映画-Movie Walker > 人物を探す > ロベール・ミュルゾオ

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1956年 まで合計3映画作品)

1956年

巴里野郎

  • 1956年9月11日公開
  • 出演

花の都パリを背景に、お転婆娘と警察署長の恋という洒落た趣向の風流明朗劇。短篇監督出身で一九五〇年度ルイ・ルミエール新人監督賞を受けたピエール・ガスパール・ユイの、日本へのお目見得作品。原案は「歴史は女で作られる」の大衆作家セシル・サン・ローラン、脚色はジャン・オーレルと「忘れえぬ慕情」のアネット・ワドマン(台詞も担当)、撮影は「偽れる装い」のジャック・ルマール、音楽は「空と海の間に」のジョルジュ・ヴァン・パリス。主題歌“パリ・カナイユ”を名シャンソン歌手カトリーヌ・ソヴァージュが特別出演して歌っている。出演は「恋路(1951)」と同じくダニー・ロバン、ダニエル・ジェランのコンビに「われら巴里ッ子」のマリー・ダエムス、アルゼンチン出身のティルダ・タマール、新人フランソワ・ゲランの他「女囚と共に」の谷洋子など。

監督
ピエール・ガスパール・ユイ
出演キャスト
ダニー・ロバン ダニエル・ジェラン マリーデームス ティルダ・タマール
1951年

思い出の瞳

  • 1951年1月18日公開
  • 出演(Paul Marcadour 役)

「田園交響楽」「悲恋」のジャン・ドラノワが監督したフィルム・ジベの一九四八年作品。原作は「北ホテル」のアンリ・ジャンソンがジョルジュ・ヌヴーと共同執筆し、この二人とドラノワが協力して脚本を書いた。撮影は「ジブラルタルの鮫」のロベール・ルフェーヴルで、音楽は「田園交響楽」「悲恋」のジョルジュ・オーリックの作曲、装置もこの二映画のルネ・ルヌーが担当している。主演は「田園交響楽」「霧の波止場」のミシェエル・モルガンと「悲恋」「美女と野獣」のジャン・マレーで、「偽れる装い」「女ざかり」のジャン・シュヴリエ、「流血の港」のコレット・マルス、「王様」のロベール・ミュルゾオ、「田園交響楽」のジャック・ルーヴィニイ等が助演している。

監督
ジャン・ドラノワ
出演キャスト
ミシェル・モルガン ジャン・マレー ジャン・シュヴリエ ロベール・ミュルゾオ
1950年

王樣

  • 1950年6月17日公開
  • 出演(Blond 役)

「幻の馬」「山師ボオトラン」の脚色者マルクジルベール・ソーヴァジョンが監督に転じての第二回作品で、ロベール・ド・フレール、G・アルマン・ド・カイヤヴェ、エマニュエル・アレーン合作の喜劇を監督者自ら脚色、台本を執筆した。撮影は「ジブラルタルの鮫」のロベール・ルフェーヴルが指揮し、音楽はジャン・マリオン作曲、歌曲はフリード、ブールテール及びバンデールが作詞作曲した。主演は「沈黙は金」「シュヴァリエの放浪児」のモーリス・シュヴァリエで、「ジブラルタルの鮫」「あらし(1939)」のアニー・デュコオ、我が国には初めての人気女優ソフィー・デマレエ、作家であり俳優であるアルフルレッド・アダン、「しのび泣き」のジャン・ヴァール、ロベール・ミュルゾオ、ロベール・ヴァッティエ等が助演する一九四九年作品である。

監督
マルク・ジルベール・ソーヴァジョン
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ アニー・デュコオ ソフィー・デマレエ アルフレ・アダン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロベール・ミュルゾオ