映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ドロン

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2017年 まで合計65映画作品)

1975年

アラン・ドロンのゾロ

  • 1975年7月15日(火)公開
  • 出演(Don Diego & Zorro 役)

ジョンストン・マッカレイの著名な原作の三回目の映画化。製作はルチアーノ・マルティーノ、監督は「ビッグ・ガン」のドゥッチョ・テッサリ、脚本はジョルジョ・アルロリオ、撮影はジュリオ・アルボニコ、音楽はグイド&マウリツィオ・デ・アンジェリスが各々担当。出演はアラン・ドロン、オッタヴィア・ピッコロ、スタンリー・ベイカー、エンツォ・チェルシコ、ムスターシュ、アドリアーナ・アスティ、ジャコモ・ロッシ・スチュアートなど。

監督
ドゥッチョ・テッサリ
出演キャスト
アラン・ドロン オッタヴィア・ピッコロ スタンリー・ベイカー エンツォ・チェルシコ

愛人関係

  • 1975年4月5日(土)公開
  • 出演(Marc 役)

敏腕弁護士と謎を秘めた暗い過去をもつ女の愛を描くサスペンス映画。製作はレイモン・ダノン。監督・脚本・台詞は「渚の果てにこの愛を」のジョルジュ・ロートネル、撮影はモーリス・フェルー、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はアラン・ドロン、ミレーユ・ダルク、クロード・ブラッスール、ニコレッタ・マキャヴェッリ、フィオーレ・アルトビティ、アンドレ・ファルコンなど。

監督
ジョルジュ・ロートネル
出演キャスト
アラン・ドロン ミレーユ・ダルク クロード・ブラッスール ニコレッタ・マキャヴェッリ

ボルサリーノ2

  • 1975年2月8日(土)公開
  • 製作、出演(Roch Siffredi 役)

一九二〇年代のマルセイユを舞台に、相棒を殺されたギャングの復讐を描いた「ボルサリーノ」の続篇。製作はアラン・ドロン、監督はジャック・ドレー、脚本はパスカル・ジャルダン、撮影はクロード・ボーゴアン、音楽はクロード・ボランが各々担当。出演はアラン・ドロン、リカルド・クッチョーラ、ダニエル・イヴェルネル、カトリーヌ・ルーヴェル、アンドレ・ファルコン、ライオネル・ヴァトラン、ルネ・コルデホフなど。

監督
ジャック・ドレー
出演キャスト
アラン・ドロン リカルド・クッチョーラ ダニエル・イヴェルネル カトリーヌ・ルーヴェル
1974年

個人生活

  • 1974年12月7日(土)公開
  • 出演(Julien Dandieu 役)

少壮気鋭の政治家とファッション・モデルの恋を描く。製作はアンドレ・ジェノーヴェ、監督は「帰らざる夜明け」のピエール・グラニエ・ドフェール、脚本はドフェールとパスカル・ジャルダン、台詞もジャルダン、原作はフェリシア・マルソーの「クリージー」、撮影はワルター・ウォティッツ、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はアラン・ドロン、シドニー・ローム、ジャンヌ・モロー、クロード・リッシュなど。

監督
ピエール・グラニエ・ドフェール
出演キャスト
アラン・ドロン シドニー・ローム ジャンヌ・モロー クロード・リッシュ

暗黒街のふたり

  • 1974年4月27日(土)公開
  • 出演(Gino 役)

銀行強盗犯として十年服役して仮出獄した男が辿る苦難の道を描く。製作はピエール・サン・ブランカ、監督・脚本は「ラ・スクムーン」のジョゼ・ジョヴァンニ、撮影はジャン・ジャック・タルベス、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はアラン・ドロン、ジャン・ギャバン、ミシェル・ブーケ、ミムジー・ファーマー、イラリア・オッキーニ、クリスティーヌ・ファブレガ、ベルナール・ジロドー、マルカ・リボヴスカなど。

監督
ジョゼ・ジョヴァンニ
出演キャスト
アラン・ドロン ジャン・ギャバン ミムジー・ファーマー ミシェル・ブーケ
1973年

燃えつきた納屋

  • 1973年公開
  • 出演(Judge Larcher 役)

フランスの農村で起こった殺人事件を中心に、嫌疑を受けた一家を守り抜こうとする老女と判事の対決を描く。製作総指揮はラルフ・ボーム、製作はスザンヌ・ウィーセンフェルド、監督はジャン・シャポー、脚本はシャポーとセバスチャン・ルーレ、原案はフランツ・アンドレ・ブルグエとシャポー、撮影はサッシャ・ヴィエルニー、音楽はモーリス・ジャールの息子のジャン・ミシェル・ジャールが各々担当。出演はアラン・ドロン、シモーヌ・シニョレ、ポール・クローシェ、ピエール・ルソー、ベルナール・ル・コック、カトリーヌ・アレグレ、ミュウ・ミュウ、ベアトリス・コンスタンティーニなど。

