映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイ・サルー

年代別 映画作品( 1949年 ~ 2005年 まで合計8映画作品)

2005年

天井桟敷の人々

  • 2005年1月15日(土)公開
  • 出演(Le Comte de Montray 役)

 名匠マルセル・カルネによるフランス映画の大作。19世紀半ばのパリの芝居小屋を舞台に、パントマイム役者バチストを囲む人々の波瀾万丈の人生を描く。とにかく素晴らしい名セリフの数々にご注目。

監督
マルセル・カルネ
出演キャスト
ピエール・ブラッスール レオン・ラリブ アルレッティ マルセル・エラン
1998年

パルムの僧院 完全版

  • 1998年11月7日(土)公開
  • 出演(Ernest IV 役)

波瀾万丈の運命をたどる青年を描いた大河ロマンの完全版。51年の最初の日本公開時より、15分長いヴァージョンで、夭折の美男俳優として名高いジェラール・フィリップの特集上映ジェラール・フィリップ映画祭で上映された。文豪スタンダールの同名小説の映画化。監督はフィリップとは「花咲ける騎士道」でも組んだクリスチャン=ジャックで、脚本は彼とピエール・ヴァリの共同。撮影はニコラ・エイエ。音楽はレンツォ・ロッセッリーニ。共演は「オルフェ」のマリア・カザレス、「天井桟敷の人々」のルイ・サルーほか。1998年11月7日より、東京・テアトル新宿にて開催された「ジェラール・フィリップ映画祭II」にて公開。

監督
クリスチャン・ジャック
出演キャスト
ジェラール・フィリップ マリア・カザレス ルイ・サルー レネ・フォーレ
1951年

ファビオラ(1948)

  • 1951年8月7日公開
  • 出演(Fulvio 役)

枢機卿ワイズマンの原作を、アレッサンドロ・ブラゼッティ(「雲の中の散歩」)が脚色・監督した一九四八年度伊仏合作作品で製作はサルヴォ・ダンジェロ。撮影はオスワルド・シヴィラーニが担当し、音楽はエンツォ・マゼッティの担当。主演は「想い出の瞳」のミシェル・モルガンと「傷心の湖」のアンリ・ヴィダル、以下ミシェル・シモン(「旅路の果て」)、ルイ・サルー(「パルムの僧院」)、ジィノ・チェルヴィ(「雲の中の散歩」)、マッシモ・ジロッティ(「荒野の抱擁」)、フランコ・インテルレンギ(「靴みがき」)、カルロ・ニンキ、シルヴァーナ・ジャキーノらが助演する。なお本邦で公開されるプリントは、アメリカ劇作家マアク・コネリイがフレッド・プレスバアガアとアダプトに当たった英語版。

監督
アレッサンドロ・ブラゼッティ
出演キャスト
ミシェル・モルガン ミシェル・シモン アンリ・ヴィダル ジーノ・チェルヴィ

パルムの僧院

  • 1951年2月6日公開
  • 出演(Ernest 4 役)

スタンダールの『パルムの僧院』の映画化で、脚本はフランスの探偵小説家ピエール・ヴェリ、ピエール・ジャリ、クリスチャン・ジャックの共同執筆で、台詞もヴェリが担当している。監督は「幻の馬」「カルメン(1946)」「幻想交響楽」のクリスチャン・ジャック、撮影は「偽れる装い」「密告(1943)」のニコラ・エイエ、音楽はレンツォ・ロッセリーニ、装置ドオボンヌ、衣裳アンネンコフというスタッフで、「王様」「オルフェ」のアンドレ・ポオルヴェ・プロダクション一九四八年度の作品である。主演者は「すべての道はローマへ」のジェラール・フィリップ、我が国に初登場のマリア・カザレス(本映画によりロカルノ映画祭女優演技賞を得ている)、「憂愁夫人」のルネ・フォール、「火の接吻」のルイ・サルー以下、アッチリオ・ドッテジオ、チュリオ・カルミナチ、リュシアン・コエデル、ルイ・セニエ、マリア・ミキ、エンリコ・グロリ、アルド・シルヴァーニ、クラウディオ・ゴーラ等が助演している。

