映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・リー・コービン

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1929年 まで合計9映画作品)

1929年

君知るやわが悩み

  • 1929年当年公開
  • 出演(Claire_Floyd 役)

「恋の走馬燈」に次ぐコリーン・ムーア嬢主演映画でキャサリン・ブラッシュ女史作の物語を「彼の捕へし女」「躍る青春」のケイリー・ウィルソン氏が脚色し「恋の走馬燈」「乙女よ純なれ」のウィリアム・A・サイター氏が監督したものである。助演者は「サラアと其の子」「摩天楼の巨人」のフレドリック・マーチ氏、米国劇壇の新進俳優レイモンド・ハケット氏、「追放の女」「蛮婚崇拝」のヴァージニア・リー・コービン嬢、ミッキー・ベネット君、エドワード・マーティンデル氏、ムーア嬢令弟クリーヴ・ムーア氏等で、キャメラは最近のムーア嬢主演映画の全部をクランクしたシド・ヒコックス氏とヘンリー・フロイリッヒ氏とが共同担当している。ムーア嬢の唄を含む全伴奏のサウンド映画。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
コリーン・ムーア レイモンド・ハケット フレドリック・マーチ ヴァージニア・リー・コービン
1927年

安全第一

  • 1927年当年公開
  • 出演(An_Heiress 役)

「無理矢理一万マイル」と同じくモンティ・バンクス主演喜劇で、バンクスの原案をチャールズ・ホーランとハリー・スウィートが脚色し、「結ぶ縁恋の釣天井」「毒蛇」と同じくジョセフ・ヘナベリーが監督した。バンクスの相手女優は「男見るべからず」「ブロークン・ロー」のヴァージニア・リー・コーピンがつとめ、チャールズ・ジュラード、チャールズ・ヒル・メイルズ、バッド・ジェーミソンが助演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
モンティ・バンクス ヴァージニア・リー・コービン チャールズ・ヒル・メイルズ チャールズ・ジェラード

金髪より黒い髪

  • 1927年当年公開
  • 出演(Ruth_Webster 役)

ハワード・アーヴイング・ヤング氏作の喜劇「ハーバートに非ず」を映画化したもので、フランセス・エイニュー女史が脚色し、「荒み行く女性」「死線を潜りて」「山だし娘」等と同じくハワード・ヒギン氏が監督した。主役は「燃ゆる唇」「死線を潜りて」等出演のベン・ライオン氏が演じ、相手役は「狂乱船」「南海の孤島」等出演のボーリン・スターク嬢で、ヴアージニア・リー・コービン嬢、ダイアナ・ケーン嬢、ロイド・ウィトロック氏、サム・ハーディー氏、等が助演している。

監督
ハワード・ヒギン
出演キャスト
ベン・ライオン ポーリン・スターク ヴァージニア・リー・コービン ロイド・ウィトロック

追放の女

  • 1927年当年公開
  • 出演(Mary_Hillary 役)

「ブロークン・ロー」「南北珍雄腕比べ」出演のヴァージニア・リー・コーピン嬢が主演するもので、ハル・リード氏原作の舞台劇を「恐怖街」「瞳を刺す足」のエニッド・ヒバード女史がエセル・ヒル女史と共同で脚色し、「深夜の薔薇」「ベルス(1926)」と同じくジェームズ・ヤング氏が監督した。助演者は「悪の港」「スピード花嫁」のレイ・ホーラー氏、「ミスター・ウー」「中華街見物」のアンナ・メイ・ウォン嬢、「海のロマンス」「中華街見物」の上山草人氏、エリック・メイン氏、メルポルン・マクドウェル氏、シェルドン・ルイス氏等でキャメラは「虹晴」「明日の結婚」のアーネスト・ミラー氏担当である。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ヴァージニア・リー・コービン レイ・ホーラー メルボーン・マクドウェル マーガレット・セドン

蛮婚崇拜

  • 1927年当年公開
  • 出演(Virginia_Dare 役)

