映画-Movie Walker > 人物を探す > マリオ・クラヴェーリ

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1963年 まで合計6映画作品)

1963年

南海の楽園

  • 1963年9月3日(火)
  • 監督、撮影

南太平洋の島々や南米の秘境に原始の姿を探ったドキュメンタリー。監督は、「青い大陸」「最後の楽園」のフォルコ・クイリチ、「失われた大陸」のエンリコ・グラスをはじめとする五人ず当たり、撮影には、「最後の楽園」のマルコ・スカルペリ、「緑の魔境」「失われた大陸」のマリオ・クラヴェーリ、ジャンニ・ラファルディ、フランコ・ベルネッティが担当した。

監督
レオナルド・ボンツィ マリオ・クラヴェーリ エンリコ・グラス フォルコ・クイリチ
出演キャスト
1956年

太陽の帝国(1956)

  • 1956年
  • 監督、撮影監督

十五世紀の初め南米ペルーを中心にアンデス文化の全盛時代を築いたインカ帝国(インカとは“太陽の子”の意味)の遺跡、三万キロの領域をカメラに収めた長篇記録映画。撮影は一九五五年十月からペルーの首府リマに探検隊本部をおき一行八名により八カ月にわたって行われた。製作スタッフは同じイタリア長篇記録映画「失われた大陸」の人々が大部分を占めている。すなわち監督は、前に技術監督をつとめたエンリコ・グラスと撮影監督のマリオ・クラヴェーリ、クラヴェーリは今回も撮影監督を担当、彼の下に、前作と同じくジャンニ・ラファルディ、フランコ・ベルネッティ、それにウバルド・マレリの三人が撮影に当っている。音楽も前作同様フランチェスコ・ラヴァニーノ、編集も同じくマリオ・セランドレイ。解説台本は「青い大陸」の解説を担当したジャン・ガスパレ・ナポリターノ、日本語版は宇野重吉が解説した。

監督
エンリコ・グラス マリオ・クラヴェーリ
出演キャスト

失われた大陸

  • 1956年5月5日(土)
  • 撮影

世界最初のシネマスコープ長篇記録映画。一九五五年カンヌ映画祭で特別賞を受けている。“失われた大陸”とは、かつて一大陸だったと推定される東南アジアの幾千の島々を意味する。製作は「緑の魔境」のレオナルド・ボンツィが担当し、一九五三年夏から一部スタッフと共に東南ア各地を旅行して準備を進め、五四年二月撮影開始、翌五五年初頭に完成した。レオナルド・ボンツィ自ら探険隊の指導をとり、撮影監督は「緑の魔境」のマリオ・クラヴェーリ、キャメラマンはジャンニ・ラファルディとフランコ・べルネッティの二名、技術監督はエンリコ・グラスとジョルジョ・モーゼル、音楽は「緑の魔境」のフランチェスコ・ラヴァニーノが夫々担当した。日本語解説は、藤倉修一と七尾伶子。フェラニアカラーによる一九五五年作品。なお撮影のクラヴェーリと音楽のラヴァニーノは、一九五五年七月、伊映画記者協会から“銀リボン賞”を得た。

監督
出演キャスト

戦争と女

  • 1956年9月19日(水)
  • 撮影

「戦火のかなた」のシナリオ・ライター、セルジオ・アミディのストーリーをヴラディミー娼婦」のマルセル・パリエロが監督を担当。撮影はマリオ・クラヴェーリ(「緑の魔境」)とジオルダニ、音楽は「ロミオとジュリエット(1954)」のロマン・ヴラド。出演はクローデット・コルベール、「埋れた青春」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、他にミルコ・エリス。

監督
マルセル・パリエロ
出演キャスト
クローデット・コルベール エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ ミルコ・エリス
1955年

緑の魔境

  • 1955年10月24日(月)
  • 撮影

「青い大陸」で編集指導と解説を担当したジャン・ガスパレ・ナポリターノが製作、撮影は「明日では遅すぎる」のマリオ・クラヴェーリ、音楽はフランチェスコ・ラヴァニーノ、編集は「青い大陸」のマリオ・セランドレイ。南アメリカの東海岸のリオ・デ・ジャネイロから西海岸のリマにいたる一万二千五百粁を特製ジープ二台で六カ月にわたって踏破した記録映画。なお五三年度カンヌ記録映画賞を獲得した。

監督
ジャン・ガスパレ・ナポリターノ
出演キャスト
1952年

明日では遅すぎる

  • 1952年1月11日(金)
  • 撮影

「格子なき牢獄」のレオニード・モギーがアルフレッド・マシャールとオリジナル・シナリオを書き、自ら監督した思春期映画で、ジュゼッペ・アマート製作による一九五〇年度作品。脚色には上述二人に、パオラ・オジェッテイ、オレステ・ビアンコリ、ジュゼッペ・ベルトの三人が協力している。撮影はマリオ・クラヴェーリとレナート・デル・フラーテの協同、音楽は「靴みがき」のアレッサンドロ・チコニーニの担当である。主演者は「靴みがき」「自転車泥棒」の監督者ヴィットリオ・デ・シーカ(彼は戦前二枚目俳優として活躍)以下アメリカ渡りのロイス・マックスウェル、本映画に処女出演してハリウッドに買われたアンナ・マリア・ピエランジェリ(アメリカの芸名はピア・アンジェリ)、ジノ・レウリイニの他、フランスから「情婦マノン」のガブリエル・ドルジアが参加している。思春期の少年少女達に対する正しい性教育が如何に必須なものであるか、臆病な秘密主義が如何に彼らを毒するか--を描こうとしたメロドラマ。

監督
レオニード・モギー
出演キャスト
ヴィットリオ・デ・シーカ ロイス・マックスウェル ガブリエル・ドルジア アンナ・マリア・ピエランジェリ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリオ・クラヴェーリ