映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・チアネーリ

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1968年 まで合計16映画作品)

1968年

暗殺(1968)

  • 1968年公開
  • 出演(Don_Peppino 役)

ルイス・ジョン・カルリーノの脚本(彼はシシリーとアメリカを背景とするこの物語のために、2年の歳月を費やし、その歴史的事実を調査した)を「寒い国から帰ったスパイ」のマーティン・リットが監督。マフィアに属する兄弟の愛を描いた感動作。撮影は「質屋」のボリス・カウフマン、音楽は「ブリット」のラロ・シフリン、美術はタンビ・ラーセン、編集はフランク・ブラクト。出演は「パリは燃えているか」のカーク・ダグラス、「駅馬車(1965)」のアレックス・コード、スーザン・ストラスバーグ、イレーネ・パパスほか。製作は主演のカーク・ダグラス。

監督
マーティン・リット
出演キャスト
カーク・ダグラス アレックス・コード イレーネ・パパス ルーサー・アドラー
1967年

0011ナポレオン・ソロ対シカゴ・ギャング

  • 1967年3月21日公開
  • 出演(Arturo_Finger_Stiletto 役)

「地獄へ道づれ」の製作に当ったデイヴィッド・ビクターのアイディアをピーター・アラン・フィールズが脚本にし、ジョセフ・サージェントが監督した「ナポレオン・ソロ」シリーズ第5作目。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジェラルド・フリード。出演はロバート・ヴォーン、デイヴィッド・マッカラム、ジャネット・リー、ジャック・パランス、レオ・G・キャロルほか。総指揮はノーマン・フェルトン、製作はボリス・イングスター。

監督
ジョセフ・サージェント
出演キャスト
ロバート・ヴォーン デイヴィッド・マッカラム レオ・G・キャロル ジャネット・リー
1959年

月夜の出来事

  • 1959年1月11日公開
  • 出演(Arturo_Zaccardi 役)

「エディ・フォイ物語」の製作ジャック・ローズ、監督メルヴィル・シェイヴェルソンのコンビが作ったロマンティック・コメディ。中年男とイタリア人娘をめぐる、ワシントンを背景にしたドラマがくりひろげられる。オリジナル・シナリオをジャック・ローズとメルヴィル・シェイヴェルソン自身が共同で書下ろし、撮影監督は「パリの恋人」のレイ・ジューン。音楽をジョージ・ダニングが編曲し、作詞ジェイ・リヴィングストン、作曲レイ・エヴァンスのチームが“ビン・バン・ボン”“あなたに抱かれて”の2曲を書いている。主演するのは「無分別」につぐケーリー・グラント、「楡の木陰の欲望」のソフィア・ローレンの2人。他に出演するのは「パリの休日」のマーサ・ハイヤー、新人ハリー・ガーディノ、エドワード・チアネーリ等。テクニカラー・ビスタビジョン。1958年作品。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ケーリー・グラント ソフィア・ローレン マーサ・ハイヤー Charles Herbert
1955年

マンボ

  • 1955年4月26日公開
  • 出演(Masetti 役)

「ユリシーズ」のカルロ・ポンティ、ディノ・デ・ラウレンティスがパラマウントと提携して製作した1954年作品。グイド・ピオヴェーネ、イーヴォ・ペリッリ、エンニオ・デ・コンチーニのイタリア側ライターとロバート・ロッセンが脚本を書き、「暴力に挑む男」(脚本)のロバート・ロッセンが監督に当たった。撮影は「ユリシーズ」のハロルド・ロッソン、音楽はニーノ・ロータとアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノである。「ユリシーズ」のシルヴァーナ・マンガーノ以下、「デジレ」のマイケル・レニー、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「サスカチワンの狼火」のシェリー・ウィンタース、黒人バレリーナのキャサリン・ダンハム、エドワード・チアネーリらが出演する。

監督
ロバート・ロッセン
出演キャスト
シルヴァーナ・マンガーノ マイケル・レニー ヴィットリオ・ガスマン シェリー・ウィンタース
1952年

犯罪王デリンジャー

  • 1952年7月8日公開
  • 出演(Murph 役)

米国犯罪史上の実在人物を描くモーリス及びフランク・キング製作の1945年作品。「他人の家」のフィリップ・ヨーダンが脚本を書き下ろし、マックス・ノセックが監督している。撮影はベテランのジャクソン・ローズ、音楽は「井戸」のディミトリ・ティオムキン。主演は「ボーン・トゥ・キル」のローレンス・ティアニーで、「善人サム」のエドモンド・ロウ、「拳銃街道」のアン・ジェフリーズ、「幻の女」のエライシャ・クック・ジュニア、「永遠の処女」のエドワード・チアネーリ、「塵に咲く花」のマーク・ローレンスらが共演する。

