映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・オーキー

年代別 映画作品( 1928年 ~ 2003年 まで合計55映画作品)

1937年

ラジオの歌姫

  • 1937年公開
  • 出演(Corny 役)

「恋の歌」「世界の歌姫」に次ぐリリー・ポンス主演映画で、「富豪一代」「世界の歌姫」のジャック・オーキーと「トップ・ハット」「失はれた地平線」のエドワード・エヴァレット・ホートンが共演する。ストーリーはロバート・ハラリとマックスウェル・シェインが書き下ろし、「証人席」のガートルード・パーセルが「富豪一代」のジョン・ツウィストと協力脚色し、「画家とモデル(1937)」「毎夜八時に」のラウール・ウォルシュが監督に当たり、「世界の歌姫」「靴を脱いだ女」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演は「恋の歌」のエリック・ブローア、「失はれた地平線」のジョン・ハワード、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、「街は春風」「突進大飛行船」のルイ・アルバーニ等の面々で、歌はオペラ名曲のほかジェームズ・マクヒュウ、ハロルド・アダムソン作詞作曲の新作が歌われる。音楽指揮は最近ポンスと結婚したアンドレ・コステラネッツ(「画家とモデル(1937)」に出演)が担当している。なおこれはジェッシ・L・ラスキーの第2回作品(第1回は「奥様に音楽」)である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
リリー・ポンス ジャック・オーキー エリック・ブローア エドワード・エヴァレット・ホートン
1936年

女学生大行進

  • 1936年公開
  • 出演(Jerry_Craig 役)

「カレッジ・リズム」と同じくジョー・ペナーとジャック・オーキーが活躍する映画で、アリス・デュアー・ミラーの原作から「カレッジ・リズム」の脚色者団中の2人ウォルター・デレオンとフランシス・マーティンが協力脚色し、「名を失える男」「銀鼠流線型」のラルフ・マーフィーが監督に当たった。ペナーとオーキーを助けて「踊るブロドウェイ」のフランセス・ラングフォード、「嫌疑者」のネット・スパークス、「コンチネンタル」のペティー・グレイブル、「名を失える男」のリン・オヴァーマン、踊り手として名あるベティー・ジェーン・クーパー、作詞・作曲チームのマック・ゴードン及びハリー・レヴェル等が出演している。撮影者担当は「戦う幌馬車」のウィリアム・C・メラー。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
ジョー・ペナー ジャック・オーキー ネッド・スパークス フランセス・ラングフォード

世界の歌姫

  • 1936年公開
  • 出演(Whammo 役)

「恋の歌」のリリー・ポンスが「シャムパン・ワルツ」「バーレスクの王様」のジャック・オーキー及び「空中散歩」「聖林裸道中」のジーン・レイモンドを相手に主演する映画で、I・ケイリー・ワンダーリー作の物語りにヒントを得てジェーン・マーフィンが原作し、「聖林裸道中」に協力したP・J・ウルフソンが「乙女よ嘆くな」のドロシー・ヨーストと協力脚色し、「聖林裸道中」「花嫁の家出」のレイ・ジェイスンが監督にあたり、「一対二」「愛情無限」のJ・ローイ・ハントが撮影した。助演者「シャムパン・ワルツ」のハーマン・ビング、「恋の歌」りルシル・ボール、「艦隊を追って」のフランク・ジェンクス、「嵐の翼」のヴィントン・ハワース等である。新作音楽はエドワード・ハイマン作詞、アーサー・シュワルツ作曲で歌劇その他の名曲も歌われる。

監督
レイ・ジェイスン
出演キャスト
リリー・ポンス ジーン・レイモンド ジャック・オーキー ハーマン・ビング

テキサス決死隊(1936)

  • 1936年公開
  • 出演(Wahoo 役)

テキサス州百年祭に因んで作られた映画で、「薔薇は何故紅い」「麦秋」のキング・ヴィダーが原作・監督・製作したもの。脚本は「空飛ぶ悪魔」のルイス・スティーヴンスンが任じた。主演は「丘の一本松」「春を手さぐる」のフレッド・マクマレイと「女学生大行進」「1936年の大放送」のジャック・オーキーで、「幽霊西へ行く」「シーコウヤ」のジーン・パーカーを始め、「片道切符」「無法地獄」のロイド・ノーラン、「航空十三時間」のベニー・バートレット、「星の奇蹟」のエドワード・エリス、エレナ・マルチネス、フランク・シャノン等が助演する。撮影は「野いばら」「旅烏子供連れ」のエドワード・クロンジェガーの担当である。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ジャック・オーキー ジーン・パーカー ロイド・ノーラン

バーレスクの王様

  • 1936年公開
  • 出演(Joe_Cooney 役)

「虎鮫島脱獄」「ロビンフッドの復讐」のワーナー・バクスターが主演する映画で、「聖林スター合戦」「夜毎八時」のアリス・フェイと「野性の叫び(1935)」「女学生大行進」のジャック・オーキーが相手役をつとめる。原作はヴィニャ・デルマーで、「真夜中の処女」のジーン・マーキーがハリー・テュゲンドと協力脚色し、「ムーラン・ルージュ」のシドニー・ランフィールドが監督にあたり、「三銃士(1935)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者は「学生怪死事件」のアーリン・ジャッジ、「恋の一夜」のモナ・バリー、「二国旗の下に」のグレゴリー・ラトフ、ディクシー・ダンバー、ファツ・ウォーラー、ニック・ロング・ジュニア、ケニー・ベイカーの面々である。

監督
シドニー・ランフィールド ケネス・マクゴワン
出演キャスト
ワーナー・バクスター アリス・フェイ ジャック・オーキー アーリン・ジャッジ
1935年

1936年の大放送

  • 1935年公開
  • 出演(Spud 役)