監督
ジャン・シャポー
出演キャスト
アラン・ドロン シモーヌ・シニョレ ポール・クローシェ ピエール・ルソー

スコルピオ

  • 1973年12月8日(土)公開
  • 出演(Laurier 役)

ワシントン、パリ、ウィーンを舞台に、巨大な組織CIA(アメリカ中央情報局)に挑む殺し屋の姿を描く。製作はウォルター・ミリッシュ、監督はマイケル・ウィナー、脚本はジェラルド・ウイルソンとデイヴィッド・リンテルズ、撮影はロバート・パインター、音楽はジェリー・フィールディングが各々担当。出演はバート・ランカスター、アラン・ドロン、ポール・スコフィールド、ジョン・コリコス、ゲイル・ハニカット、J・D・キャノン、ジョアン・リンヴィル、ヴラデク・シーバル、メル・スチュアート、バーク・バーネスなど。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
バート・ランカスター アラン・ドロン ポール・スコフィールド ジョン・コリコス

ビッグ・ガン

  • 1973年11月1日(木)公開
  • 出演(Tony Argenta 役)

暗黒街から足を洗おうとした矢先、愛する妻子を殺された殺し屋の復讐を描く。監督は「続荒野の1ドル銀貨」のドゥッチョ・テッサリ、脚本はウーゴ・リベラトーレ、フランコ・ヴェルッチ、ロベルト・ガンドゥス、撮影はシルヴァーノ・イッポリティ、音楽はジャンニ・フェリオが各々担当。出演はアラン・ドロン、リチャード・コンテ、カルラ・グラヴィーナ、ニコレッタ・マキャヴェッリ、マルク・ポレル、ロジェ・アナン、リノ・トロイージ、アントン・ディフリング、ウンベルト・オルシーニ、グイド・アルベルティなど。

監督
ドゥッチョ・テッサリ
出演キャスト
アラン・ドロン リチャード・コンテ カルラ・グラヴィーナ ニコレッタ・マキャヴェッリ

高校教師(1972)

  • 1973年10月6日(土)公開
  • 出演(Daniele 役)

北イタリアの小さな海辺の町を舞台に、暗い過去を持つ教師と妻、生徒の愛の葛藤を描く。監督は「国境は燃えている」のヴァレリオ・ズルリーニ、脚本はズルリーニとエンリコ・メディオーリ、撮影はダリオ・ディ・パルマ、音楽はマリオ・ナシンベーネが各々担当。出演はアラン・ドロン、ソニア・ペトロヴァ、レア・マッサリ、ジャンカルロ・ジャンニーニ、レナート・サルヴァトーリ、アリダ・ヴァリ、アダルベルト・マリア・メルリ、サルヴォ・ランドーネ、ニコレッタ・リッツイなど。

監督
ヴァレリオ・ズルリーニ
出演キャスト
アラン・ドロン ソニア・ペトロヴァ レア・マッサリ ジャンカルロ・ジャンニーニ

ショック療法

  • 1973年8月18日(土)公開
  • 出演(Docteur Devilers 役)

若返りの治療をめぐって人気のない療養所で展開されるサスペンス・スリラー。製作はアラン・ベルモンド、監督は「殺人ゲーム」のアラン・ジェシュア、脚本はジェシュアとロジェ・キュレールの共同、撮影はジャック・ロバン、音楽はルネ・コーリンとアラン・ジェシュアが各々担当。出演はアラン・ドロン、アニー・ジラルド、ミシェル・デュショソワ、ロベール・イルシュ、ジャン・フランソワ・カルベなど。

監督
アラン・ジェシュア
出演キャスト
アラン・ドロン アニー・ジラルド ミシェル・デュショソワ ロベール・イルシュ

関連ニュース

世界を虜にしたアラン・ドロンの生誕75周年映画祭が開催!
世界を虜にしたアラン・ドロンの生誕75周年映画祭が開催!(2010年9月7日)

アラン・ドロン生誕75周年を記念して、新宿K's cinemaでは彼の繊細な美しさが最も輝いた1960年代の出演作5本が上映される。 アラン・ドロンは、1957…

バネッサ、ジョニデと結婚の予定は?
バネッサ、ジョニデと結婚の予定は?(2010年7月3日)

ジョニー・デップと12年間パートナーの関係を続け2児を授かったバネッサ・パラディが、今後も結婚する予定はない、とスタイリスト誌で断言している。 バネッサは「結婚…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ドロン