監督
クリスチャン・ジャック
出演キャスト
ルネ・フォール ジェラール・フィリップ ルイ・サルー マリア・カザレス
1950年

火の接吻

  • 1950年11月3日公開
  • 出演(Ettore Maglia 役)

脚本家から最近監督に進出したアンドレ・カイヤットの一九四九年作品。カイヤット書卸しのストーリーを「霧の波止場」「悪魔が夜来る」「高原の情熱」のジャック・プレヴェールが脚色し台詞も執筆。出演者は「情婦マノン」のセルジュ・レジアニと「密会」のアヌーク・エーメを恋人役に、「霧の波止場」「高原の情熱」のピエール・ブラッスール、「バラ色の人生」のルイ・サルー、「大いなる幻影」のマルセル・ダリオ、シャンソン歌手として有名だったマリアンヌ・オスワルド等が主要な役柄を演じる。撮影はアンリ・アルカン。音楽は「モロッコ守備隊」のジョゼフ・コスマ。

監督
アンドレ・カイヤット
出演キャスト
ピエール・ブラッスール マルセル・ダリオ セルジュ・レジアニ ルイ・サルー
1949年

バラ色の人生(1948)

  • 1949年10月公開
  • 出演(Turlot 役)

新人監督ジャン・フォーレエの作品で「奥様は唄に首ったけ」のルネ・ウェレルが脚本を書きおろし、「北ホテル」「大いなる幻影」のアンリ・ジャンソンが台詞を書いた。撮影は「幻の馬」のルイ・パージュが指揮し、音楽は「奥様は唄に首ったけ」のジョルジュ・ヴァン・パリスが作曲した。出演は「乙女の星」「最初の舞踏会」のフランソワ・ペリエ「永遠の争い」「乙女の星」のルイ・サルーをはじめ「敗北者」にも出演するコレット・リシャール、シモーヌ・ヴァレール、ギュスターヴ・ガレー等で、ジャック・メルシエ、フランソワ・パトリス、セルジュ・エムリックも活躍している。

監督
ジャン・フォーレエ
出演キャスト
フランソワ・ペリエ ルイ・サルー コレット・リシャール シモーヌ・ヴァレール

永遠の争い

  • 1949年8月公開
  • 出演(Chardeuil 役)

「北ホテル」「素晴らしき接吻」のアナベラ、「弾痕」「幻の馬」のフェルナン・ルドウ、「乙女の星」「ジブラルタルの鮫」のルイ・サルー、「海の牙」「美女と野獣」のミシェル・オークレールが主演する映画で、「しのび泣き」「ミモザ館」のシャルル・スパークが「犯罪河岸」のジャン・フェリーと協力して原作脚色して台詞を書き、「情熱のバラ」の製作者ジョルジュ・ランパンが監督し、「大いなる幻影」「旅路の果て」のクリスチャン・マトラが撮影した。助演は「しのび泣き」のリーヌ・ノロ、「恐るべき親達」のマルセル・アンドレ、メアリー・モーガン、ジャネット・バッティその他である。音楽は「山師ボオトラン」モーリス・ティリエが作曲している。

監督
ジョルジュ・ランパン
出演キャスト
アナベラ フェルナン・ルドウ ルイ・サルー ミシェル・オークレール

ジブラルタルの鮫

  • 1949年6月公開
  • 出演(Gordon 役)

「海の牙」と同じくミシェル・サフラとアンドレ・ポールヴェが共同製作したスペヴァ・フィルム・スカレラ・フィルム作品で一九四七年の製作。「海の牙」のジャック・コンパネーズがエルネスト・ヌウバック(エルンスト・ノイバッハ)と協力してストーリーを書卸し、コムパネーズが脚色、「濁流(1947)」のカルボンノオが台詞、ドイツ系のE・E・レェネール(ライナート)が監督、「六人の最後の者」のロベール・ルフェーヴルが撮影し、アラン・ロマンが音楽をつけた。主演は「あらし(1939)」「格子なき牢獄」のアニー・デュコオ、「乙女の星」のルイ・サルー、新顔のジャック・ベルティエ、イーヴ、ヴァンサン、「しのび泣き」のジャン・ヨンネル、マルセル・ジェニアその他が助演する。

監督
E・E・レェネール
出演キャスト
アニー・デュコオ ルイ・サルー ジャック・ベルティエ イヴ・ヴァンサン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイ・サルー