1933年の大放送たる「ラジオは笑う」の姉妹編で、「人生は42から」のウォルター・ディレオン、「ミシシッピ」のソランシス・マーティン、「歓呼の嵐」のラルフ・スペンスの3名が協力して書き卸した脚本からジャック・ミンツが台本を作り、「カレッジ・リズム」「恋と胃袋」のノーマン・トーログが監督に当たり、「ボクは芸人」「カレッジ・リズム」レオ・トーヴァーが撮影した。出演者は「カレッジ・リズム」「野性の叫び(1935)」のジャック・オーキー、「花嫁は泣きました」「恋と胃袋」のバーンズ及びアレン組、「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティ、「影無き男(1934)」のヘンリー・ウォズウォース、英国映画界からきたウェンディー・バリー、「愛の隠れ家」のC・ヘンリー・ゴードン等で、ラジオ場面に特技を見せる人々のうち主なる者は、ビング・クロスビー、カルロス・ガルデル、リヒャルト・タウバー、エセル・マーマン、レイ・ノーブル・バンド等である。なお音楽指揮は「ボエロ」のナサニエル・フィンストン、舞踏指揮は「ルムバ」のレロイ・プリンツ、が各々受け持っている。

出演キャスト
ジャック・オーキー ジョージ・バーンズ グレイシー・アレン リダ・ロバーティ

野性の叫び(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(ShortyHoolihan 役)

「結婚十分前」「白衣の騎士」のクラーク・ゲーブル、「十字軍」「濁流」のロレッタ・ヤング、「電話新鮮組」「カレッジ・リズム」のジャック・オーキーが顔合わせ主演する映画で、ジャック・ロンドン作小説を「曲芸団」のジーン・ファウラーと「復活(1934)」のレオナード・プラスキンスが脚色し、「電話新鮮組」のウィリアム・A・ウェルマンが監督し、「ムーラン・ルージュ」のチャールズ・ロシャーが撮影したもの。助演者は「痴人の愛」のレジナルド・オーウェン、「十字軍」のキャサリン・デミル、「小牧師(1934)」のフランク・コンロイ、その他である。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ロレッタ・ヤング ジャック・オーキー レジナルド・オーウェン
1934年

カレッジ・リズム

  • 1934年公開
  • 出演(Finnegan 役)

「恋の手ほどき(1933)」「坊やはおやすみ」のノーマン・タウログが監督した音楽喜劇で、ジョージ・マリオン・ジューニアが書き下ろし、「ボクは芸人」のウォルター・デレオンと「恋の胃袋」のフランシス・マーティンがジョン・マクダーモットと共同して脚色したもの。出演者はラジオ界の人気者ジョー・ペナー、「絢爛たる殺人」のジャック・オーキー、「風の接吻」のラニー・ロス、「三角の月」のリダ・ロバーティ「ボクは芸人」のヘレン・マック、「嫌疑者」のメアリー・ブライアン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、「空中レヴュー時代」のフランクリン・パングボーン等で、キャメラは、「絢爛たる殺人」のレオ・トーヴァーと「光は野より」のテッド・テズラフの担当である。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ジョー・ペナー ジャック・オーキー ラニー・ロス リダ・ロバーティ

合点!!承知!!

  • 1934年公開
  • 出演(Nicky 役)

「ボレロ」「妾は天使じゃない」のウェズリー・ラッグルズが監督した映画で、ベン・ヘクトとジーン・ファウラーが共作した舞台劇を「勝利の朝」「仮面の米国」のハワード・J・グリーンが「女難アパート」「美人探し」のクロード・ビニヨンと共同脚色した。出演者は「絢爛たる殺人」「めりけん音頭」のジャック・オーキー、「波止場の天使」「可愛いマーカちゃん」の故ドロシー・デル、ラジオ界の人気者ベン・バーニー、「恋の凱歌」のアリソン・スキップワース、「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンス、「空飛ぶ悪魔」のアーリーン・ジャッジ、「ボレロ」のウィリアム・フローリー、「暗夜行路」の故ルー・コディ等で、「絢爛たる殺人」「ボレロ」のレオ・トーヴァーが撮影に当った。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ジャック・オーキー ベン・バーニー ドロシー・デル アリソン・スキップワース

絢爛たる殺人(1934)

  • 1934年公開
  • 出演(Jack_Ellery 役)

ブロードウェイのレヴュー演出家として名高いアール・キャロルが昨年度に上演したものを映画化したもので、キャロルと探偵作家ルーファス・キング合作の脚本を「ボレロ」のケイリー・ウィルソンがジョセフ・ゴロームと共同して映画脚色し、「ゆりかごの唄」のミッチェル・ライゼンが監督に当たり、「ボレロ」のレオ・トーヴァーが撮影した。舞踊振り付けは「めりけん音頭」のラリー・セバロスと「唄へ!踊れ!(1933)」のリロイ・プリンツが共同している。俳優は丁抹及び英国の舞台で人気あるカール・プリスン、「女は要らねえ」のヴィクター・マクラグレン、「めりけん音頭」のジャック・オーキー、ブロードウェイ舞台の新人キティー・カーライル、「ゆりかごの唄」のガートルード・マイケル、「ブラウンの本塁打」のジェシー・ラルフ「わがまま者」のドロシー・スティックニー「白い肉体」のチャールズ・ミドルトン、「美人探し」のトビー・ウィング等で、原作舞台に出演した美女連が舞い踏るほか、デューク・エリントンとその管弦楽団が特別出演する。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
カール・ブリスン ヴィクター・マクラグレン ジャック・オーキー キティー・カーライル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・オーキー