映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョルジョ・モーゼル

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1956年 まで合計2映画作品)

1956年

明日なき愛情

  • 1956年11月28日(水)公開
  • 監督

シネマスコープと同型式のトータルヴィジョンによるフェラニアカラー色彩の大作。第二次大戦中、イタリアに赴いた米空軍将校とイタリア娘の悲恋を描く。脚本はエルコレ・パッティ、イーヴォ・ペリッリ、ミケーレ・プリスコ、アルナルド・マルローズと四名の共同担当。監督は「失われた大陸」のジョルジョ・モーゼルが始めて劇映画にタッチする。撮影は若手のピエール・エミリオ・パヴォーニ、音楽は「水田地帯」のフランチェスコ・ラヴァニーノ。出演は、ローマ演劇アカデミー出身の若手男優ガブリエレ・フェルゼッティ、英米映画界で活躍したコンスタンス・スミスの二人をめぐり、「街は自衛する」のファウスト・トッツィ、名優アルド・ファブリッツイなど。

監督
ジョルジョ・モーゼル
出演キャスト
ガブリエレ・フェルゼッティ コンスタンス・スミス ファウスト・トッツィ アルド・ファブリッツィ

失われた大陸

  • 1956年5月5日(土)公開
  • 技術顧問

世界最初のシネマスコープ長篇記録映画。一九五五年カンヌ映画祭で特別賞を受けている。“失われた大陸”とは、かつて一大陸だったと推定される東南アジアの幾千の島々を意味する。製作は「緑の魔境」のレオナルド・ボンツィが担当し、一九五三年夏から一部スタッフと共に東南ア各地を旅行して準備を進め、五四年二月撮影開始、翌五五年初頭に完成した。レオナルド・ボンツィ自ら探険隊の指導をとり、撮影監督は「緑の魔境」のマリオ・クラヴェーリ、キャメラマンはジャンニ・ラファルディとフランコ・べルネッティの二名、技術監督はエンリコ・グラスとジョルジョ・モーゼル、音楽は「緑の魔境」のフランチェスコ・ラヴァニーノが夫々担当した。日本語解説は、藤倉修一と七尾伶子。フェラニアカラーによる一九五五年作品。なお撮影のクラヴェーリと音楽のラヴァニーノは、一九五五年七月、伊映画記者協会から“銀リボン賞”を得た。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョルジョ・モーゼル