映画-Movie Walker > 人物を探す > ケン・ローチ

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2019年 まで合計24映画作品)

2019年

家族を想うとき

「わたしは、ダニエル・ブレイク」のケン・ローチ監督が引退宣言を撤回し、時代の波に翻弄される家族の絆を描いた人間ドラマ。マイホームを建てるため父はフランチャイズの宅配ドライバーになるが、過酷な労働条件に振り回され、家族との時間を奪われていく。労働時間を定めずに締結される労働契約、いわゆるゼロ時間契約について取り上げている。第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
クリス・ヒッチェンズ デビー・ハニーウッド リス・ストーン ケイティ・プロクター

水と砂糖のように

ルキノ・ヴィスコンティ監督の「揺れる大地」などに携わりイタリア映画黄金時代を築いた一人、撮影監督カルロ・ディ・パルマを追ったドキュメンタリー。映画監督や関係者の証言や彼が撮影した映像を交え彼の功績を振り返ると共に、映画黄金時代の核心に迫る。数々の作品で組んだウディ・アレンはじめヴィム・ヴェンダース、ベルナルド・ベルトリッチ、ケン・ローチらが出演。ディ・パルマと人生を共にしたアドリアナ・キエサがプロデューサーを務める。

監督
ファリボルス・カムカリ
出演キャスト
ケン・ローチ ヴィム・ヴェンダース ベルナルド・ベルトルッチ ウディ・アレン
2017年

わたしは、ダニエル・ブレイク

  • 2017年3月18日(土)
  • 監督

ケン・ローチ監督が二度目のカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた社会派ドラマ。ダニエルは心臓疾患により医師から仕事を止められるが、複雑な制度に翻弄され支援を受けられない。手助けしたシングルマザーの家族と交流を深め、貧しくとも支え合うが……。一貫して社会問題に目を向けてきたケン・ローチ監督は「ジミー、野を駆ける伝説」を最後に劇映画からの引退を表明していたものの、拡がる格差や貧困を鑑み、引退を撤回し本作を制作した。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン外国映画1位、外国映画監督賞(ケン・ローチ)。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
デイヴ・ジョーンズ ヘイリー・スクワイアーズ ディラン・フィリップ・マキアナン ブリアナ・シャン
2015年

ジミー、野を駆ける伝説

  • 2015年1月17日(土)
  • 監督

「天使の分け前」のケン・ローチ監督が、1930年代のアイルランドを舞台に、庶民のために戦った無名の活動家ジミー・グラルトンの姿を描いたドラマ。出演は「めぐり逢う大地」のバリー・ウォード、「Hamlet」のシモーヌ・カービー、「恋人たちのパレード」のジム・ノートン。カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
バリー・ウォード フランシス・マギー アイリーン・ヘンリー シモーヌ・カービー
2013年

天使の分け前

  • 2013年4月13日(土)
  • 監督

「麦の穂をゆらす風」で第59回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得したケン・ローチ監督が、トラブルばかり起こす青年がウイスキーと出会ったことにより成長していく様を描いたヒューマン・コメディ。“天使の分け前”とは、ウイスキーが熟成する過程で年2%ずつ減っていくその減少分を指す言葉。本作でデビューを果たしたポール・ブラニガン、「エリックを探して」のジョン・ヘンショウ、「クィーン」のロジャー・アラム、「明日へのチケット」のガリー・メイトランドらが出演。脚本は「SWEET SIXTEEN」や「麦の穂をゆらす風」などケン・ローチ監督と数々の作品でタッグを組んできたポール・ラヴァティ。第65回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作品。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
ポール・ブラニガン ジョン・ヘンショウ ガリー・メイトランド ウィリアム・ルアン
2012年

ルート・アイリッシュ

  • 2012年3月31日(土)
  • 監督

『麦の穂をゆらす風』でカンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた、英国の名匠ケン・ローチによるサスペンスタッチの人間ドラマ。イラク戦争中に約16万人いたという民間兵の目を通し、戦争で友人を失った男やその親族の悲しみ、戦場で日常的に行われる正気を失った出来事の数々、そして軍事ビジネスの恐るべく真実が描き出される。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
マーク・ウォーマック アンドレア・ロウ ジョン・ビショップ ジョフ・ベル
2010年