「最後の栄冠」と同じくメアリー・アスター嬢ロイド・ヒューズ氏共演映画でリチャード・コネル氏作の物語をアデレード・ヒールブロン女史が脚色し、監督に昇進したマーヴィン・ルロイ氏が処女作品として監督したものである。助演者は「男見るべからず」「娘新旧両面鏡」のハラム・クーリー氏を始め、ヴァージニア・リー・コービン嬢、マートル・ステッドマン嬢、ジェッド・プラウティー氏等で、主演者アスター嬢の最近作には「僧房に咲く花」「美人国二人行脚」があり、ヒューズ氏は「鴛鴦の歌」「曲者揃い」等にも出演している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
メアリー・アスター ロイド・ヒューズ ハラム・クーリー マートル・ステッドマン
1926年

男見るべからず

  • 1926年当年公開
  • 出演(Betty_Harper 役)

サム・ジャニー氏作の舞台喜劇を映画化したもので、ケイリー・ウィルソン氏が脚色し、「恋は異なもの」「お洒落娘」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「鉄腕の男」「血に燃ゆる大海」等出演のドリス・ケニヨン嬢と「最後の栄冠」「血に燃ゆる大海」等出演のロイド・ヒューズ氏が演じ、ヴァージニア・リー・コービン嬢、ルイズ・ファゼンダ嬢、エセル・ウェールス嬢、ハルム・クーリー氏、ジョン・パトリック氏等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ドリス・ケニヨン ロイド・ヒューズ ヴァージニア・リー・コービン ルイズ・ファゼンダ
1924年

掟(1924)

  • 1924年当年公開
  • 出演(Patsy (Age16) 役)

「人類の破滅」に続いてウォレス・リード夫人が主演した映画で、アデラ・ロジャース・セント・ジョン女史が特に夫人のために書きおろし、マリオン・ジャクソン女史とブラドレー・キング女史とが脚色し、ロイ・ウィリアム・ニール氏が監督したもの。リード夫人の相手役には、「冬来たりなば」「消えゆく灯」出演のパーシー・マーモント氏、「我が恋せし乙女」等出演のラムゼイ・ウォーレス氏、「闘争の熱血」等出演のアーサー・ランキン氏等が出演する。母性愛を説いた作品である。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
ウォレス・リード夫人 パーシー・マーモント ラムゼイ・ウォーレス Jacquelline Saunders

コーラス・ガール

  • 1924年当年公開
  • 出演(Nora_O'Brien 役)

「サンライズ」「アメリカ美人」「太洋の狼」等出演のマーガレット・リヴィングストン嬢の出演する映画で、「第一曲馬団」「太洋の狼」等と同じくラルフ・インス氏が監督している。原作はジェームズ・フォーブス氏の舞台劇で、ブラッドリー・キング女史が映画へと脚色した。相手役「マダムX」「異郷の露」等出演のアラン・ロスコー氏で、そのほかヴァージニア・リー・コービン嬢フィロ・マッカロー氏、イヴ・サザーン嬢、近ごろは監督をしているロイド・イングレアム氏や、マーヴィン・ルロイ氏等が出演している。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
マーガレット・リヴィングストン アラン・ロスコー ヴァージニア・リー・コービン リリアン・エリオット

青春の美酒

  • 1924年当年公開
  • 出演(Flapper 役)

「男子凱旋」「腕自慢」等と同じくキング・ヴィダー氏監督作品で原作はラシェル・クロザース女史作の戯曲で1923年にニューヨークで上演されたもの。撮影台本はケイリー・ウィルソン氏が執筆した。主役は「腕自慢」「新婚の危機」「惑溺の十字路」等出演のエリナー・ボードマン嬢で、対手役は「動員一下」「荒み行く女性」等出演のベン・ライオン氏と「囁きの小径」「アンニー可愛や」等出演のウィリアム・ヘインズ氏が勤め、ポーリン・ギャロン嬢、ウィリアム・コリアー・ジュニア氏、ロバート・エイニュー氏、ジェームズ・モリソン氏、クレイトン・ヘール氏、ジョニー・ウォーカー氏、ナイルス・ウェルチ氏等が助演している。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
エリナー・ボードマン ジェームズ・モリソン ジョニー・ウォーカー ナイルス・ウェルチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・リー・コービン