監督
マックス・ノセック
出演キャスト
ローレンス・ティアニー エドモンド・ロウ アン・ジェフリーズ エドワード・チアネーリ
1951年

渡洋爆撃隊

  • 1951年8月7日公開
  • 出演(Chief Engineer 役)

1944年製作の自由フランス激動映画で、「カサブランカ」と同じくハル・B・ウォリスが製作、マイケル・カーティズが監督、ハンフリー・ボガート、クロード・レインズが主演する。チャールズ・ノオドッフとジェームズ・ノーマン・ホールの共作になる小説からケイシー・ロビンソン「愛の勝利(1939)」とジャック・モフィット「夜も昼も」が脚色し、撮影は「大城塞」のジェイムズ・ウォン・ホウ、音楽は「摩天楼」のマックス・スタイナーの担当である。上述以外の主演者にはミシェル・モルガン「ファビオラ」シドニー・グリーンストリート「地獄から来た男」フィリップ・ドーン「ママの思い出」等を揃えた他、ヘルムート・ダンティーン「ミニヴァー夫人」ピーター・ローレ「マルタの鷹(1941)」ジョージ・トビアス「罠(1949)」ヴィクトル・フランサン「仮面の男(1944)」、ウラジミル・ソコロフらが共演。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ハンフリー・ボガート クロード・レインズ ミシェル・モルガン シドニー・グリーンストリート
1947年

恋愛手帖

  • 1947年7月29日公開
  • 出演(Giono 役)

「恋の十日間」のジンジャー・ロジャースが主演する映画で、クリストファー・モーリーの小説に基づきダルトン・トランボが脚色、「運命の饗宴」のドナルド・オグデン・スチュワートが台詞を加え、「我等の町」のサム・ウッドが監督、「カッスル夫妻」のロバート・デ・グラスが撮影した。新人デニス・モーガンと「緑のさそよ風」のドェイムス・クレイグが共演するほか、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、アーネスト・コサートおよびグラディス・クーパー等が助演する。なおロジャースはこれで1940年度アカデミー女優演技賞を得ている。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ジンジャー・ロジャース デニス・モーガン ジェームズ・クレイグ エドワード・チアネーリ

永遠の処女

  • 1947年3月公開
  • 出演(Roberto 役)

原作は英国の作家マーガレット・ケネディの小説。「トレスパッサー」「悪魔の日曜日」「月世界征服(1931)」「晩春」「グランド・ホテル」等のエドモンド・グールディングの監督作品。「レベッカ」「断崖」のジョーン・フォンテーンと「征服」「肉体と幻想」「運命の饗宴」等のシャルル・ボワイエが主演し、助演には「アメリカ交響楽」の新人アレクシス・スミス、「キングス・ロウ」のチャールズ・コバーンその他ピーター・ローレ、ディム・メイ・ホイッティ、ジーン・ミューアらが出ている。1943年度作品。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
シャルル・ボワイエ ジョーン・フォンテーン アレクシス・スミス ブレンダ・マーシャル
1939年

ガンガ・ディン

  • 1939年公開
  • 出演(Guru _Thug_Chief 役)

「踊る騎士」「有頂天時代(1936)」のジョージ・スティーヴンスが製作・監督した大作で「素晴らしき休日」「赤ちゃん教育」のケーリー・グラント、「黄金の夢」「軍使」のヴィクター・マクラグレン及び「生活の悦び」「心の青春」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアが主演する。「バーバリー・コースト」「生きているモレア」に協力したベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサーのチームがラディヤード・キプリング作の詩を素材としてストーリーを書卸し、「富豪一代」「永遠の戦場」のジョエル・セイヤーが「頓珍漢ミイラ取り」の監督者フレッド・ガイオルと協力脚色したもの。助演者は「踊る騎士」のジョーン・フォンテーン、「失はれた地平線」のサム・ジャッフェ、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、「踊る騎士」のメンタギュ・ラヴ、「響け凱歌」のロバート・クート等である。なおキャメラはジョセフ・オーガストが担当している。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
ケーリー・グラント ヴィクター・マクラグレン ダグラス・フェアバンクス・ジュニア サム・ジャフェ
1937年

スタアと殺人鬼

  • 1937年公開
  • 出演(Professor_Horman 役)

「世界の歌姫」「バーレスクの王様」のジャック・オーキーと「青春万歳「空中散歩」のアン・サザーンが主演する映画で、ハリー・セゴール作の舞台喜劇を「大学の人気者」のアーネスト・パガノと「鋪道の雨」のガートルード・パーセルが協力脚色、「海の巨人(1937)」「薔薇色遊覧船」のベン・ストロフが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演者は「目撃者(1936)」「札つき女」のエドワード・チアネーリ、新顔のアラン・ブルース、「風雲児アドバース」のジョーン・ウッドベリー、エドガー・ケネディ、ブラッドリー・ペイジ等である。

監督
ベン・ストロフ
出演キャスト
ジャック・オーキー アン・サザーン エドワード・チアネーリ アラン・ブルース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・チアネーリ