エリックを探して

  • 2010年12月25日(土)
  • 監督

カンヌ映画祭でパルムドールに輝いた「麦の穂をゆらす風」などで知られるイギリスの名匠ケン・ローチ監督によるロマンチック・コメディ。マンチェスターの郵便局員エリックがさまざまなトラブルに立ち向かう姿を描く。サッカー界のカリスマ、エリック・カントナが監督に企画を持ち込み、製作と出演を果たしているのも話題。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
スティーヴ・イヴェッツ エリック・カントナ ステファニー・ビショップ ルーシー・ジョー・ハドソン
2008年

この自由な世界で

  • 2008年8月16日(土)
  • 監督

「麦の穂をゆらす風」の名匠ケン・ローチの最新作。現代のロンドンを舞台に、職業紹介所を立ち上げたシングル・マザーの苦闘を、移民労働者の問題を絡めて描く社会派ドラマ。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
キルストン・ウェアリング ジュリエット・エリス レズワフ・ジュリック ジョー・シフリート

それぞれのシネマ「ハッピーエンド」

  • 2008年5月17日(土)
  • 監督

『あなたにとって映画館とは』をテーマに、世界の名匠たちが【3分間】で撮ったオムニバスの一遍。カンヌ国際映画祭の60回目の開催を記念し製作された。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
2006年

麦の穂をゆらす風

  • 2006年11月18日(土)
  • 監督

カンヌ映画祭でパルムドールに輝いたケン・ローチ監督による人間ドラマ。1920年代のアイルランドを舞台に、ゲリラとして独立運動に身を投じた兄弟の愛憎を叙情的に映し出す。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
キリアン・マーフィー ポードリック・ディレーニー リーアム・カニンガム オーラ・フィッツジェラルド

関連ニュース

『犬鳴村』が初登場2位に!SNSでも話題沸騰中!
『犬鳴村』がJホラーの底力を見せる!アカデミー賞席巻の『パラサイト』は何位? 2月11日 10:15

米アカデミー賞授賞式を週明けに控えた2月8・9日の週末動員ランキング。新作の2本が2トップを飾るなど、前週に続き邦画が強さを見せる結果となった。■ 『犬鳴村』がホラー映画として異例の活躍!初登場1位に輝いたのは、土日2日…

巨匠ケン・ローチが現代社会の“働き方問題”と“家族の在り方”に一石を投じる最新作『家族を想うとき』
【レビュー】救いのなさこそが受け止めねばならない“現実”…『家族を想うとき』に込められた巨匠の思い 2019年12月17日 19:30

初期作『ケス』(69)が代表作の一つとしていまだ挙げられながら、自身の“一番の傑作”を更新し続ける、恐るべきイギリスの巨匠ケン・ローチ、83歳。前々作『ジミー、野を駆ける伝説』(14)の後、思わしくない体調からか引退を表…

主人公ロビーを演じ、俳優デビューを果たしたポール・ブラニガン
シナリオハンティングから生まれたラッキーボーイ、次回作でS・ヨハンソンとラブシーン 2013年4月2日 12:48

ケン・ローチ監督が、若者が仲間や師との出会いから人生を再生する姿を描いた『天使の分け前』(4月13日公開)。本作で主演を務めたポール・ブラニガンは、脚本家ポール・ラヴァティのシナリオハンティング中に出会ったことから主演を…

巨匠ケン・ローチ監督最新作『ルート・アイリッシュ』(上)に続き、息子ジム・ローチ監督の『オレンジと太陽』(下)が公開
親子は似るもの!? 様々なタイプの親子監督に注目 2012年3月30日 21:35

常に鋭い眼差しで現実を見つめ続け、『麦の穂をゆらす風』(06)では第59回カンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いた巨匠ケン・ローチ監督。彼の最新作『ルート・アイリッシュ』が3月31日(土)より公開されるが、それに続いて、息…

女性からも「キモかわいい!」と人気を呼んでいる“カントナくん”ストラップ
このキモかわいいおじさんは誰!? サッカー界のスーパースター、エリック・カントナのストラップが大人気! 2010年12月8日 16:23

名匠ケン・ローチ監督と、フランスが生んだサッカー界の大スターで元マンチェスター・ユナイテッドのエリック・カントナがタッグを組んだエンターテインメント作『エリックを探して』(12月25日公開)。現在、劇場窓口でのみ販売され…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ケン・ローチ