映画-Movie Walker > 人物を探す > デリア・スカラ

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1956年 まで合計2映画作品)

1956年

他国者は殺せ

  • 1956年6月20日(水)公開
  • 出演(Trinida 役)

かつてクレマンソー首相の秘書だったジャン・マルテの小説をルネ・バルジャヴェルが脚色、ロベール・ダレーンが監督。主演は「真夜中の愛情」のジャン・マレー、「現金に手を出すな」のデリア・スカラ、「文化果つるところ」のケリマといった顔ぶれで、仏、伊、ユーゴーの合作映画である。

監督
ロベール・ダレーン
出演キャスト
ジャン・マレー デリア・スカラ ケリマ マリー・ジョゼ・ダレーン
1955年

洪水の前

  • 1955年11月29日(火)公開
  • 出演(Josette 役)

「裁きは終わりぬ」、「われわれは皆殺人者だ」につぐ、アンドレ・カイヤットの監督作品で一九五四年カンヌ映画祭で国際大賞を得ている。脚本はカイヤットとシャルル・スパークが協力して書き卸し、台詞もスパークが担当した。撮影はジャン・ブルゴワン、音楽は「悪魔のような女」のジョルジュ・ヴァン・パリス。主な出演者はこの作品で日本に本格的デビューするマリナ・ヴラディ、「埋れた青春」のジャック・シャバッソールに加えて「旅情」のイザ・ミランダ、「寝台の秘密」のベルナール・ブリエ、「女優ナナ(1955)」のポール・フランクールらが顔をそろえている。

監督
アンドレ・カイヤット
出演キャスト
アントワーヌ・バルペトレ ベルナール・ブリエ ジャック・シャバッソール クレマン・チェリ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デリア・スカラ