映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフォンソ・バルカザール

年代別 映画作品( 1966年 ~ 1967年 まで合計3映画作品)

1967年

荒野の10万ドル

  • 1967年9月2日(土)
  • 脚本

「荒野の棺桶」にひきつづき、日本語版にふきかえたイタリア西部劇。監督はアルベルト・デ・マルティーノ、脚本は「5匹の用心棒」のアルフォンソ・バルカザールとジョヴァンニ・シモネリが共同執筆し、撮影はフェデリコ・ララーヤで、音楽は「夕陽のガンマン」の当り屋エンニオ・モリコーネがブルーノ・ニコライと共に担当している。また、主題歌はカンツオーネの第一人者ボビー・ソロがうたっている。出演者は、「豪勇ペルシウス大反撃」のリチャード・ハリソン、「続荒野の1ドル銀貨」のフェルナンド・サンチョ「エル・シド」のマッシモ・セラートなどで、他にダニエラ・ビアンキの妹エレオノーラ・ビアンキが出演している。テクニカラー・テクニスコープ。

監督
アルベルト・デ・マルティーノ
出演キャスト
リチャード・ハリソン フェルナンド・サンチョ John Barracuda エレオノーラ・ビアンキ

5匹の用心棒

  • 1967年8月5日(土)
  • 脚本

スタッフ陣はすべて新人で、脚本はアルド・フロリオ、アルフォンソ・バルカザール、ホセ・アントニオ・デ・ラ・トーマの三人が共同で執筆し、アルド・フロリオが監督したイタリア製西部劇。撮影はビクター・モンリール、音楽はフランコ・サリーナが担当した。出演は「西部を股にかける女」のガイ・マディソン、マヌエル・マルティン、ジョヴァンニ・チアンフリグリア、ヴィダル・モリーナ、ワシリー・カラメシニス、モニカ・ランドールほか。

監督
アルド・フロリオ
出演キャスト
ガイ・マディソン モニカ・ランドール ヴィダル・モーリナ ワシリー・カラメシニス
1966年

殺し屋がやって来た

  • 1966年10月29日(土)
  • 監督、脚本

ジャンニ・シモネリとアルフォンソ・バルカザールの共同脚本を、バルカザールが監督したイタリア製西部劇。撮影はマリオ・カプリオッティとステルヴィオ・マッシ。(セットはエリオス撮影所、ロケはスペイン)、音楽は「最後の楽園」のアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノが担当した。出演は「男の争い」のカール・メーナー、ルイス・ダヴィラ、「ワイアット・アープ」のフェルナンド・サンチョほか。イーストマンカラー、トータルスコーブ。

監督
アルフォンソ・バルカザール
出演キャスト
カール・メーナー ルイス・ダヴィラ グロリア・ミランド フェルナンド・サンチョ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフォンソ・バルカザール