイス・ハワード、「灰色の男」のノラ・スウィンバーン、舞台と映画に悪役を得意とするアルフレッド・ドレイトン、新人ジョーン・グリーンウッド、舞台の老女優マリー・オールト、ショーン・モード其他である。

監督
ノーマン・ウォーカー
出演キャスト
マーヴィン・ジョンズ ノラ・スウィンバーン ジョイス・ハワード アルフレッド・ドレイトン
1950年

最後の突撃(1944)

  • 1950年11月13日(月)
  • 製作

「邪魔者を除け」「落ちた偶像」「第三の男」の監督として有名なキャロル・リードが戦時中に作った映画で、「情熱の友」の脚色者エリック・アンブラーが書卸した原作を、彼が監督・脚本家・俳優のピーター・ユスティノフと共同で脚色し、「大いなる遺産」「情熱の友」のガイ・グリーンが撮影した。音楽は「艶ごと師」のウィリアム・オルウィン、製作は「闇の人生航路」のノーマン・ウォーカーと「魔の山」のジョン・サトロである。「天国への階段」「素晴らしき接吻」のデイヴィッド・ニーヴンが主演し、彼を助けて「ハムレット(1947)」「幸福なる種族」のスタンリー・ホロウェイ、「船団最後の日」のジェームズ・ドナルド、「激情」「シーザーとクレオパトラ」のジョン・ローリー、「誘惑の港」のレスリー・ドワイヤー、俳優で脚本も書き「トリエスト行寝台列車」等に出たヒュー・バーデン、「兇弾」のジミー・ハンリー、「誘惑の港」のウイアム・ハートネル、「三つの情熱」のレイモンド・ハントレー、監督兼俳優のピーター・ユスティノフ、「ヘンリー五世(1945)」のルネ・アシャーソン、「四重奏」のジャック・ワトリング等が助演。

監督
キャロル・リード
出演キャスト
デイヴィッド・ニーヴン スタンリー・ホロウェイ ジェームズ・ドナルド ジョン・ローリー
1910年

流血軍団

  • 1910年
  • 監督

ベン・ランデック氏とアーサー・シャーリー氏との合作舞台劇をイアン・ヘイ氏が改作したものから、エリオット・スタナード氏が脚色し、それによってノーマン・ウォーカー氏が監督したものである。主役はウォルター・バトラー氏で、それを助けてヘンリー・ヴィクター氏と「クオヴァディス」「恋は盲目」出演のリリアン・ホール・デイヴィス嬢とが重要な役を演じている。(無声)

監督
ノーマン・ウォーカー
出演キャスト
Jerold Robertshaw リリアン・ホール・デイヴィス ヘンリー・ヴィクター ウォルター・バトラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ノーマン・ウォーカー