映画-Movie Walker > 人物を探す > フランシス・マシューズ

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1970年 まで合計6映画作品)

1970年

大逆転(1970)

  • 1970年5月23日公開
  • 出演(Ruddock 役)

広告宣伝マンと美女のおりなすロマンティック・アクション。製作はロバート・S・ベイカー、監督はアルヴィン・ラーコフ。脚本はリー・ヴァンス、撮影はブレンダン・J・スタフォード、音楽は「星空」のスタンリー・ブラック、美術はアイヴァン・キング、編集はバート・ルールがそれぞれ担当。出演はTV「セイント」のロジャー・ムーア、「真昼の衝動」のマーサ・ハイヤー。その他クラウディ・ランゲ、バーナード・リー、アレクシス・ケナー、フランシス・マシューズ、ダドリー・サットンなど。

監督
アルヴィン・ラコフ
出演キャスト
ロジャー・ムーア マーサ・ハイヤー アレクシス・ケナー クラウディ・ランゲ
1965年

凶人ドラキュラ

  • 1965年公開
  • 出演(Charles 役)

ジョン・サンソムの脚本を「吸血狼男」のテレンス・フィッシャーが監督した恐怖映画。撮影はマイケル・リード、音楽はジェームズ・バーナードが担当した。出演は「妖女ゴーゴン」のクリストファー・リーとバーバラ・シェリーのほかに、アンドリュー・キアー、フランシス・マシューズなど。製作はアンソニー・ネルソン・キース。

監督
テレンス・フィッシャー
出演キャスト
クリストファー・リー バーバラ・シェリー アンドリュー・キーア フランシス・マシューズ
1964年

暗殺!5時12分

  • 1964年3月20日公開
  • 出演(Rampure 役)

カリフォルニア大学の史学教授スタンリー・ウォルパートが著した小説『ラマへの9時間』から「脱走」のネルソン・ギディングが脚色し、「孤独な関係」のマーク・ロブソンが製作・監督。作曲、指揮は「脱走」のマルコム・アーノルドがあたり、同じく「脱走」の撮影監督アーサー・イベットソンがインドロケにより撮影した。なお、タイトル・デザインはソール・バス。出演は「ワン・ツー・スリー」のホルスト・ブッフホルツ、「生き残った2人」のホセ・フェラー、TVと舞台出身のヴァレリー・ギャロン、「青年」のダイアン・ベーカー、ガンジー役にはインド・アラハバット大学出身で、現在映画脚本家として知られているJ・S・カシアップが扮している。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
ホルスト・ブッフホルツ ホセ・フェラー ヴァレリー・ギャロン ドン・ボリセンコ
1961年

海賊島の秘密

  • 1961年12月26日公開
  • 出演(Auclair 役)

アレキサンドル・デュマの「モンテクリスト伯」からヒントを得、レオン・グリフィスが書いたオリジナル・ストーリーを、ロバート・S・ベイカーとモンティ・バーマンのコンビが製作・監督・撮影したアクションドラマ。出演するのは「西部の渡り者」のロリー・カルホーン、英国出身の新人パトリシア・ブレディンなど。

監督
ロバート・S・ベイカー モンティ・バーマン
出演キャスト
ロリー・カルホーン ジョン・グレグソン パトリシア・ブレディン ピーター・アーン
1958年

フランケンシュタインの復讐

  • 1958年12月27日公開
  • 出演(Doctor Hans Kleve 役)

「フランケンシュタインの逆襲」「吸血鬼ドラキュラ」につづいて、テレンス・フィッシャー監督が作った怪奇映画。前篇で絞首刑を宣告されたフランケンシュタイン男爵が、牢獄を脱出、死体再生の実験をつづけるという物語。脚本はジミー・サングスターの書下しで、台詞をH・ハーフォード・ジェーンズが書き加えている。撮影はジャック・アシャー、監督・脚本・撮影のこの三人は「フランケンシュタインの逆襲」以来のチームである。音楽はレナード・サルゼドオ。主演するのは、これも前篤と「吸血鬼ドラキュラ」以来ひきつづいてのピーター・カッシング。他にフランシス・マシューズ、ユニス・ゲイスン、マイケル・グウィン、ジョン・ウェルシュ、ライオネル・ジェフリーズ等。製作アンソニー・ハインズ。

監督
テレンス・フィッシャー
出演キャスト
ピーター・カッシング フランシス・マシューズ ユニス・ゲイスン マイケル・グウィン
1956年

ボワニー分岐点

  • 1956年11月22日公開
  • 出演(Ranjit_Kasel 役)

インドを舞台に、独立連動の動乱の中にロマンスと活劇を盛り込んだ大作。原題の“ボワニー連絡駅”は鉄道と同時に、愛情や宿命、人生、思想の分岐点を意味する。ジョン・マスタースのベストセラー小説からソニア・レヴィーント「あの日あのとき」のアイヴァン・モファットが共同脚色し「スタア誕生(1954)」のジョージ・キューカーが監督した。撮影はフレディ・ヤング、音楽は「裏切りの町角」のミクロス・ローザ。主演は「裸足の伯爵夫人」のエヴァ・ガードナー、「最後の銃撃」のスチュワート・グレンジャー、「若い河」のビル・トラヴァース(MGM入社第一回出演)。「巨象の道」のエイブラハム・ソフィアの他、フランシス・マシューズ、ピーター・アイリングなどが助演する。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
エヴァ・ガードナー スチュワート・グレンジャー ビル・トラヴァース エイブラハム・ソフィア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランシス・マシューズ